2015/03/07 08:16


我が家の4歳の長男、とと。は3歳の時に自閉症スペクトラム障害と診断された。

現在、4歳6カ月のとと。


今から半年程前、とと。が4歳になったばかりの頃のお話。

この頃、とと。の3カ月に1度の療育センター受診があった。前回記事、療育センター受診

手先の不器用さを療育センター受診時に相談しアドバイスを貰って帰って来てから、自宅でも出来る事を模索しながら過ごしていた。

とと。が4歳1カ月の頃だった。

療育センターでアドバイスがあった、腕歩き。と言うんでしょうか? うつ伏せの状態から脚を持ち上げて…腕の力で歩く。
これを遊びながら、1・2・1・2(イチ、ニ、イチ、ニ)掛け声を掛けながら…
まるで、部活の筋トレの様だけど…なんだか、楽しそうにやってくれている。
たくさん、やらせる。んじゃなくて…出来るだけ、継続的にやらせる様に心掛けて…これは、現在も続いている。

この動作が、手の平を刺激し…指先を動かす力の基本になる。そう教えられたから…。
腕の力の筋力アップにも繋がるしねっ

それから…指の力をアップさせる為に…洗濯バサミをはさむ練習も始めた。
洗濯に使った、洗濯バサミを片付けるお手伝いも兼ねて。 それまでは、我が家の洗濯バサミはガサッ。とケースにただ入れて保管してたんだけど…挟む練習の為に、洗濯バサミは厚紙に挟んで保管する様にした。これを片付けるのをとと。の役目にした。
最初は、なかなか上手く挟めなくてイライラした事もあったし…洗濯バサミの種類によって、微妙に硬い物もあったり。
やっぱり、指先の力がとと。は、弱いのか…片手で、摘まんで開くのが上手に出来なくて両手で開こうとしたり…。
苦手意識を付けたくなかったから、最初は本当に2、3個出来たら切り上げて。
少しずつ数を増やした。
お陰で、だいぶ上手になった。

4歳を過ぎた頃から、春からの幼稚園入園を目標に…少しずつ家庭でも幼稚園生活の為の取り組みを本格化させていった。

まだ、この頃は…
とと。が幼稚園に普通に入園出来るかもわからなかった頃です。


不安でした…


私の住む町には、幼稚園が私立の物が1つ。保育園が1つしかありませんから…

この希望する幼稚園に入園を拒否されたら…とと。は、行ける所がないんですから…。

(まぁ、そうなっていたら…意地でも私が仕事を探して ナッチョ。共々保育園に入園させる!!って言っていたと思いますが…。ちなみに、幼稚園、保育園共に子どもの数が少ないので定員オーバーで入園を断られる事は、まずありません。)


幼稚園生活のマネッコとして、家でも ご挨拶。をする様にしました。
ご飯の時や…寝る前に…。
皆で、ご挨拶。
デイサービスでもご挨拶をしているので、同じ様にしました。
挨拶係を進んでする様にもなりましたよ。

簡単に取り組める所から、少しずつ…
出来るだけ、色々な事を想定して たくさんの経験を積ませてあげられる様に…。


初めての事。が苦手と感じてしまうとと。
何事も経験…練習が必要です。


今日のお話は、ここまで。
また続きを書きます。  読んで下さってありがとうございます

いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ