2013/05/31 09:13

うちはこないだまで、子どもにお小遣いを与えていませんでした。

必要な時に渡していただけです。

子どもたちからも、欲しいと言われたことがなかったし
それで構わないと思っていました。







でも、困ったことが起きました。






長女が友達と遊ぶ際
お菓子を買いたに行くと言うので、財布を持たせたんです。

渡したお金は210円。

コンビニでお菓子を買っただけなのに、ややこしいことに・・・。







その日、一緒に買い物をしたお友達のお母さんから電話があったんです。

こづかい帳をつけさせているのだけれど、どうも計算が合わないと。
そのお友達が買ったものを教えてほしいと。

それがきっかけで、長女に何を買ったかとか、話を聞くと
なんだかおかしい。

わからんだの忘れただの。





お友達のお母さんには、覚えていることを伝えて電話を終えましたが
話を聞いてると、娘を含め一緒に買い物に行ったみんなのお金の使い方がおかしい
ややこしくなるよな〜ってことをしてるの。





まず、レシートを捨てたこと。

何を買ったか、説明できないもん。
ちなみに、うちの子が買ったものは「するめ」でした
酒飲みか!!






そして、一つのお菓子を二人で食べるからといって、お金を出し合って買ったこと。

105円のするめを、うちが100円・お友達が5円出したらしい。
そんな、5円もらわんでええから、お友達に分けっこしてあげてほしかった





そんな使い方がわかるまで、
ああだこうだと言いわけしたりごまかしたり。

子どもって、正直に言うたらええのにごまかしちゃうんだね。







そんなことがあって、うちもお金の価値や使い方を学ばせなくちゃいけないと反省。

こづかい制にして、子どもに管理させようと思ったんです。






うちの小遣いは、学年×100円+100円/月にすることにしました。

おこづかい帳をつけて、小遣いをもらう前にチェックしてからでないと渡さないことにしました。

他にお金を使う際の約束事も決めました。

使う際には親に伝えること。
(「お菓子を買うからお財布持ってくよ」程度でいいので。)

おごったりおごってもらったりしないこと。

お金を出し合って物を買わないこと。

お菓子や文具以外の、大きな出費は相談してからにすること。

使ったらすぐにおこづかい帳に書くこと。







4月からなので、まだ試行錯誤の途中ですが、
小2の三男には、いい結果が出ています。

それは、欲しいものに対して我慢が出来るようになったことです。

おもちゃ付きのお菓子が欲しいと、よく拗ねていた三男なんですが、
(高いから、めったに買ってあげないの)

「小遣いで買ってもいいよ。でも、月に300円なんやでよーく考えてね」
と言うと、じっと考えてから

「やめとくわ」

拗ねてるわけじゃなく、納得しての「やめとく」でした。

お金の価値、物の価値について考えるいいきっかけになったようです。






今後もいろんな問題が出てくるかもしれません。

そのつど考えなおす必要も出てくることでしょう。

そのたび話し合って、私も子どもとともに成長させてもらおうと思います。





最後に。

うちの場合は、使うお金はすべてお父さんが仕事して稼いできてくれたお金。

感謝する気持ちも育みたいな







にほんブログ村
応援クリックお願いします!
ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2013/05/23 11:05

今日はうちの永遠の末っ子、
三男(小2)のことを書きたいと思います。

3日ほど前から
様子がどうもおかしかったんです。

元気がないし
あちこち痛いと言うし・・・。





始めは、スイミングに行きたくないのかな?なんて思っていたのですが
スイミングには文句を言わずに行きました。

そして昨日
たまたま休みだった主人が
一人で学校から帰る三男を見かけたの。

いつもは同じ団地の友達と一緒だから
なんかおかしいなと思ったみたい。





夕食後
「お前、今日一人で歩いとったけど、なんかあったん?」
それとなく聞いていました。

すると、けんかをしたと。

理由は、三男が言った一言が
その子には気にいらなかったらしく
先生に言いつけたことのよう。

キャラクターの話をしていて
「え?知らんの?」
と言ったのが、お友達のプライドを傷つけたみたいです。

で、なんやかんやあって
一緒に帰ってくれなくなった。





実は、5人の子どもを育てていますが
上の子達は(三男は第4子です。)、けんかにほとんど縁のない穏やかな性格で
こういったことがなかったの。

4人目にして、初めてのけんかに
ほんわ母さんの私も、少しおろおろしています。





主人とも話したのですが
とくに干渉をせず、見守っていこうと。

お互い言いたいことを言いながらも
仲のいいお友達はいますし

男の子ですし、私もそれが今は一番いいかなと思います。





そうそう、それがいい。
わかっているんですよ。

でも、なんだか心配

口をはさみたくなる。

(でも、親が出ていったら事が大きくなってややこしくなるんですよね〜)

一人さみしく、1時間近く歩いて帰ってくるのかと思うと
涙が出そうになる。

(親バカかな?)






今朝は、

「お母さんが学校まで迎えに行ったげようか?」

と言い出したいのをぐっとこらえて

いつもどおり
いや、ちょっぴり割増しの笑顔で

「いってらっしゃい!」を言って送りだしました。






元気で帰ってきてくれますように








にほんブログ村
クリックが励みになります!!
ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2012/11/13 14:47
こんにちは!ゆきんぴでするんるん




先週末の日曜日、ソフトボール大会がありました。

小学生の育成会がやっているソフトボールチームで、

うちは小学生組3人が参加しています。

毎年11月には、3週に渡ってリーグ戦をしています。

その2週目でした。





私たちの地区のチームはね、

5・6年前までは、とっても強いチームだったんです。

他の地区みんなが目標にするようなチームでした。




でも、だんだん部員が減ってきて、

4月の時点では、存続もあやしいチームになってしまったの。

前年度の6年生の子が10人抜けて、

次男と同学年のすごく上手な子も辞めてしまったからもうやだ〜(悲しい顔)

これではいけないと、1年生になった3男・唯一の女の子3年の長女が入って、

6人で始まったチームです。

6人のうち3人がうちの子なんだけど・・・。

周りの人には、「ゆきんぴ家チームやな」とかからかわれたわ。






6人では試合も出来ないので、

みんなで声かけあって、部員を集め

今やっと、11人になりました!!

監督・コーチは親。

ちゃんとした経験者はいませんあせあせ(飛び散る汗)

みんなで1から始めてきたような弱小チームです。





それがね、

初めて1勝したの!!

練習試合でも、どのチームにもぼこぼこにされてたチームが、

初めてつかんだ1勝です。

9対8というぎりぎりの試合ではあったけど、

お母さんたちはみんなで抱き合って喜んだんだよぴかぴか(新しい)

子どもたちは、信じられないって感じだったかな。






まずは試合にでること。

元気よくプレーすること。

試合らしい試合をすること。

1点入れること。

お互い声を出してプレーすること。

1勝すること。




試合を重ねるたびに上手になり、

上手になるたびに、もう一つ上を目指そうという気持ちになってきました。





この1勝は、みんなで頑張った証し。

お母さんも、もっともっと応援がんばるからね!!

昨日、どろんこのユニフォーム3着を

誇らしい気持ちで洗いました。

今日は、泥んこの運動靴3足。

なかなか落ちないから、しんどいけど

ピッカピカにしてあげたいから、がんばりました揺れるハート

明日は、コーチがんばってた主人の泥靴を洗わなきゃ。



ゆきんぴ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ