2011/05/23 07:09

星ご訪問ありがとうございます星



先週、高校生の娘が「下町見学」という
名目で「遠足」に行ってきたクローバー


遠足と言っても1学年で約300名。
全員でゾロゾロ歩くわけにも行かない。


そこで8名前後のグループに分け、
そのグループごとに行く場所を決めて
見学してくるというプラン。


要するに、朝と夕方に決められた集合場所で
点呼をとる以外は、自由行動ってこと。


1歳年上の長男は違う高校だが、
やはり同じような遠足だった。


高校生になると、現地集合&現地解散という
パターンがほとんど。
「遠足」から帰ってきて校庭で延々と
<どういう遠足だったか>
「家に帰るまでが遠足ですびっくり
こういう話しを聞かなくて済むだけ
子供にとってはありがたいかもしれないウインク


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2つ前の記事に「太らないおやつ」という
イチオシ企画に参加させてもらった。

「太らないおやつ」というと
カロリーの低いものやヘルシーなおやつ、
これらがパッと思い浮かぶが、
正確には「太らないおやつの食べ方」(笑)

今回もあえて違う視点で見てみたいと思う。

ある程度の「おいしいもの」や「好きな味」が
インプットされてしまっているワタシの脳には
「低カロリーの味で味覚をだます」
ことは今までの経験からいって、続かないから星
こういうところは素直にだまされる脳でありたい…ハロウィン




前回の記事でも書いた、
「おいしいものを少しだけ味わう」

これは、ボディラインを意識した時、
スイーツをチョイスする方法の1つ星


そして、もう一つ。

「ハッピーな気分、落ち着いた気分の時に
スイーツをいただく。」



なぜハッピーで、落ち着いた気分の時はてな


イライラしている時は女性の本能的気に!?
甘いものに手が伸びがちだけど、これはナンセンスダメ

ワタシの経験からすると、こういう時は
ハイスペースで手と口の動きが止まらない汗

ただ甘いだけで無条件に「おいしい落ち込みドキドキ小
脳が勝手にそう感じているだけの気がする。

おまけにいくら食べても満足感がない。


しばらくして食べた量を思い出すと恐ろしい困った
そういう時に食べると、そのイライラ感も一緒にのみこんでしまい、
罪悪感という輪をかけてさらに落ち込む・・・
こう言う時はず、イライラしていることを思うがままに紙に書き、
思いっきり破り捨てるとスッキリする。
誰にも見られないし聞かれないから遠慮はいらないOK




ゆったり気分で味わうことは
「質のいいおやつ」を選択する以上に
大事なことになってくる。
注意 私の場合汗


できれば誰かと一緒に、会話をしながらがべスト星


食事でも言えることだけど、
一人で食べると手と口が休まることなく
ハイスピードで動くダッシュ

でも、誰かと会話をしながら食べれば
「話す」ことに口を使う分、食べる速度はゆっくりになる。
脳は食べ始めてから20分後に
満腹中枢が指示をだしてくれるそう星



「人の目を気にしながら食べる」
この動作も有効だと思う。
実際、一人で飲食する時の自分は
かなりお行儀が悪かったりする困った
隠しカメラで撮られていたら、直視できないかも(笑)


相手は友人や大人でなくてもいい。
最近はもっぱら娘にその役目を担ってもらっている。



そんなワタシの「事情」を知っている娘が
下町に遠足に行ったときに
お土産を買ってきてくれた。



正確には、「自分で食べたい物を買ってきた」
こういったほうが正しいかもウインク
モチロン、お代はワタシ持ち(笑)





サザエさんクッキー

アメ横で売っていたそう。
クッキー1つ1つにはサザエさんのキャラクターの顔が。
なぜかワタシはサザエさんを手にすることが多かった汗
娘曰く、「おっちょこちょいなところとか
ママってサザエさんに似てるかもウインク」って汗
嬉しいような嬉しくないような・・・





サザエさんの家系図

サザエさんクッキーに入っていた、
サザエさんの家系図。
これが案外面白くて!
じっくり見入ってしまった笑い
30年以上見ていたサザエさん、
こんなに奥が深かったとは〜














上野動物園のパンダクッキー

上野動物園にも立ち寄り、パンダを見てきたそうパンダ
写メを見せてもらったけど、可愛かった〜ドキドキ小
缶の可愛さに惹かれ、パンダクッキーをお買い上げ音符
要するに、この空き缶がほしかったのね(笑)





娘がお土産に買ってきてくれたとなると、
気の向くままにバクバク食べるわけにはいかない汗


この「おいしいおやつ」にありつけるのは
娘と一緒の時、あるいは帰るが遅い日には
「今日はコレね」と、与えてもらった分のみ。


娘にしっかり管理!?されているおかげで
この1週間、「おやつ」の量がグッと減った星


朝以外のコーヒータイムはドリップタイプの
香りのいいものをいただくようになり、
砂糖やミルクを入れずに香りを楽しみむ。


今まではインスタントが多く、
ついミルクと砂糖の入ったカフェオレにしがちだった。


「本物をちょっぴり味わう」

「ハッピー気分でゆっくりいただく」



女性にとってボディコントロールは
イコール「ココロのコントロール」なのかもしれない。








最後まで読んでいただきまして
ありがとうございましたドキドキ小
ゆーりん。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ