2018/10/30 00:00




昨日
おとといと

走行距離
945q
バス旅へ
行ってきましたバス

sora.JPG

新宿を
朝7時に出発し

・黒部峡谷
・白川郷
・飛騨高山


まわりました

足

黒部は

小学生の時

叔母に
いとこたちと一緒に
連れて行ってもらい

それ以来

kiri.jpg

白川郷と
飛騨高山は

一度行ってみたい
と思っていたので
嬉しかった〜

るんるん


バス旅って

ある程度
ルールがありますし目

多くの方と
ご一緒する

肉体的に……
など

向き 不向きが
あるのでしょうね

taiyou.JPG

私も 
自由が好きだけに
どうかな〜と
思っていましたが

大丈夫みたいわーい(嬉しい顔)

色々な方と
ご一緒する
楽しさもあり

ガイドさんの
対応や所作に
勉強になることが一杯メモ

一度に
多くの場所の
「こう歩けばいい」を
教えていただき

次に 
家族で……
友人と行くときの
先行視察にもなるプレゼント

私は
肩こりや腰痛も
感じないですし

いつでも
どこでも
眠ることができるハートたち(複数ハート)

いい景色に
良い空気晴れ

なんだか
ものすご〜い
リフレッシュ感でした

家のことを
あれこれしてくれた
家族にも感謝です



さて

明日は
自分が学ぶ講座に
出かけるので
ねま〜〜〜す眠い(睡眠)

皆様も
良い一日をリボン








若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/04/26 00:00



小さいころから

祖母や両親が
ホテルで楽しむことを
私に教えてくれましたぴかぴか(新しい)


プレゼント


今でも覚えているのは
小学校高学年のころ目

母が
ホテルの最上階の
レストランに連れて行ってくれて
(それまでは 大人が
注文していたのだけれど)

『順番も 常識も
考えなくていいから
「今食べてみたい」
と思ったものを
食べてみなさい』
って

私はモジモジしながら
〜エビのカクテル〜
みたいなものを
頼んだと思います

「このメニュー何?」
って
母に聞いたら
『自分でウェイターさんに
聞いてご覧なさい』
って

カクテルグラスの中に入った
エビの上に乗っている
キャビアを食べて
母に耳打ちしました

『ちょっと生臭い感じ?
女川なら 似たような味で
もっとおいしいもの
いっぱいあるよね』
と 私が言い
母が笑っていましたわーい(嬉しい顔)

海の街で育ち
常に 新鮮な海のものを
いただいていたから!?

いや 単に
子どもの舌では
おいしさがわからなかった
(^^ゞ

懐かしい思い出でするんるん

私の本を
読んでくださった方は
もしかしたら
覚えてくださっているかなexclamation&question

私は今でも
宿泊するしないに関わらず
ホテルの中や
ホテルのおトイレを
観たり
遊んだりするのが
大好きですハート

ホテルの顔は
ロビーより
トイレだと
思っている私☆





今回
熱海で泊まったホテルは

ウェルカムドリンクや
お部屋のお菓子
に加え

夜は バーになる場所で
カフェタイムを自由に
楽しむことができました

ラウンジ2.JPG

私はのちに
露天風呂を楽しみに
お部屋に戻りましたが

いい気分(温泉)

母と姉は
長い時間ここで
景色とおしゃべりを
楽しんでいました

ホッと時間.jpg

夜は 私と姉で
一杯ずつ無料の
お酒もいただいてバー

ラウンジ2.JPG

とってもいい雰囲気

お菓子の数々.jpg

お菓子も

ラウンジ.JPG

ドリンクもフリーです

好きなお菓子.jpg

私のお気に入りは
ラズベリークリームの入った
手の込んだお菓子

一つひとつに
手抜きがないのハートたち(複数ハート)

ホテル内.JPG

他にも
ホテルの中を味わい

私は 3回も
無料のマッサージチェアで
極楽タイムグッド(上向き矢印)

ホテル内2.JPG

従業員の皆さんが
どの方も
とても心地よい対応で

心の中にある塊が
ふわっと
溶けていく
感じがしました黒ハート







もう一つのブログ
『てのひらの幸せ』

更新しました

テーマは
〜わたしたちの初チャレンジ〜
です



若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/04/20 01:13




熱海で
心を癒すために
訪れたホテル

母と何度も

『行ってよかったね
素敵だったね』

話しています

ウェルカムドリンク.JPG
ウェルカムドリンクは
ミントのスパークリングや
桜が浮かんだジュースなど
見た目も味も楽しい♪


実は
ホテルに向かうとき

ちょっと不安にあせあせ(飛び散る汗)

ナビが
場所を示しているとはいえ
車で登っていくにつれ
道は細くなるし
合っているのかな?
……と

でも

まず看板が素敵で♡

「期待できるかも」

盛り上がりました

着いてからすぐ
景色に「わ〜」と
声を上げた私たち

お部屋からの景色海側.jpg

母は海が見えたり
夜景が見えると
すごく喜んでくれるからぴかぴか(新しい)

ホテルからの景色山側.JPG

これなら
どちらも
楽しんでもらえる

お部屋のお風呂.jpg

お部屋には
露天風呂がついていて
ここからも
同じ景色を
楽しむことができました

お部屋の中.JPG

さらに
嬉しかったのは
3人部屋だからといって
1つだけ
ベッドが全然違う
……ということもなく
ひとつひとつも
広いのでするんるん

洗面所は
洗練された
和風テイスト

お部屋に用意してある
グラスやティーセットも
ひとつひとつ
こだわりを感じました

お部屋の備品.JPG

さらに
アメニティは
『MIKIMOTO』

大浴場に持っていく
かごバッグも
用意してあり

・パジャマ
・浴衣
・バスローブ
どれもそろっている

タオルは
何人分かな?
というくらい
たっぷり
用意されているので

お部屋で
何度入浴しても
困ることがなく
安心でした

いい気分(温泉)

お部屋の説明の
最後

テーブルの上の黒い箱を
開けてくださった時
思わず
皆で
声を上げてしまいました

お部屋に用意してくださったお菓子.jpg

お部屋に用意してある
お菓子たち揺れるハート

素敵☆

お部屋についている
ドリンクも

大浴場の後は
厳選された
牛乳とコーヒー牛乳も
自由に飲むことが可能

まさに
ホテルでの滞在を
満喫できるホテルプレゼント

姉曰く
「ないもののないホテル」


あくまでも
私たちは……ですが
「もっとこうだったら」
「これがあれば」
のない
大・大・大満足の
ホテルなのでした








若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ