2018/07/22 14:48



今日は
2台のパソコンの調子が悪く
あちこち電話をしつつ
直し中あせあせ(飛び散る汗)

電気や機械類に頼る日常家

不具合がが起きたり
不明点があると
それに時間がとられますふらふら

今日はそれで終わりそう猫

悲しいけれど
休日を使わないと
日常に支障が出ますね


***


休日
兄と母と
美術館へ出かけました足

今回伺ったのは
東京駅近く
三菱一号館美術館

三菱.JPG

「ショーメ
時空を超える宝飾芸術の世界
-1780年パリに始まるエスプリ」

2018年6月27日〜9月17日開催

メインはティアラ

ティアラ.JPG

母は美容師でしたから
花嫁さんのご用意も
させていただいていましたし

自分で
ブローチや髪飾りを作り
販売もしていたので

『私 こういうの大好き』
と 
とても
喜んでいましたぴかぴか(新しい)

ティアラ2.JPG

母が
好きそうな内容だから
連れて行こうと
兄がさそってくれました

こんなティアラもあるんだ!

とか

一口にティアラと言っても
本当に一つ一つ
違っていて

私も楽しかったグッド(上向き矢印)

三菱2.JPG

暑いけれど
太陽の光を浴び晴れ

いつもは目にしない物を
観るというのも

心地のいい気分転換

帰りは
三菱一号館美術館
にある
Café1894

ティータイム

ここでいただけるのが
美術館内容との
タイアップデザート

「bijou exotique ビジュー エキゾティック」
 〜マンゴーとパッションフルーツの
  バヴァロア仕立て 
ココナッツとタピオカのソース〜

※提供時間 14:00〜17:00

デザート.JPG

ジュエリーの輝きを
イメージしているそうるんるん

デザート2.JPG

非日常を
楽しんだ休日でした




若松美穂さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/01/06 01:11

おとといの夜
新聞を読んでいたら
山下清展の広告を
見つけました

TVで「裸の大将」の
ドラマや作品を観ることは
あっても 作品の実物は初めて

観たいー♡
物作り好きの二女にも 
どうしても見せたい!


……ってことで
昨日 夫と母も誘い
日本橋の三越へ
出かけました



ここでまた
やっちゃったんですよ
私(^^ゞ

夫が車の中で何度も
「高島屋だよね?」
と聞いているのに
上の空で答え

高島屋を目の前にしてから
「私が行きたいのは
 ここじゃないな〜
 映画 麒麟の翼の舞台に
 近いとこなんだよね〜」

夫 
「あのさ オレ 
何度も何度も
高島屋だよねって
聞いたよね?

それ 三越だよ

もうほんと いつもいつも
やってくれるよ(-_-;)」

短気な人だったら
頻繁にこういうミスをする私に
イラッとするだろうな〜
人を振り回す機会が多すぎるふらふら

夫に笑われ
母にあきれられ
笑ってくれる人たちで
良かったよ〜

二女だけ 「さっき
路上パーキングに
300円払ったよ
5分しか経ってないけど
良いの?」

節約主婦としては
良くないです
ごめんなさい



話を戻して
山下清展
すごく良かったハートたち(複数ハート)

家族のみんなも
感動してました
「楽しかったし
 見て良かった」って

山下さんが思ったことが
書いてある文章も
一緒に貼ってあって

それが
すごくストレートで
気持ちがなごむ
思わず笑っちゃうものも

太いマジックで
あんなに細かい点や線を
描いていたんだな〜

彼の絵は 
その場で描いたものではなく
記憶して 描いたものらしい
のですが とってもリアル

すごい記憶力

二女は「どれも
『木』がすごい」と

切り絵は 
一つ一つ 紙をよって
厚みを出して
貼ってあるものもあって
近くで見ると ため息が出ます

お勧めです*

2日め (28).JPG


〜追加 お得情報〜
三越のカードや
I(伊勢丹)カードを
持っていると
その人と同伴者1名が無料
小学生も無料です

若松美穂さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2012/11/22 11:01

次女が平日に学校が休みの日。

P1000627.JPG

竹橋にある『科学技術館』へ。
体験、発見が大好きな彼女なので、
そういう場所をネットで検索。

P1000628.JPG

外観の星マークも魅力的るんるん

小さい子が多かったから、
体の大きい次女はちょっと遠慮気味。
そういう気持ちも大事。

でも、ラスト1時間は
館内がずいぶん空いて
色々体験できました。

P1000633.JPG

これ、面白いでしょ。
床は平らで、壁は斜め。
そこに横になると〜右斜め下

P1000634.JPG

「あれ?ダメだ!
下に引っ張られてるような気がする」
入ってきた子どもたちも
「ホントだ〜。なんでー」
その横に寝転んだ173センチの
大きい大人(私も)
「わー、ホントだー。
床が平らだなんて信じられない
不思議だね」と一番興奮気味(^^ゞ

P1000639.JPG

ビームを発信。
……ではなく、指先に
光が集まってくる。

P1000641.JPG

気分はロードレーサ―モータースポーツ
他にも、消防車や乗用車を
運転する感覚を味わえるものも。

うちはゲームセンターなどで
こういうのを楽しんだ事がないから、
かなり新鮮だった様子。

一番彼女が楽しんだのが、
五階で先生がやってくれる
実験(各回30分)。
2回見に行って、その時には
静電気とか風の動きが題材。

帰り、早速100円ショップで
実験グッズを買い、
帰宅後も家で楽しみました。

IMG_1964.JPG

水風船(水を入れないで膨らます)や
ひねって動物などを作る
長〜い風船を、ひざ掛けや
マフラーなどでこすって、
静電気を起こすと、
写真のように体にも、壁にも
鏡にも、テレビにも柱にも
どこにでもくっつきます。

ピタッとくっつく瞬間が
面白い。

写真は膨らましてから、
両面テープでそれぞれを
止めて、大きな円にしました。

その日はなんだか疲れて
珍しく頭痛を感じた私。
でも、「すごく楽しかった〜」
という次女の言葉で
ちょっと元気になりました。
若松美穂さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ