2019/09/27 00:00




宮城に行くと

新幹線

当たり前のように

・地震
・復興住宅
・あの頃のこと
・今も続く
 生活や子どもへの影響

というような
話になります家

西新井6.jpg


私自身も
キレイになった場所を見るたび
あの頃はどうだったのだろうと
想像します





また

宮城から
荷物が届いたときプレゼント

物が包まれてくる
新聞の記事にも
震災や復興の記事が


西新井4.JPG


ずっと

ずっと

ことあるごとに
思い出すこと



当時そこにいなかった
私のような人も

情報や
気持ちを分けてもらい

考えたり
感じたりすることが
大切だなと
感じます


西新井3.JPG


身内や友人たちは
想像を絶する状況を
味わったはずなのに

早い時期から
前を向き

今も
笑顔で
人のことを想う姿に
心が動かされます


西新井7.jpg


「震災後の数年は
私 おかしかったわね
あまり記憶がないのよ」
と 母

『それは
仕方がないことよ

家も仕事も故郷も
人とのつながりも
夫も母親も
次々亡くしたら(失くしたら)
誰だって
そうなる可能性が
あるんだから

あの時には
仕方がなかったのよ』
と 私

西新井2.jpg


「ただね」

母が言います

「今となっては
何が良いかは
わからないものでね

私(母)は
孫や娘(私)との生活

人目や
その地域の常識を
気にすることの無い
自由な日々目

あの頃には
全く描くことのできなかった
仕事以外で日々を満たす
人生の後半を
手に入れることができたの
不思議なものよネ」


西新井.jpg

マイナスから這い上がった
母に拍手









昨日のTV番組
「奇跡体験
アンビリバボー 2時間SP!」
とても感動しました

ケガで
今後動くことが
できないと言われた
ラガーマンが

12年後
仲間と富士登山をする

こんなことって
あるんだな

西新井5.jpg

プリンさんが
コメントでくださった言葉
『仕方のないことってある!
割りきって前に進んだら
ずっとずっと先になるだろうけど
どんな景色が見えるかなーー
(*^^*)』

今は見えなくても……ね

数年後

自分が想像しない景色が
広がっているかも
しれませんね

写真はすべて
〜西新井大師〜




若松美穂さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ