2017/08/17 16:38
IMG_3453.JPG

もしくは、

『自分だけ違う』の必要性

兄弟ともに必要なことだと思う。

家庭環境と親の考え、教育方針に、


わたしの場合は、

『自分だけ違う』の必要性 を大事にしていこうと思い始めた。

そりゃ、普通の年齢の子より話はできないし、
運動能力も、ずーっと歩くのは難しかったりの、彼。


マイナスの見方をすると果てし無いのが現在にある涙。


でも、なんとか自己肯定感の強い兄、弟にしてあげたい。



夏休みに連れて行った水族館では、まぁ、歩ける範囲だろうと思い、

バギーは畳んで持ち運んでいたけど、

長男かなり座りたがり、椅子を開け!と言ってるかのように、
椅子を叩き、座る動作をしようとする。

せっかく歩ける環境なのに!とも思ったけど、長男しつこいので、椅子に座らせてみると、


さっきより水槽に目線を動かし、よく魚や、クラゲやタコを見始めた!

そうか、歩くことに集中してると、せっかくの水槽の中をゆっくり見れなかったんだね。

気づくの遅くてごめん。

そして、長男は、座った方が僕はちゃんとモノを観れるということを

ちゃんと分かっていた。


彼は『自分だけ違う』ということを

ちゃんと分かってかっていた。



ってことで、そのあとはゆっくりバギーを押して、水族館を楽しみました。

IMG_3438-7c0b3.JPG

一学期のバス通学などの経験も含め、シートベルトでしっかり座位を保持できて、嫌がらくなった成長も見られ、

彼の名前を呼ぶと、こっちに来てくれる

自分の名前が呼ばれていることに気づいて来た様子笑




『我が子だけ違う』と思い、悲しむ事は、今まで多かった。

それは、

病気や、発達障害、知的障害、なんにでも当てはまる。


でも、誰とも比べられない彼の


成長をちゃんと見守りたい、と思っている。




弟は、悪いことした時に言う私のセリフを、

一字一句間違えず、わたしの失敗に対して、オウム返し。


違うって素晴らしい



きえ


きえさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/11 10:04

「発達凸凹(でこぼこ)」

という言葉って知ってますか。


これは、出来る、出来ないの差が、極端である発達の人のことを言います。

 

そして、「発達障害」とは、

 

この、前者の発達凸凹に、適応障がい、もしくはその人に合わない環境因子が加わることによって、

狭義の発達障害となる、


そんな考え方もあります。

 

 

 

我が子の場合は、ぜーんぶ低いので知的障害。


なので、今のところその診断はつかないけど、

同じく発達で悩む障害であることは同じ。


これから育ってく上で、固執や、特徴のある問題行動が現れるかもしれないが。

 

発達凸凹を発達障害にしないには、環境因子が大事な気がします。

環境因子はなかなか子供自身では決めにくいところなので、



過保護ではなく、ここが親の出番だと思います。

 

 

 

 

 

認めたくない現実を受け入れる、

自分の本当気持ちを伝える

相談してみることって

本当に難しいと思うけど、




 

臆病な私でも、


我が子のためなら、となんとか踏み出せた事はあったから、


 

案外肝が座っているもんだと思う。


母親の自分を信じてもいいと思う。

 

今月のサンキュ!では、発達障害向きあうブロガーのみい太さんの特集、とっても励みになります。


IMG_3331.JPG

きえ

 





 


きえさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/08 17:19
次男
愛情の差に気づいたようです。


愛情のというと、少し大げさで、
彼らの世界でいうと、誰が好きかという問題。



2人の仲良い男友達の中に入った、次男。
彼は、その幼馴染のような彼らに最近、次男が加わり3人で遊ぶように。

3人が遊んでいる様子を見ても、わたしにはそれを感じ取れなかったくらいみんなで楽しそうに遊んでる。


でも、その2人の関係くらいに自分もなりたいようで


『自分も、もっと好きになってほしい、どうすればいいんだろう』


『、、、』


正直その質問の質が高すぎて、すぐには返せない。


好きになって!と言って好きになってくれるもんではないし。


ベクトルの矛先は、こういう時は、自分に向けることかな。

『あなたが、魅力的、かっこよくなれば、もっと好きになってくれるんじゃない、

お野菜もりもり食べれて、困ってる時は、大丈夫と一緒に考える子になればいいんじゃない?』


おそらく、、、。



そんな、愛情なんて見えないものなのに、

その差に気づいてるってことは、、


見てわかる、
もう長男にどんだけ手が掛かってるか、
かなり分かってると予想。

長男の味方になったり、わたしの味方になったり、、。


長男に合わせて遊んでくれる次男を感じる今日この頃。

見てると嬉しい姿ではあるけど。



この夏も子供達はぐんぐん成長。

追い越されないように

わたしも頑張ろう

IMG_3145.JPG




きえ

きえさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ