2016/05/23 16:58

IMG_0870.JPG

ゴールデンウィーク後半は神奈川の主人の実家に行くことになっていましたので
帰りにぜひ、寄りたい!と切望し
桜木町の「コテイベーカリー」を訪れました。

「とと姉ちゃん」の撮影で使われ、大正・昭和の時代からの
レトロな風貌そのままのシベリアの本物をぜひ体験したかったのです。

そしてゲットしたシベリアがこれです!!

IMG_0871.JPG

大きいので、1個330円という値段も妥当なところでしょうか。

レトロな雰囲気にピッタリの甘食も思わず買ってしまいました。

「カステラに水羊羹を挟んだもの」がシベリアの定義のようですが、
長崎カステラのような甘いカステラではなくて、
あっさりめのスポンジケーキに近い感じの生地に

わりと寒天が多いサクサクした食感の水羊羹がサンドされていました。
寒天が多めなので、見た目も羊羹部分はつるりとしてましたし、
その分水分が多いためか、手で持つと結構な重さを感じました。

このシベリアが看板メニュー(?)なお店だけあって
陳列棚のかなりの割合でシベリアが並んでいましたよ!


さて、テレビで見たシベリアはこのカットした面が正面向いていて
その面積の広さ(横長っぽい印象)と水羊羹部分の分厚さに目が釘付けになりまして、
きっと二等辺三角形に違いない、と
勝手にイメージしていたのですが


IMG_0875.JPG

ちゃんと直角三角形なのでした!



正三角形_0816.JPG

私はこんな感じでカットしてましたので、
次回から改めたいと思います〜。



シベリア1.jpg

ざっくりと寸法をチェックしちゃいました^^
なかなかカット面の幅は思ったような寸法には作れないと思うけど
次回はコテイさんのバランス目指して直角三角形のシベリア
作れたらいいな〜と思います。


とと姉ちゃんやジブリの風立ちぬを見てシベリア気になった方、
近くを訪れた時は寄ってみるといいかもしれませんよ。



おまけ

この前日は

横浜中華街にて
「老維新」のパンダまん

IMG_0863.JPG

娘たっての希望で、抹茶といちごを購入。
敷いてあるのが笹の葉なのがいい感じ。






ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/05/16 07:53

020.JPG

ゴールデンウィークの少し前ぐらいの放送で
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の中に
すっごく大きな「シベリア」が登場しました。

今となってはレトロなお菓子ですが、当時はハイカラな都会のお菓子だったようで、
浜松から引っ越してきた常子たちはこの時初めて知った様子でした。

父がシベリアが好きで、スーパーでヤマザキの「三角シベリア」を時々買ってきますが
わりと薄めですから、
それに比べて「とと姉ちゃん」のシベリアの大きさといったら!
目を見張るものがありました。これはすごい!

もう、これは作るしかないぞ!といろいろ調べていた私でした。



父は基本的に別の部屋でテレビを見るので、後で「あれ見た?」と話してみたら

「あー、あれ、食べてみたいねぇ!!」

やっぱりすごく目についたようで、しみじみ言っていて。



ゴールデンウィークの初日は、父の誕生日祝いをすることが多いのです。
ケーキは好まないので、今までは特に作ってなかったのですが

この巨大シベリアを誕生日ケーキ代わりにしたらいいのでは??
うーん、やっぱり作るしかない!!


シベリアは、基本的にはカステラの中に水羊羹をサンドしたものです。
でも(ヤマザキのシベリアを食べなれた父や私としては)
本当のカステラに水羊羹を挟んだのでは、ちょっと甘すぎる気がしますし、
水羊羹というより、あんこが挟まったような舌触りでありたい。


というわけで、カステラの作り方も踏まえつつ、スポンジケーキ気味の生地に
寒天の量を抑え目にした水羊羹を意識して作ってみました。

cats1.jpg

なんといっても、スポンジの間の分厚い水羊羹が「とと姉ちゃん風」のポイント!
3.5cmは欲しい。というわけで、体積計算が必要になってきます!!

こちらの記事も合わせて

料理は科学と数学と

実験はお菓子作りに似ている



私は数学が嫌いでしたが・・・
体積計算って、こういう時に必要になるんですね!!
子供が中学になったら、ぜひ教えてあげたいです(苦笑)




まずまずのできあがりとなりました。
仏壇にお供えしたりもしてたのですが、
まったく気がつかなかったらしくて、

夕食で父の誕生日お祝いとなった時に運んできたら、
目を丸くしてました^^

「おお!アレだよ!!」「食べていいかい?」なんて

食事よりも先に早速食べてましたので、
なかなか喜んでもらえたのではないかと思います。
思いがけなくサプライズのプレゼントとなりましたし。

IMG_0823.JPG




いろいろ調べているうちに、
ジブリの映画「風立ちぬ」でも大きいシベリアが出てくるシーンがあって
話題になっていたのがわかりました。

そして、そのシベリアのモデルと思われる、
今回の「とと姉ちゃん」でも実際に撮影にも使われているシベリアを作っている
横浜のお店の存在を知りまして


この父お祝いの数日後には横浜へ行く機会がありましたので、
その後、本物を確認することになります^^


その話はまた次回^^

・・・とものすごく「シベリア」に染まった私のGWでした^^



*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

物語の食べ物にやたらと反応してしまうタチで
今までもブログにいろいろ書いてます。


アニメの中の食

カルピス劇場やムーミンや・・・

ラピュタパン



カトリパン





ストーリーのある食べ物に心惹かれるのです。


IMG_6079.JPG





お結び弁当〜NHK「ごちそうさん」に触発されて


017.JPG

「ごちそうさん」では本当に影響されていろいろなもの作ったので
タグがあります。
↓クリックするとそれらの記事の一覧が表示されます。↓

タグ: NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」


あわせてご覧戴けたらと思います。



ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/05/08 11:25

honn.jpg

とても良い本を読んだのでご紹介したいと思います。

お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?
河村 京子 /著

電子マネーやクレジットカードの普及により
お金の実態がわかりにくくなって、子供の金銭感覚がズレてしまっている今、
しっかりとお金の教育をすることが必要だと書かれた本です。

アメリカでは、小さな子供でも庭先でレモネード売りをして、
労働の対価で売り上げを得ること、その中から経費を差し引いてはじめて利益を得ること・・・
小さなビジネス、小さな経済を学ぶと聞きます。

世界三大投資家のバフェットは6歳の時に安く仕入れたコーラを売って利益を得ていたそうです。

でも、日本ではこういう経験難しいですよね、
子供がお金を稼ぐことに前向きではない、
お金に貪欲なことは「はしたない」と感じる文化があります。

また、高校生ぐらいになってアルバイトするようになっても
「時給」という危険な感覚が待っています。
仕事の質など関係なく、なんとなく居ればお金がもらえる・・・
という感覚の人、大人でも結構いますよね。


この本では、家庭内のお手伝いによって
労働に対する対価、需要と供給、仕事の質と報酬
などの経済活動を経験させること、

そして得たお金を
使うお金、ちょっと先に備えるお金、
将来に備えるお金、寄付するお金


など、わかりやすい区分で管理する方法など
とても参考になることがかかれていると思いました。


その中で、すごく共感した内容が

子育ての目標は「子供の自立」であるということ。


自分の事を自分でできる「生活の自立」
自分1人で自分の人生を判断できる「精神的な自立」
収入を得て上手に管理できる「経済的な自立」



常々、成績云々よりも
「食える大人になること」や「レジリエンス」とかが大切で、それにはどうしたらいいんだろう・・・って
ぼんやりとした不安を感じていたのですが
それには「自立」が出来ていればよくて、そのための「お金の教育」が大切なんだって

もやっ。としていたものを明確にしてもらえて、
スッキリしたような感覚がありました^^


全体的に読みやすいので、
ご興味のあるかたはぜひお手にとってみてくださいね。




ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ