2017/02/25 10:46



chouchouさんから
『お弁当の盛り付けに
苦心しております
何かコツってありますか?』

ご質問をいただきました

以前のブログでも書きましたが
おそらく 私は
並べ上手であって
盛り付け上手や
詰め上手とも違うのです
(^^ゞ

最近は 
ブログやインスタで
美しく詰めた
お弁当の写真に
「キレイ!」「おいしそう!」と
目を引きつけられますぴかぴか(新しい)

……が 私は
単に並べるだけバッド(下向き矢印)

気にしていることは
全体的に
にぎやかであること

パッと開けた時に
「食べよ!」と思ってくれれば
楽しい気持ちになってくれれば
充分なのです

あか.jpg

この日は
あまりうまくいってないあせあせ(飛び散る汗)
赤が多すぎる
バランでもいいから
入れればよかったわーい(嬉しい顔)

にぎりお.jpg

この日はピンク
赤・緑・茶・白は
あるけれど黄色が足りないから
ジャーポットを黄色に

おやこどおん.JPG

親子丼の日は
肉団子入りの白湯スープに
お野菜がたくさん入っているし
フルーツに色もあるし
おかずなしの親子丼のみ
 
手抜き

でも並べてみたら
緑が足りないので
ゆでオクラを追加

これだけでも
感じが変わりました

***

お弁当の場合
私なりに 
小さなこだわりがありまして

ご飯におかずの味が
少し移るのは良くても
隣のおかずに味が移るのは
好みではないので
(それぞれを違う味で
食べたがる娘たち)

たいていお弁当カップで
仕切ります

おべんとう.jpg

お弁当カップ自体も
色を加えてくれる
ひとつなので
たっくさんありますハートたち(複数ハート)

おかずにない色を
使えばOK

obenntou.JPG

これは ずいぶん前の
お弁当なのですが
いろんな色が入ってて
悪くない

緑もズッキーニと
はっぱさん

奥のお弁当ケースが
効いている

あまりにも
色がない時には
おやつを持たせて
ごまかしたりもしてあせあせ(飛び散る汗)

おやつ.jpg

もし
もう一つコツがあるとすると

お弁当って
あまり隙間がない方が
おいしく見えると思う

なので隙間を埋める何かを
いつも 用意しておくと
便利かな

私は 
冷凍スイートポテト
冷凍大学芋
冷凍シューマイ

5枚目の写真手前にも入っている
カニかまぼこ(赤)のような
かまぼこ類

魚肉ソーセージ

べんとう.jpg

右のお弁当箱には
縦にスイートポテトを
入れている!?
差し込んでる!?かな

左は
ご飯を少なめにという
二女の要望に応えて
ご飯を減らし
スイートポテト








若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/02/24 00:00




心理学を学んでいる
……なんて言うと

以前は
「深〜い悩みのある人」
という
印象があったようで

驚いた目で
『どうしてそんなことを
学ぼうと思ったの?』

『何があったの?』
なんて聞かれていました



でも

数年経った今
コミュニケーション講座や
傾聴講座
人づきあいのスキルを学ぶ講座など
どこにでもありますし
社内で行われることもメモ

心理学講座も
あれもこれも
人間関係についての学びですから

感覚で覚える時代から
人間関係を学ぶ時代へと
変化してきたのかなと
感じています



私が開催している
アドラー心理学勇気づけ勉強会や
心をいやす講座は
方法とマインドの
両方をお伝えしています

方法だけ学んでも……
マインドがないとねあせあせ(飛び散る汗)

マインドはあるのに
どうしてうまく行かないの?

色々な考えがあると思いますが
私は どちらもあった方が
良いのだろうと感じています黒ハート

***

例えば 
私が育ってきた環境に
多くいた美容師さん

彼女たちは
技術がなければ
良いカットもできないし
髪型を作ることもできない

技術に加えて
切れのいいハサミや
効果的な薬剤も必要

ただ 
それがそろっていたとしても
お客様のことを
心底想う気持ちがなかったら
満足してはいただけない
続けて
来客していただくことはできない

***

技術・環境・マインド
どれもが大切で必要ですよね

人間関係も同じだと思うのですハートたち(複数ハート)

勇気づけ勉強会を終えた方と
「子育て中に 
この考え方・物のとらえ方を
知っているのと
知らないのとでは
全然違いますよね」
という話になりました

母や親になった時のことは
学校でも教えてくれない

目安となるのは
家庭という小さな世界で見てきた
自分の親・周囲の大人

だからこそ
学びがあると楽になる
〜こうすればいいのか〜
〜こう思えばいいのか〜

視界が広がる

人って
この道しかない
他に選択肢がないと感じると
辛くなる・苦しくなる

だからこそ
たくさんの方法と考え方を知ることで
自分が進む道を
ぐ〜んと
増やすことができるようになる

感じています


かっぷ.JPG



若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/02/23 00:00




忘れられない
母の姿



滅多にない
忙しい母も一緒の
家族旅行船

私が
小学4年生くらいでしたから
母は30代後半

彼女
スタイルが良かった

裾広がりのパンツに

赤い口紅キスマーク

ワンレンの
ソバージュ

一緒に湖に浮かんだ船の上で
風に吹かれた髪を
サッとかきあげた母

見上げた私は
実母ながら
「なんてきれいなんだろう」
と 思ったのを
覚えていまするんるん

キラッキラしてたぴかぴか(新しい)

とはいえ

彼女
顔が美しい訳ではありません

顔も丸かったし
目も細かったし

でも……なんだろっ目

美容師として
仕事も軌道に乗り

講師などもして
自信と充実感に
満たされていたからかな〜

何かが内側から
じわっと出る感じだった

震災で失くなったから
当時の写真を見ることも
もう ないけれど
今でもはっきりと覚えている

+++

時々 
あの頃の母を思い出し
「悪くないな〜」と
思うことがあります

私は その年齢を
とうに通り過ぎたけれど

あの時の母のように
外に何かがにじみ出るように
年齢を重ねていけたらいいな

40歳になる前より
40代半ばに
差し掛かってきた
今の方が

年を重ねることに
楽しみを
見出せるようになった
私がいますハートたち(複数ハート)

ろーすとびーふ.jpg

お野菜大好きなのですが
やたらと 
お肉を食べたくなる
ここ最近
(半額のお肉で作った
ローストビーフ)


やさい.JPG

もちろんお野菜も
たっぷりと
いただきます

***

食べて 寝て 働く
楽しい
何かをしたいと思う気持ちを
大切にするグッド(上向き矢印)
今の私のモットーです








若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ