2018/07/29 08:36
みなさん、おはようございます。

夜中3時ごろ、家ががたがた言う音で目が覚めました。

台風が京都に一番近づいていた時間だったのだと思います。

娘が怖がって寝られなくなり、
結局5時ごろまで起きていました。

さて、その娘が先月教室に戻って授業を受けられるように
なったことを書いていましたが
7月初めにあった期末試験のころからまた教室に入るのを
拒むようになりました。

そして、終業式まで教室に入らず、夏休みを迎えています。

娘なりに頑張って教室に戻ったのに、自然には受け入れて
もらえず、信頼していた担任の先生もどちらかと言えば
トラブルのあった女子達の言い分を正当化し、娘が謝り、
変わらなければいけないということばかり言ってきたようです。

その後、教室の代わりにスクールカウンセラーさんのお部屋に
毎日通うようになりました。

その中で、自分の気持ちを吐き出し、担任の先生に対する失望感
なども話していたようです。

終業式の1週間ほど前に保健室の先生からお電話があり、スクール
カウンセラーの先生と3人で娘の今後のことを話し合いたいとのこと
でした。

3人での話し合いの場でスクールカウンセラーさんから出てきたことは

@娘が教室に入れなくなったことは友達とのトラブルだけが原因ではない
ということ。

A娘は物事を関連付けて、原因と結果を整理したり、予測したりすること
が苦手だということ。

この二つでした。

お母さんはそれを聞いてどう思われたかという問いに、

@については離婚後元夫の実家の家業で私が変わらずに働いていること、
元夫の実家の隣の家でそのまま住み続けていること。
つまり、元夫だけが私たちの生活から消えただけというちょっと複雑な
環境にいて、娘は大好きなお父さんを失った悲しみや前より生活全般に
関して干渉してくる祖父母の変化にも戸惑っていることなど、相当な
ストレスを感じているので、それが根本にあるということを改めて、
詳しくお伝えしました。

Aについては娘は前のことをよく忘れたり、ある状態を見たときになぜ
こうなったかということを把握出来ていないことがあるのを感じていた
ことを伝えました。
ただ、それについては今の娘のように極度のストレスを抱えたときなど
に嫌なことや嫌な感情を自分で消そうとするために強く起こっていると
思われると説明を受けました。

これからしばらく週1回のカウンセリングで長期的にフォローしていって
下さいます。

その後のカウンセリングでは、娘が自分で何とかこの現状を変えて、普通に
教室で過ごすにはどうしたらよいか?と前向きに考えられるようになって、
夏休み中にトラブルのあった女子ともう一度関係づくりを自分から始めて
いくそうです。

「答えは自分の中にある」

コーチングでは基本のことですが改めて本当にそうだと感じられました。

引き続き見守りたいと思います。

加藤美幸さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/11 18:36
みなさん、こんにちは。

3週間ぶりの更新です。

前回、娘が無事に教室で授業を受けられるようになったと
いう記事で終わっていたと思います。

ところがまた、保健室で過ごす時間が増え、1日に教室で
過ごすのは2時間程度になってしまいました。

毎朝、娘が家を出ると担任の先生へ学校へ向かったことを
電話し、夕方には担任の先生から今日の様子を知らせる
電話が入るようになりました。

クラスのお友達が保健室までお弁当を持ってきてくれ、
笑いながら楽しい時間を過ごしても教室にずっといることは
できず、保健室で先生とお話ししたり、漢検の勉強を一人で
する日が2週間以上続きました。

先週月曜日、晩ご飯を食べ終わった後
「木曜日から教室に戻るから」と娘が一言。

なんで木曜日かなのかわかりませんでしたが心の準備に時間が
必要だったのだと思います。

結局、木曜日は半分だけ教室に、そして金曜日には1時間目から
終礼まで全部教室で過ごすことが出来ました。

今日は休み明けで心配しましたが先生から先ほど電話をいただき、
部活にも参加しているとのことでした。

やっと、教室に完全に復帰でき、心からホッとしています。

思春期の娘、反抗的な態度や言動も多いけれど、成長の過程だと
思って、これからもやさしく見守りたいと思います。


加藤美幸さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/05/20 07:23
みなさん、おはようございます。

娘は普通に学校へ行けるようになりました。

もちろん授業も全部教室で受けています。

一つだけ気になるのは昼ごはんのことです。

1年生は3組まであって、娘は3組なんですが水曜日から
1組の女子2人がお弁当を一緒に食べようと誘ってくれて
学校のテラスみたいなところで食べたそうなんです。

入学後1週間でフレッシュマンキャンプがあり、クラス関
係なく仲良くなったらしいので、誘ってもらえてよかった
と思う反面、これから先クラスで居場所がなくなるのでは
?と心配なんです。

担任の先生も来週の校外学習までには何とかしたいとおっ
しゃっているので、見守りたいと思います。

娘が何とか学校へ通常通り通えるようになったのには、先
生方や他のお友達のフォローが大きいです。DSC02717.JPG

私がしたことはと言えば

家にいる間はいつもより気にかけて見えるところにいた
娘の好きなおかずをなるべく多く作った
私の中学時代の話をした

私も中3の時に、友達から急に避けられるようになった
経験があり、修学旅行に行きたくないと両親に泣きながら
話をしました。
両親は行きたくなかったら行かなくていいからねと言って
くれたので、それでホッとして、行くことにしたんです。

両親は自分の見方だっていう安心感
家に帰れば守ってもらえるという安心感

私は他のグループに事情を話して、入れてもらい、修学
旅行も楽しく過ごすことができました。

娘はその話を私から聞いたときに、
「修学旅行前かあ、きついなあ」って言ってました。

中学生活まだ始まったばかり。
今回のことをステップに中学校生活を楽しんでほしい
と思います。
DSC02717.JPG
加藤美幸さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ