2013/09/20 13:00

去年の6月に娘の登校渋りについて書かせて頂きました。
その記事には沢山の方がコメントやポチっとして下さって、折れそうだった気持ちの支えを頂きました。
改めてお礼申し上げます。

さてさて、その娘も二年生となり現在はと言いますと・・・
泣くこともなく、元気に登校しております。
と言っても、活きよい良くドアを開けて「行って来ま〜す」と飛び出してく・・・なんて事では全くないんですけどね
階段の所まではついて行ってますしたらーっ(汗)
もう日常化しちゃってるので自分でも何とも思わなかったのですが・・・

先日、同じフロアーのママさんに「ここから一人で行けるようになったんやね〜」「よかったね。凄いやん」って言って頂いて。
「あ〜そうだ。あの頃からは信じられないくらい進歩してるやん。」って気が付いたんです。
もちろんいきなり今の状況に変わった訳ではなくて、「今日は階段の一番下までにしよう。」「来週は二階まで。」「次は三階でバイバイしよう。」と徐々にやってきたんです。
「やっぱり今日も下まで行って」なんて日もあって、全てがスケジュール通りに進んだ訳じゃないのですが・・・
何とか階段で「行って来ま〜す」と出来るようになりました。
他の子に比べたら「?」って感じかもしれませんが、我が家にとってはホントに大きな進歩

思えば、娘も初めての登校班には誰も仲良しが居なくて(上級生ばかりで一緒に遊んだ事のない子ばかり)
他のお友達と違って頼りになる兄弟も居ないし(我が家は歳が離れているので・・・)
超内弁慶の娘にとっては自分から話す事も出来ず、とっても不安だったと思うんです。
全員揃うまでの待ち時間も苦痛だったんでしょうね。
ランドセルが歩いてるような一年生にとっては、お兄ちゃんたちの歩くスピードについて行くのも大変だったでしょうし
ホント、娘なりに頑張ってたんだと思います。
ただコレは今、少し落ち着いたから思えることであって・・・
ホントに辛いがマックスだったあの頃は判ってやれていなかったと思います。
付き添いながら「いつまで続くんだろう・・・」って事ばかり頭にあったかもしれません。
結局、一年生の間はズッと付き添いましたしたらーっ(汗)
正直「まだ一緒に連れて行ってるの?」って視線を感じる事もあって、「過保護なのかな〜」なんて凹む事もありましたが、前述のママさんや幼稚園からのママ達が「今はそれで良いよ」って後押ししてくれて何とか乗り切れました。
二年生になり担任が変わった事も、娘にとっては良い方向に進めた一因だったようです。

まだまだ階段で別れた後も、曲がる度に手を振ったりしなきゃならないし、また何時「行きたくない〜」が始まるか不安もあるのですが、ゆっくりでも少しずつでも一人で歩きだしている娘を信じて、見守りたいと思います。
な〜んて言っといて、また「キ〜ダッシュ(走り出すさま)」ってイッパイイッパイになってたりしてあせあせ(飛び散る汗)
そんな時にはまた書かせて頂きますので、喝をいれてやってくださいませ(笑)

何だか長文になっちゃいましたね。
思いつくまま書かせて頂いたので、支離滅裂なところがあるかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)
もし、今お子様の登校渋りで悩んでらっしゃる方がいらしたら・・・
コレを読んでチョットでも「何とかなる」って思って頂けたら・・・と思います。
明けない夜はないって言いますし


001.JPG
お土産〜って娘がくれました。
子ども達が伸び伸びと自分を咲かせられるように、ママは何が出来るのかな・・・




読んでくださってありがとうございます。

のんのんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2012/06/05 18:32
ご無沙汰しております。

皆様、いかがお過ごしでしたか?

私はと申しますと・・・

ここ暫くの間、久々に胃が痛くなる思いですごしておりまして、PCに向う気すらなれずにおりました悲しい

その悩みの原因は我が娘ウサギ

この春からピカピカの一年生となり、「入学式から泣くのでは?」と心配したのが阿呆らしくなるほど毎日ニコニコで通っていたのですが・・・

ゴールデンウィーク明けころから急に朝グズるようになり、今朝までホボ毎朝泣きながら登校しているんです悲しい

理由を聞くと「給食が嫌だから・・・」

牛乳が苦手な娘・・・

当初から心配はしていたのですが、初めは嫌な素振りも見せずに飲んでいたようなんです。

それが何故か急に泣くようになってしまって・・・

「牛乳だけと違うんちゃうの?」とお兄ちゃんはイジメまで気にしだすし、私もあまりにも続くので不安になって先生にもお聞きしたのですが、給食の時間以外は楽しくやっているようなんです落ち込み

連絡帳は先生との交換日記かダッシュっていうくらい書いて、その都度先生とアレコレ考えてやってはいるのですが・・・

こう毎日泣かれ続けると、さすがにコッチも参ってきちゃって登下校の時間に子どもの泣き声が聞こえると「あれっ、泣いてる?」って焦ったり落ち込み

泣く娘を最初は大きな気持ちで受け止めようと宥めていたのですが、最近ではだんだんコチラも感情的になって叱ってしまっては後で反省して落ち込んで・・・の繰り返しです悲しい

主人の「今朝も泣いた?」ってメールも何だか私が責められているように感じたり・・・

あ〜心が疲れてるな・・・って思います落ち込み

こんな時もっと誰かに相談したり愚痴ったりすれば良いのかもしれませんが、私は昔からそういう所が不器用なんですよね。

子どもの頃も母は忙しい人だったんで、悩みがあっても母に相談したり泣き言を言ったりしたことは無かったんです。

もっと上手に誰かに甘える事も時には必要なのかもしれませんね。

幸い、幼稚園からのお友達ママが何かと力になってくれるので少し肩の力を抜いて、素直に甘えてみようかと思いますクローバー

今は泣いてるけれど流石に6年生までは泣かないでしょうから、泣かずに行ける日が来るのを信じてド〜ンと構えて見守れるように頑張ってみます。

泣いてる娘を見るのは本当に辛いですが、きっと乗り越えてくれると信じて・・・

明日から頑張りますクローバー

同じように登校渋りで悩んでる方がいらっしゃったら・・・

辛いけど・・・心配だけど・・・

いつか笑い話になる日が来るそう一緒に信じて頑張りましょうねラブ

読んでくださってありがとうクローバー
何だか今日は暗いお話になっちゃいましたね汗
次からはハッピーの種になるようなお話が出来るように・・・心を整えておきますねクローバー
のんのんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2011/03/19 19:59
昨日、無事に長男の卒業式を終える事が出来ました。

小さい背中にランドセルがとても大きく見えた入学式ランドセル

つい昨日の事のように思えるのに・・・

ホントにあっという間の6年間でしたクローバー

入学式にはお腹にいた娘も春には年長さんになります。

先月の最後の参観日で会ったお母さんに「○○ちゃん(←娘の名前)はお兄ちゃん達が1年生の時に生まれたんだよね〜。学校生活と一緒に大きくなったって感じだよね。」ってしみじみ言われました。

「そうそう、1年生の運動会の前日に生まれて、初めての運動会は見られなかったんだよね・・・」なんて思い出話に花が咲きましたラブ

思えば1年生の初めの頃は、私の妊娠と始めての学校生活からか突然凄い頻尿になったり、登校しぶりがあったりで親子でシンドイ時期もありました。

大きなお腹で、シクシク泣く息子を学校に何度送った事か悲しい

その都度、担任の先生に相談しながら何とか乗り越えて来ました。

幼稚園の頃は本当に毎日泣いていた息子・・・

体育は未だにカナヅチだし、足も決して速くないし・・・と、のび太君度のかなり高い息子・・・

虐められてないかな・・・と心配した日もありました。

先生にいくら「皆と仲良く過ごしてますよ」と言われても「学校は隠す事もあるよね・・・」なんて斜めから見た事も・・・

息子に直接「アンタ学校で虐められてない?」なんてズバリ聞いちゃった事もありました(コレはアカンのでしょうね〜汗

「そんなん無いわダッシュ」って言われても、親にはホントのこと言わないかも・・・なんて余計心配したり

ホントにホントに心配は沢山あったけれど・・・

卒業式のクライマックス、担任の先生の涙ながらのメッセージに、男の子で只一人号泣している息子を見て・・・

「本当に良い学年、良いクラスだったんだな・・・」と安心する事が出来ましたクローバー

親の私は知らなかったのですが・・・

我が息子、クラスではお笑い担当だったようです汗

そう言われてみれば・・・

クラスの発表とかでも笑いの落ちは息子担当だったかもダッシュ

そして卒業式でも、1年生からの思い出を振り返っての『卒業生の言葉』で、笑いの起こる美味しい部分の担当でした困った

「○○君、美味しいとこ持ってってたね〜」とアチコチで言われる始末「ダッシュ

式が終わってアチコチで写真撮影の輪が出来る中に、笑顔いっぱいの息子の姿もありましたウインク

素敵な友達、素敵な先生方に出会えた、とても素敵な6年間を息子に与えて下さった素敵な小学校に感謝ですクローバー


記念品の一つに頂いたお花花

頂いたと言えば・・・

1年生の時の担任の先生が、初めての音楽会を収録したDVDと、1年の初めに書いた自画像と個人目標をプレゼントして下さいました。

目標を書いた字はとっても幼くて、息子自身が「なんて書いてあるか解らんダッシュ」と言うほど笑顔

6年間もの間、大切に保管して下さっていた先生方の気持ちが本当に嬉しかったですラブ

お蔭様で、貴重な宝物が一つ増えましたクローバー

さあ、今度は中学生ダッシュ

いきなりクラスの人数も増えるし、他の学校から来る子達は未知の存在なワケで・・・

またまた新しい不安が膨らんできている母なのでありました困った


読んで下さってありがとうクローバー






のんのんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ