2019/03/29 16:11
D23C0B5F-9D93-423E-BA6E-17906CFC0294.jpeg

 
この3月、
 
次男が小学校を卒業しました。
 
 
 
 
 
6年前の入学式に
 
先頭で入場してきたときには
 
歩き方も姿勢もとても幼く
 
どこか不安げな表情をしていたのに
 
 
 
卒業式で
 
同じく先頭で入場してきた彼は
 
背筋を伸ばしてしっかり前を向き
 
とても堂々としていました。
 
 
 
私はそれを見て
 
6年間での成長を感じ
 
思わず涙がこぼれそうになりました。
 
 
 
 
 
次男は出席番号1番なのに
 
クラスの中でも最も誕生日が遅く、
 
一年生の頃はそれで何かと苦労したようです。
 
 
 
というのも、
 
発表にしても実技テストにしても
 
出席番号1番からすることが多いのですよね。。。
 
 
 
とにかく先生の説明や注意を
 
よく聞いていなければなりません。
 
 
 
みんなに注目されながらするのですが、
 
失敗することも多く、、、
 
悔しい思い、恥ずかしい思いをしたこともたくさん。
 
 
 
サポートの先生の手をよくお借りしていました。
 
 
 
そんな環境だったからか?
 
 
 
低学年の時は「できない〜代わりにやって〜」と
 
にっこり笑いながら甘えることを覚え、
 
 
 
中学年の時には
 
自分と人を比較するようになって
 
「自分にはいいところがない、、」といって
 
自信を失っていることが多くなりました。
 
このまま高学年になって大丈夫かな???と
 
心配していました。
 
 
 
でもその心配はいい意味で裏切られました!
 
高学年になって、
 
笑顔が増えました。
 
1年生のお世話をすることで、
 
甘える立場から甘えられる立場に、
 
サポートされる側からサポートする立場になったことで、
 
自分のよさを自分で認めることができたのかな、
 
 と思います。
 
発表会では司会進行役に立候補するまでになり、
 
当日も大きな声で頑張って役目をこなしていました。
 
一年生の参観日では
 
ずっとサポートの先生が横に座っていたのに、、、と
 
本当にびっくりしました。
 
 
 
 
 
6年生を送る会では、
 
クラスの代表として
 
下級生に感謝の言葉を伝える役をいただきました。
 
 
 
担任の先生に放課後呼び出されて
 
「感謝のことばが一番似合って、上手に伝えられそうだから」
 
と推薦されたそうです。。。
 
 
 
それを聞いて長男が
 
「いっぱい迷惑かけたぶん、感謝せんといけんことがあるってことよな!」
 
って茶々を入れて
 
次男も「それな〜」って答えてましたが、
 
 
 
親の私は、
 
最高の誉め言葉を
 
息子におくってもらえたような気がして
 
胸がいっぱいになりました。
 
「感謝のきもち」を大事に、
 
これからも
 
次男らしく成長していってほしいな。
 
 
 
 
 
 
 
長男は、勉強はできます。
 
次男は、コミュ力はあります。
 
得意な分野が全く違います。
 
 
 
日ごろは
 
ついついそれぞれの欠点に目が行きがちで
 
心配ばかりしている毎日ですが、
 
 
 
二人とも違った
 
親に与えてくれる喜びと発見があり、
 
それぞれにドキドキわくわくもさせてもらえてるんだな、、、と
 
改めて思いました。
 
 
 
中学校ではとにかく勉強が大変なので
 
次男のことで
 
やきもきすることも増えるだろうけど、、、
 
 
 
感謝の気持ちを持って、
 
しっかり成長して小学校卒業ができたんだ、
 
と感じたこの気持ちを忘れないようにしたい!!
 
 
 
そう思って、
 
ここに記しておきます。
 
 
 
これからも
 
さらなる成長を楽しみにしていこうと思います。
 

ななせさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/02/07 20:53
小6の勉強時間て何分??
学校で話題になったらしいです。

担任の先生によって
推奨時間が違うらしくて、
学年×10分で60分派と
学年×10分+10分で70分派がいるんですって。

たった10分なんだけど、

「そりゃあ、もちろん、なぁ!」
少ない方がいい!と
小6男子、大多数が60分に賛成したらしい。
(素直過ぎてかわいすぎる)
たった10分勉強するかしないかで盛り上がる
無邪気な地方小6男子たち。笑笑


でも、
うちは+10分派
威張って言ったみたいです。
70分しとるし!!って!



彼にとっては、
実はこれが大きな10分。
なかなか楽しい10分みたいなんですよ、、

769A5422-98BE-424F-ABB4-BB07C9A00733.jpeg

それは、、、
お父さんとマンツーマンで
英語の勉強をしてるから!!

毎日9時から10分タイマーをセットして
英単語を覚えています。


以前は私が
英語の勉強に付き合っていたんですが
(英検5級合格を目指す程度の塾に行ってます)
私だと変な圧を感じるみたいで
なかなか上達しませんでした、、、

それで夫に助けを求めたら
これが大当たり!

書かせたり喋らせたり
You Tubeで聞かせたり
あの手この手で次男を乗せて
楽しい10分になるよう、努力しているみたい、、、

私は
今日も頑張ったね〜!!と
褒めることに徹してます。
ある程度大きくなったら
母親はその程度が良いのかもしれない、、と思ったりする
今日この頃

あ、もひとつ。
練習用の罫線用紙はエクセルで作って
学校プリントなどの裏紙に印刷し
たくさん用意しておくのは私の仕事です!


そして何よりも、
10分が
自分にとって価値あるものだと
思ってくれているだけでも
こんなうれしいことはないと感じる母です。
ななせさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/02/04 20:09
F26C8638-7344-4509-91B5-6626F9C8F356.jpeg


小学生の次男は
毎年二月に
漢字検定の個人受検をしています。

6年生なので
六年生までの内容の5級を受検しました。

先取りで2級や3級を受ける同級生もいるようですが、
(すごいな〜正直そのやる気が羨ましい)

その学年で習った漢字を
しっかり覚えてもらうため、
復習のつもりで受けているので、
背伸びはしません。
(わが子のペースです、、、)

現実的で具体的で達成可能な目標があると
より頑張れるタイプみたいです。


トイレに貼っていた漢字一覧表
年末に私がすっきりさせるために
すべてはがしてしまいました。

年末の写真
2CED2FAB-B6EF-4F4B-B38F-2C589E80AA4C.jpeg


ここからさらにスッキリ目指して
つい最近の写真
786D113E-6DED-4874-82A1-1F5DF5A116B0.jpeg

色味が減ってスッキリしました!


でもね、、
漢字一覧表はまた復活です〜

54D9BB69-0CFC-4DD5-B62D-08197F76749B.jpeg

次男くん、
今までは見向きもしなかったのに、
自分でいつのまにか貼り直してました。
しかも今度は
よく間違う漢字一覧を
自分で作って貼ってます。
裏紙で手作り感満載〜

FF4DDA20-2016-4738-BD2B-F0E61FD86574.jpeg

問題集を解いていて
分からない漢字があると、
本や問題集で調べればいいものを
なぜかトイレに調べに行きます!笑笑

自分で考えて努力してるのを見ると
嬉しいです!



個人受検だと
慣れない場所で
知らない人に囲まれての試験になるので
緊張感も余計に増すみたいですが、
終わってしまえばそれもいい経験。

一応手ごたえがあったみたいで、
試験会場から出てきたときはご機嫌でした!



中学2年生の長男も
小学校の時には漢字検定を受けていました。
親としては
継続してほしかったなあと思うんですが
その代わりに英語検定を頑張っているので、
まあいっか〜。
今度準2級に挑戦します。

こちらは高校入試の内申書にも影響がありそうなので、
是非とも入試までに合格してほしいものです、、、

ななせさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ