2013/03/06 10:00
息子の弁当包みを新しく作りました!
(園児バッグの余り布を使いました。)

IMG_3483.JPG

ひもをほどくと・・・

IMG_3485.JPG

ちなみに、前使っていたのは巾着タイプ。
(こちらは特別支援学校の生徒の作品。)
IMG_3486.JPG
息子が登園しはじめたときは仕事してたので
手作りどころじゃなかったです・・・・笑

この巾着タイプも1年以上使ったので、とても愛着があります。


巾着タイプは簡単なんですが、
いずれは風呂敷1枚で包める練習にと
上の部分だけ風呂敷タイプを開発しました♪

息子がお弁当の日に持っていくのは
弁当・果物入れ・普通のはし(おかず食べる用)・エジソンばし(お米食べる用)・ランチョンマット
とかなり数が多い・・・><

なので風呂敷1枚で包むのは難しいけど
入れる部分だけ安定させてあげれば
上の部分を結ぶことはできるだろうと思い
このタイプの開発に至りました〜。

次は、弁当と果物入れを1つにまとめ、
はしも一つにして風呂敷一枚で包めるようにしたいです。


・・・で、なんでこんな面倒なことをするのか!?
というと、「手を動かす」というのは「脳」にとって
とてもいい刺激になるんですよ〜。

なので、息子のいやがらない範囲で
「手を動かす」課題をたくさん与えたいと思っています。

雑巾を扱う、とか料理をするとか、その程度ですが・・・。

幼児教育では「モンテッソーリ教育」でも手を動かすことを重視していて
子どもは「自らを育てるために、仕事をする存在」と考えています。
中でも手を使う作業をとても重視していますよね。

我が家で「モンテッソーリ」を全面的に取り入れてるわけじゃないんですが・・・><

手作業は、ただ単純に脳を活性化させるだけでなく
人間関係の形成に役立つ、ということも言われています。

発達の勉強をしていたら、そのメカニズムに興味がわいて
脳科学の本を最近読んでいます。

私の好きな「ほんまでっかTV」に出演されている
澤口先生の本、おもしろかったので興味のある方は是非^^

タグ(関連ワード):ハンドメイド 脳科学
鈴木まり子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)