2010/07/22 22:48
こんばんわ笑顔

ちな。でございます笑い

最近信じられない位暑いですね・・・・太陽困った

とっても元気ではあるんですが、かいの風邪が咳に移行し、中々良くならず、ちょっと心配な日々だったりします汗

それはさておき・・・私最近・・・いや、今も尚、女性ホルモンに逆襲されている(?)感じです困った

何かと申しますと、断乳後に来た今回の生理が・・・・

半端無く重いっ・・・・・!!!

物凄く痛い、物凄く辛いっ・・・・!!!

バランスが崩れた所為なのか、断乳後だと油断して、お腹を出して寝ていたりしていた所為(それだな・・・。)なのか、いつもならば1日目、2日目で落ち着くはずの生理痛も3、4日目まで続き、量も多く、体調も優れず、なんだかぐったり・・・・・困った

その上、終わった・・・!!と思ったら、今も何故だかだらだらと続いている状態・・・落ち込み

流石にちょっとおかしいと思い、来週の月曜日に婦人科に予約を入れたんですが、どうしちゃったんだろうなぁ・・・・汗

ちぃの妊娠前に腺筋腫があったので、それが悪化しちゃったのかしら・・・汗

助産師の先生にも、断乳後には人間ドックに行ってしっかり調べておいでよOKと言われていたので、まず第一弾で行ってきたいと思います走る

何か女性特有の病気じゃないといいんだけれど・・・・ショック

とりあえず想像だけでびくびくしていても始まらないし、何かあった時には早めに手を打つのが一番だと思うので、まずは行ってきます力こぶ

けれど、明日はママ友とコストコツアー!!
ちぃ、かい共々、目いっぱい元気に楽しんでいたいと思います!!!!

此処まで読んでくださって誠に有難うございましたブタ
お休みなさいませヒヨコ
ちな。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2010/06/15 21:16
こんばんわ笑顔

少しずつ体調が上向いてきたちな。でございます笑い

断乳話に長々とお付き合い頂いて申し訳ありませんすいません
決行編は本日で終わります汗
あと少しだけお付き合いくださいませすいません

19時少し前、かいを眠気が襲い、おっぱいがない現実と睡魔との闘いを始めます。

私は彼の傍で、その身体を抱いて、必死に言い聞かせ続けました。
「大丈夫、ママは此処にいるよ。おっぱいは無いけれど、抱きしめているから。ママも一緒に闘うから、一人じゃないよ。大丈夫。」

かいは唸りながら、布団の上を転がり続けます。

おっぱいが欲しい、けれどもう無い。
眠い、おっぱいを飲みたい、けれど飲めない。
もう、飲まない。


私が抱きしめようとすると、彼はそれを自ら制して一人耐えていました。

泣く事も無く、一人苦しげに唸り続けながら。
何度も何度も寝返りを打って、布団の上を転がりながら。
汗だくになって、けれど目はしっかりと閉じ、一人眠りの中へと落ちる為に必死になりながら。怒る

泣き叫んで暴れて、おっぱいと縋ってくれたら、もっともっと楽だったろうに、彼はそれを決してしませんでした。

泣かずに一人、ぐっと耐える事で、おっぱいとの決別を私に示してくれました。
自分の決意を、男気を、成長を示してくれました。
断乳を解っていないかもしれないだなんて、彼を疑った私の馬鹿さ加減を呪いました。
かいは断乳の事を私よりも余程しっかりと受け止め、理解してくれていました。

1時間以上、かいは一人苦しげに唸りながら目を閉じ、眠りへの入り口を探し続けました。
決して私に甘えてはきませんでした。

その健気な姿を見ながら、私は涙が止まりませんでした。泣く

そして、その必死な姿を見守る事しかできませんでした。
私自身、苦しくて悲しくて切なくて堪りませんでした。泣く

おっぱいをあげてしまったらきっとお互い楽になる。
けれど、此処まで一人耐えているかいの気持ちを無にするなんて、断じてしてはいけない。
私がかいに甘えちゃいけない。
かいは私に甘えていないじゃないか。
もう、赤ちゃんじゃないと示してくれているじゃないか。
一緒に耐えなきゃいけない。
乗り越えなきゃいけない。

そう、本当は私が乗り越えなきゃいけないんだ。
こんなに頑張っている人間を目の前にして泣いている場合じゃない。

母親だろうがっ!!!!


そう思い、私は涙を堪え、かいを励まし続けました。
眠りに落ちるその時まで。

20時過ぎ、かいはやっと眠りにつきました。
眠るかいに有難うと伝え、私は傍に寄り添いました。

ちぃがにっこりしながら
「かい、寝たの?」
と聞いてきて、私の傍に寝転びました。笑い

私とかいが闘っていた時、ちぃはずぅっと一人テレビテレビを見ていてくれたんです悲しい
まるで、邪魔しないでいるから、存分に二人で頑張れと言ってくれるかのように悲しい

「ママ、ちょっとだけ抱っこしていい?」

そう言って微笑むちぃを、又泣けてきた私はぎゅっと抱きしめました悲しい
優しいちぃに私は慰められ、私が抱きしめられた気分でした。

ちぃに、
「かいさ、男前だったよ、格好良かった。一人で頑張ってた。」
そう伝えるとちぃは、
「うん、格好良かったねキラキラ
と、満面の笑みを浮かべてくれました笑顔

親馬鹿だと解ってはいますが言わせてください。

何ていい子達だ・・・っ!!!

この日は結局、夜中も2時間おきにかいは起き、おっぱいとの決別に苦しみ続けていましたが、胸に顔を押し付けたとしても決して無理に服を押し上げて吸い付こうとしたり、泣き叫んで暴れまわる様な事はありませんでした。

お互いとてつもなく疲弊はしたものの、試練を一つ乗り越えられた気がしました。

翌日から、私はおっぱいは腫れ上がり、吐き気、頭痛(泣き過ぎによるものも多々有り)、食欲不振、酷い倦怠感、寝不足等などの体調不良に襲われているものの、かいはしっかりとおっぱい断ち頑張っていますキラキラ

時折、おっぱいを覗き込んでみるものの、ちょっと胸に口を近づけてみるものの
「あれ?おっぱいバイバイだったよね?」
と私が声を掛けると、ニカっと笑ってにっこり照れくさそうに離れていきます力こぶ

そんな仕草もすごく可愛らしくて微笑ましい日々が続いていますキラキラ

今回解った事・・・。

私が一番子離れ出来ていず、彼らの成長に付いていけていなかったなぁ・・・すいません

母、もっともっと頑張らねば!!ですね力こぶ

未だ、きっと私が一番寂しがっておりますが、元気に遊びまわる二人を見ながら私ももっと成長できるように努力していきたいと思います力こぶ力こぶ

此処まで読んでくださって誠に、誠に有難うございましたキラキラキラキラ

お休みなさいませヒヨコ
ちな。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2010/06/14 22:15
こんばんわ笑顔

まだまだ体調不良と闘うちな。でございます困った

は、置いといて・・・・

結局、断乳当日、お姉ちゃんのお迎えの時間ギリギリ迄、かいは昼食もせずにぐっすりと眠り込み、何度起こそうとしても起きる様相すら見せずにおりました寝る

自分的な計画として

@ お昼寝後、たっぷり最後のおっぱいを飲ませる赤ちゃん

A 一緒におっぱいにお別れをする。

B 昼食を食べてお姉ちゃんを迎えに行く。

C たっぷり遊ばせて、気分転換をさせるダンス


なんてものがあったのですが・・・・

一つも実行出来そうに無い・・・・っ!!!

お迎えの時間は刻々と迫るばかり・・・っ汗
しかし、かいはこれ以上無いほどにぐっすりと眠り続けるばかり・・・・ショック

ぎゃ〜!!!
私の断乳計画は一体全体どうなっちゃうのだ〜!!
ショックショックショック

慌てた私、どうしていいやら解らなくなり、いつもお世話になっている助産師さんに電話携帯

ちな。 「す・・・すいません!!
息子が・・・断乳決行日だと言うのに最後のおっぱい前に爆睡していて、起きないんです・・・っショック
娘のお迎え時間が迫っていて、これじゃぁ、最後のおっぱいが出来そうになくて・・・汗

助産師さん 「うんうん笑いそうかぁ。
あのね、ママが不本意だと思うのなら最後のおっぱいの時間は今じゃなくてもいいんだよ。
お互い納得してやらなきゃ駄目だから。ねキラキラ

ちな。「はいっ!!!にっこりわっかりました!!!」


助産師さんから神のお言葉(笑)を頂き、これ幸いと計画変更!!!力こぶ

ちぃが帰ってきてから、夕方にゆっくりお別れしようっ!!キラキラ

寝ぼけるかいを背中に背負い、断乳をうやむやにしなくて良かったと思いながらちぃを幼稚園へとお迎えに行きました自転車

そして、15時過ぎ迄、ちぃの仲良しのうーちゃんと一緒にチビッ子達は仲良く遊び、遂に16時、最後のおっぱいを決行赤ちゃん

その時は自分的な気持ちも随分落ち着いており、かいもしっかりと話を聞く体勢で居てくれて、ゆったりとした状態で最後のおっぱいをする事ができました。

「これが、最後のおっぱいだからねラブバイバイするから、いっぱい飲んでねにっこり

そう言いながら、お互いにゆっくりと・・・・キラキラ

かいはおっぱいをしながら、私の言葉に相槌を打ち、手で何度かバイバイをしました。
そして、自分からゆっくりと、しかしすっぱりと離れていきました。
潔く、男らしいとすら思える態度で、かいは私のおっぱいと最後のさよならをしました。

これで、おしまいなのか・・・・悲しい
そうか、あっけないなぁ・・・・悲しい
もう、かいはお兄ちゃんになるんだなぁ・・・・キラキラ

そんな風にこの時は思っていたんです・・・・。

この後、もっともっと切なくて、寂しくて、苦しくて悲しくなる事を知りませんでした。
けれど、かいの男気、健気さ、決意、根性、成長をひしひしと感じて感動する事も・・・・悲しい 



長くて誠に申し訳ありませんがBに続きます・・・。

此処まで読んでくださって誠に有難うございますヒヨコ

お休みなさいませ。
ちな。さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ