2011/08/01 13:33
長男が紙飛行機に夢中。

でも私が作れるのはわずかに2,3種類。

意外と覚えていないものです。

酷暑の夏だし 室内で工作でも、と

図書館で本を何冊かみつくろってきました。

途中から目移りをし出して なんか飛ぶもの、に。

わくわくさんの本でいろいろ作りました。

長男が難しいところは私がやりました。

一番 気にいっている物がこちら。



玉付きの紐を引っ張り 手を離すと

この輪ゴムの十字部分から ピンポン玉がぴょ―ん。

カップラーメンの空き容器が無くて

実家にあった王将のお持ち帰り容器。

ピンポン玉は義実家で捨てる寸前だった物。

あるものだけで作ろうと長男に言いました。

最近すぐ 買えばいいじゃん!という5歳。

(金で解決バイヤイヤイヤイヤ―イ♪と歌う夫怒

問題は長男が作り 次男が即壊す…。

それにしてもわくわくさんはクオリティ高いキラキラ

私が作るとそれらしくはなりますが

うまく機能しなかったり どこかずれたり。

(美大出の美術さんが作っている?)

そもそも何歳くらいが適齢なのかな。



こちらはさらに低クオリティハート割れ

本来曲がるストローで作るものなので

バランスが悪くて 

いかにも頼りなげに飛ぶというか 落ちていく。

クレヨンで塗った所にはテープ付かないよ、と

言っても納得せず 何度も重ね貼り。

丈夫な紙はうまく切れず 

これにする―!と持ってくる紙はペラペラ。

全てをお膳立てして 完成させる。

夏休みに幼稚園の偉大さが沁みます…。




さわこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ