2018/06/05 15:36
さて、受験備忘録あと少しです。
気付けばもう6月・・・いまさらやねんって感じですが
最後までお付き合いいただければ幸いです。

・・・受験は一通り終わり
後は公立の結果待ちに約2週間・・・
すっかり中だるみでしたが、
まぁ、泣こうがわめこうがもうやれることはないし
滑り止めは合格しているから高校浪人の心配はないしと
息子は受験の重荷から開放され、
すでに心は春休みモードでした。

まぁ、よくがんばったよ・・・うん。

そして、合格発表の日。
今は?というか受験した高校は?番号が張り出されるものではなく
受験票を渡すとその受験票に対応した封筒を渡され、
中に合否が書かれたプリントが入っているものでした。

親はドキドキしながらお留守番でした。
分かったら電話して!携帯もってく?と聞いたところ
息子は「携帯は持って行っちゃいけないんだよ」
というので、(想定内)
最近あまりみかけない公衆電話を発見したらすぐにかけて!
と通学経路の公衆電話設置ポイントをGoogleで検索して
10円玉とテレカを渡すのでした・・・(^^;

受付開始時間から・・・30分ほど過ぎたあたりで電話。
無事合格でした。

後がない!と思っていた私立の発表よりは安心して構えてられたせいか
よかったよかった^^程度の感動でしたが、
いや、でもやっぱりよかった。

関係者各位に連絡して
無事息子の高校受験は終了したのでした。

この後は怒涛の入学準備となりますが
それはまた別の話ということで・・・

ずいぶんと遅くなりましたが、最後までかけてよかった^^
お付き合いいただいた方、本当にありがとうございました。


あ、ほんの少しだけサクッと書かせていただくと
実は中学校生活が苦痛だった息子。
(詳細ははぶきます)
学校が近所だったからギリギリなんとか通いきってくれましたが
本当にぎりぎりだったようでした。

高校受験の時に、息子に合うと思うよ・・・
と勧め、中二・中三の時に文化祭を見学したり
高校見学をしたうえで、その公立高校を受験したのですが
実際入学してみたら、本当に息子には合っていたようで(特に人間関係)
勉強は相変わらずなものの(^^;
通うのは楽しそうに通っています。

友人・知人のお子さんだったり聞いた話だったりで
登校拒否的な状態になってるお子さんの話を聞くことも多かったので、
高校選びで状況が変わるかもしれないよ!と
高校選びにはマメに見学等行かれることを強くお勧めしたいです。
もちろん見学だけですべてはわかりませんが・・・
これから受験されるお子さんをお持ちの方
私のブログ程度はあまり役に立たないかもしれませんが
こんなすったもんだやらかしてる人間もいたよ〜と反面教師でもいいので
お役にたてたら幸いです。

ってことで、読んでいただきありがとうございました。
*たまさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/05/03 11:00
さて、ついにバレンタインデーのこの日が公立受験日でした。(神奈川)

加湿器もがっつり、インフルにかからぬようここまで必死だったよ・・・

私立受験と同様にお弁当持参です。
ただ、公立は5教科なので、筆記試験のみで一日終了
別日で翌日面接でした。

私の時代は公立面接なかったのになぁ・・・と思いつつ

同じようにプチカツサンドで送り出し
私立が受かったとはいえ、
やっぱり帰宅までやきもきです(^^;

この日はがっつり平日だったので、
土曜受験の私立の時と違って主人とはラインでやきもき会話(笑)

さて、息子。帰宅して問題用紙に自分の答えも記入してきたとの事
感触としては、うーん微妙?って感じです。
まぁ、ちょっと背伸びしたレベルの学校だったので仕方ないです。
とはいえ、志望校を決めたときは
ちょっと背伸びレベルじゃなかったので
ここからの三か月間よく頑張ったなぁと・・・

神奈川県の公立試験の場合、その日の夜テレビ神奈川で
「入試解答・競争率速報」なる番組があるようです。
私は今回初めて知ったのですが、
某塾がスポンサーで、その塾の先生たちが色々と解説してくれます。
2年生の時にも見てみればよかったなぁ・・・

そして息子、さすがにかなり結果が気になってたようで
解答を記入してもち帰った問題用紙を出し
テレビにかぶりつき(笑)
一応録画もしていたのですが
リアルタイムでかぶりつき、自己採点をしておりました。

・・・で、自己採点の結果・・・
中学の面談でこの点数をとれれば・・・
という点数をほんのちょっとオーバーする点数
またなんとも手放しで喜べはしませんでしたが
それでも希望は持てる感じでした。

翌日は面接です。
面接は受験番号順で時間指定されていたので
その時間より早めにいき、15分くらいで終了し
あっさりと返ってきたのでした。

息子は「こんなことをきかれた、こんな風に答えた。つっかえたところもあったけど、面接は大丈夫じゃないかなぁ?」といった感想。

まぁ、やれるだけの事はやった!
あとは結果を待つだけです。
だがしかし、結果は2週間後〜ながいわ・・・
*たまさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/05/02 12:00
私立受験の翌々日・・・
合否発表でした。

ネットで合否がわかります。

時間になる少し前に
家族全員でPCの前に正座する勢いでスタンバって・・・
ログインIDとpasswordを入力して
ドキドキしながら結果のページをクリックして・・・

結果、合格でした。
いやぁ・・合格って文字見ただけで涙でましたね。

息子の受験した私立はチャレンジ受験という方式があって
内申で受けられる範囲から2ランク上までチャレンジができます。
チャレンジ失敗しても、最初のランクの点数には達していたならそちらもOKというもの

以下はあくまでも例えですが
内申で受けられるレベルがEとして150点としたら
息子がチャレンジをしたのがCとして200点必要だったとして
もちろん200点とれたらチャレンジ成功でCコース
180点だったら、元々の内申のレベルのEコースの点数はクリアしているので
まぁ、私立の中でのコースの滑り止めがあるような感じでしょうか?

主人はこのシステムはいい!という事で
この部分の内容も特に気に入って決めた志望校でもありました。
コースが上位になればなるほど、
私立ではあるけれども、お金の負担が少なくなったり
塾の代わりになるような追加授業が受けられるシステムがあったりと
手厚い印象でした。

まぁ、息子は・・・
土曜日も学校があるっていうのだけはネックだったようですが、
親はウェルカムです(笑)

主人曰く、3教科とは言え、チャレンジ受験に受かるという事は
本命の公立に受かるぐらいの偏差値になるからとの事で、とりあえずは一安心。
これで、少しはリラックスして公立受験に望めることになりました。

いや、本当に高校浪人か!とまではじめ思ったぐらいの残念な成績だったので
本当に胸をなでおろしました。
*たまさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ