2011/11/30 09:36
今日は家具など解体が困難なものを処分するために
有料の戸別回収をお願いしました。

そんな私を見て
義母も「便乗したい」と言い出し一緒に出すことになりました電球



義母はどちらかというと溜め込むタイプの人。

捨てたいと思ったときが捨て時


今回は布団などを処分することになりました。

義母は夏に足を痛めて入院していたので、
それ以来ごみ出しは2軒分は私の担当。
今回も一緒にまとめたんですが・・・




いくつかまとめたあとで・・・ある布団で手が止まりました。


「これ、どうしようかなぁ・・・?」

「1年以上使ってなければ(処分しても)いいと思う笑顔

「磁石入って重いから1年どころかもうずっと使ってないけど・・・汗

「持っていこうか?」

「いや、高かったから・・・もうしばらく様子見ようかな。
ベットが必要になったら使うかもしれんし」




あー、きたわ汗
物がたまる定番の言葉・・・。

「高かった」と「使うかも」

これがねー、実母なら

「高くてもね、本来の役割果たしてないと意味がないし、
使うかも・・・がくることはほとんどないから捨てちゃいな」

って言えるけど、義母なんで強く言えない悲しい
結局もうしばらく置くことになってしまいました。


義母は
「布団とか捨てたかったけど、
近所の目とか気になるし戸別で出しやすかったまる
と喜んでいたのでよかったとしますか・・・?


ちなみに私の住んでる地区は
布団は可燃ごみか資源回収で出せるのですが、
見栄というか人目が気になって出せないこともあるのか・・・と
物が増える原因がわかって一ついい勉強になりましたキラキラ


今後の課題は「高かったもの」を手放すときに
うまく背中を押せる方法を学ぶことかな。
見て悩むようなら本来はもう必要ない場合が多いですもんね汗


この時期はやはり戸別回収が込み合う時期になるそうです。
やはり大掃除で決断することが多いのでしょうね。
時にはこういったシステムを利用して
スッキリした空間を買うという感覚も必要ですね。


私が住んでる自治体は
30s/2000円。それ後は10sごとに300円加算されます。

料金は各自治体によって違うと思うので、
利用したいと思われたら、
お住まいの地区のサイトなどを参考にされるといいと思います笑顔
1037さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
>アッキーさん

はじめまして。
コメントありがとうございます♪

やっぱり私たちの母世代はそのまた母世代に
「もったいない」「物は大事に」と育てられたので、
なかなか使えるものを手放すということが
難しいのではないでしょうか?

多分、今使ってないものが登場することって
皆無に等しい様な気がするのですが・・・
それを自分の意見の押し付けでなく、
うまく説明して納得の上手放してもらうのが理想ですよね。難しい。

決断には個人差がありますが、うちも義父のほうが潔いです。
男女差でもあるのかな?


解決策考えなくては。。。
方法見つかったら報告しますね。
by みよ 2011/11/30 このコメントに返信
こんにちは。
はじめまして、アッキーといいます。
収納の記事、参考にさせていただいてます。

私の実母&義母も、ものすごくものを溜め込むタイプで、家の中がホントに散らかってます。
そしてやっぱり、片付けられない人の定番の台詞。
「高かった」「いつか使うかも」「もらったものだから」
が出てきます。

今使ってないなら、「いつか」はこれからも来ないですよね。その辺、うまく説得できたらいいのですが、なかなかむつかしい・・。
年代的にものを捨てられない人たちなんでしょうかね?。
でも、父はそうとう潔いし・・・。ナゾです。

うまい方法が見つかったらまた教えてください。

お邪魔しました〜。
by アッキー 2011/11/30 このコメントに返信