2011/07/11 08:49
アクセスありがとうございます笑顔

週末に梅雨明けした地域が多かったみたいですね太陽
こちらはあまり雨が降らなかったので、
梅雨って感じがないまま明けちゃいました。


夏はやはり暑さでバテたり、疲れたりするることも多いので、
ボディケアグッズを購入しました。



ハウス・オフ・ローゼのボディソープとOh!Babyベビーカー


Oh!Babyはかさかさが気になる部分が
ツルツルキラキラになると聞いて気になっていました。

店頭でちょっとお試しさせてもらい気に入ったので即購入ドキドキ小
たっぷり入っているので、これ1個で半年くらい使えるそうです。
手に取るとほんのり温かくなって、
マッサージ効果がとても期待できそうですまる

ボディソープはグレープフルーツの香り。
爽やかな香がとてもよく使うたびに気分がよいですまる

「ハウス・オブロ・ーゼ」に関してはツイッターが大活躍まる
同じ学園のブロガーさんに色々教えてもらいました。
おかげで店頭ではもう完売だった限定品をネットで購入できました。
本当にありがとう。





着圧ソックス。

これはドンキで105円(笑)
脚やせするって聞いて気になっていたので、
この価格ならトライしやすいなドキドキ小と思って購入しました。

穿くと脚が引き締まり、
疲れて浮腫んだ足をリラックスさせられます温泉
足やせより疲れを取るために欠かせなくなっています。

週末に会社用のパンプスを新しいものに替えました。
まだ履き慣れてないので終業時には結構疲れちゃって・・・汗
帰宅後から就寝まで手離せないアイテム化しつつあります。



スキンケアは結構気にしてるけど、
ボディケアはあまり手をかけていなかったので、
しっかり手をかけて疲れをためないようにしたいと思います。




知りたい情報が詰まった
サンキュ!のツイッターはこちら
ブロガーさんも多く参加されています。
サンキュ!つながりのブロガーさんと
たくさん知り合いになれましたよ♪
1037さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2011/04/29 00:57
アクセスありがとうございます笑顔


私がブログを書くときに時々参考にしているのが検索ワード。

ブログをご覧頂いている方が、
何に興味を持て来てくださったのかの目安になるのですが、
最近増えてきたのが「難聴」とか「突発性難聴


このブログの最初の頃に書いたのですが、
2010年の初めに「突発性難聴」という病気にかかりました。
症状は文字通り、
何らかのきっかけで聴力が突発的に落ちる病気です。


私の場合は入院(点滴治療)+針治療で、
現在は生活に何の支障もない状態まで回復しました。


私も発症時にこの病気を色々調べたのですが、
発症から治癒までのことを書いたブログは結構ヒットします。
だけど、その後のことを書いたものがあまりなさそうなので、
今回はここ1年の経過を書いてみます。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。

先に書いた入院治療。
治療内容は点滴のみだったのですが、
残念ながら私にはあまり効果がありませんでした悲しい

それどころか耳鳴りがかなり悪化してしまい、
ネットで色々調べ、わらをもすがる思いで始めたのが針灸治療。
これが自分に合ったのか、
通院数ヶ月後には聴力は難聴前とほぼ同じ数値まで回復。
気になっていた閉塞感も全くなくなりましたまる←昨年の初夏くらい。

数値はほぼ元に戻ったけど、再発しないという保障はなく、
普段の生活は下記のことにを気をつけていました。


1.睡眠不足にならないようにする
難聴に限らず、睡眠不足は健康に影響を与えますダメ
日中眠気を感じないように最低6時間は寝るようにしていました。
また、昼間でも眠気を感じた時は、
可能なら少しでも横になって体を休めていました。



2首周りを温める
針灸の先生が言うには私は相当の肩こりらしい・・・です。
(自覚症状なし汗
肩こりが難聴に関係ある場合もあるそうで、
肩周辺の血行を良くするのに、
起床時や就寝前に蒸しタオルで首周りを温めています。
特に疲れたときは意識的に蒸しタオルでリラックスしています笑顔




これも愛用しています。
ネッグリフレ。

首につけてるコンパクトサイズのマッサージ機。
家事をしながらでも手軽にできるのが魅力ドキドキ小



3汗でデトックス
「汗をかくことも体によい」と言われて、
意識的に汗を流すようにしていました。

昨年夏は猛暑でエアコンが欠かせなかったのですが、
まだ暑さが柔らぐ夜間は子供たちが寝た後に
リビングのエアコンを切り少し汗をかくようにしていました。

これは結構効果があったのか、
猛暑でも夏バテなど体調不良がなく、
秋が深まる頃に「体が引き締まってきたんじゃない?」って
針灸の先生に言われるという嬉しいおまけもついてきました拍手



4天候に気をつける
通ってる針灸の先生の話だと
気圧が低くなったり、急に寒くなると
時折聞こえにくくなる可能性も無きにしも非ず・・・と。

そこで、冬場は天気予報を見て急に寒くなりそうな時などに、
お風呂にゆっくりつかって体を温めたり、
早めに寝て睡眠時間を多くとったりしていました。

西洋医学の先生だと「気候は関係ない」って言われちゃうみたいですが、
気をつけるに越したことはないですよねまる




こんな感じで気を付けてはいたものの、
1月の終わりにまた少し聞こえにくくなりました悲しい
この時は気がついてすぐ病院へ行ったので、
内服を10日ほど続けて、再び聴力は戻りました。


どんな病気でもそうなのですが、
特に難聴は早期発見がその後の回復に影響するようです。
SNS(mixi)のコミュニティや
先生の話などでは発症から2週間が分かれ目のようです。


自分の体調は寝込むほどでないと、
ついつい後回しにしてしまいがちです。
だけど、完治に影響することもあるので、
状況が許す限り早めに診察されることをオススメします。


注意注意:
今回、記載した方法は万人に合うというわけではありません。
特にマッサージなどはお医者さんと相談しながら
お試しいただくようお願いいたしますすいません



以前の難聴の記録はこちらです。



最近少し夜更かし傾向になってきた私。
明日は休みといえどもいい加減に寝ないと・・・汗
今晩もお付き合い頂きありがとうございます。
では、おやすみなさい月
1037さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2011/04/12 21:40
アクセスありがとうございます笑顔

最近、またまた収納をいじり始め
収納のことを改めて調べていくうちに、
「ライフオーガナイズ」って言葉を目にするようになりました。


ライフオーガナイズ????


文章で説明を読んでもイマイチつかめなかったので、
「ライフオーガナイズ」を暮らしに取り入れている方たちの
実例を紹介した本を買いました。




収納実例本は読者実例を集めたものが多いけど、
この本はちょっと違っていました。


実例紹介をしているのは
「整理収納アドバイザー」「ライフオーガナイザー」「1級建築士」など、
家(特に片付けや収納)に関するプロばかりキラキラ



紹介例はただ綺麗なだけでなく、
美しさと使いやすさを備えたものばかり。
こういうのを機能美っていうのかな?



ちなみに「ライフオーガナイズ」とは・・・

理想の暮らしとは?
なりたい自分って?
心地いい部屋とは?そこでどんな風に過ごしたい?

自分自身で問いかけることによって
自分に必要なものや望んでいることが見える・・・


人真似でなく自分の基準を決まってしまえば、
空間の整理はそう難しいことではないという考え。




うわぁ〜、納得 電球
今までテレビや雑誌で紹介された方法を真似ても
いつの間か元に戻った理由がわかったような気がしました。


今まで見てきた実例集は
その実例モデルにとってベストな方法であって
私にとってベストとは言い切れない・・・。


以前に雑誌で見た収納例の真似をして
キッチンの吊り戸棚に無印良品のBOXを入れてみたけど、
背の低い私(156cm)には
取っ手に手が届かず取り出しにくいってことがありました。


それもそのはず、モデルさんは長身。
背の高い方には、さっと取れて見た目もきれいだけど、
私にとては見た目だけが綺麗で、
取り出しやすさの観点から考えるとNG。
自分の基準には合っていなかったということになります。


人まねではなく自分はどうしたいか・・・


これが収納を考える上での原点になるのかな?


流行の断捨離。
自分にはなんとなく違和感があっったのですが、
物を整理する前に自分の思考から整理するという考えが
自分にはあってるような気がしました。


それにしてもまたひとつ面白い分野みつけたな ドキドキ小
ライフオーガナイズについても色々調べてみようと思いました。


本当に必要なものは何か?
自分は物を整理してどんな暮らしをしたいか・・・

これをよ〜く思い描くのが暮らしやすい収納への近道かな?

まずは自分の理想を整理することから、
はじめようと思います。
1037さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ