2013/06/19 09:00
はじめましての方、
そして2回目以降の方こんにちは(*^▽^*)ノ




接骨院の先生で無駄にヘアーアレンジが得意なmakanaです。



前回は私の得意分野である

解剖学的視点からのヘアーアレンジテクニック@を紹介させて頂きました。
http://39.benesse.ne.jp/blog/1066/archive/1111

(顔面頭蓋骨に関係する筋肉を利用したアラフォーmakanaのアンチエイジング式ヘアーアレンジについて書きました)




独りよがりではないかと、
ちょっとネガティブな気持ちで書いたブログへ


本当にたくさんのサンキュ!を頂けた事、大変嬉しく思いますぴかぴか(新しい)



そしてこのブログを読み質問を下さった増田清穂様精進中様、まるまいこ様
( *´艸`)ぴかぴか(新しい)ありがとうございます



誰にでも出来るような事を書こう!

これからも接骨院の先生として・主婦ブロガーとして皆様と交流していけると嬉しいです。





☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆




人間の骨格を理解すると
髪で顔を使って顔の濃淡を作ることも出来ます。




顔に濃淡が付くと、小顔に見える!!
この件についてはこちらへhttp://39.benesse.ne.jp/blog/1066/archive/1111





今回は、日本人的な骨格を紹介しつつ

骨格的なネガティブさをポジティブに変えるテクニックについて紹介したいと思います。






☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆




【顔の骨格(顔面頭蓋骨)を熟知した
解剖学を使った
ヘアーアレンジよる小顔・美顔テクニック】




まず、この写真をご覧ください。


o0480048012575713217.png
今更ですが先週の木曜日のmakanaのヘアーアレンジです( *´艸`)ぴかぴか(新しい)




実はこのアレンジを作る過程で、
色々な小顔&美顔テクニックが入っています!!





まず、横分けにしてきつめに裏編み込みをして、カチューシャ風にします。





そして、先日アップしたブログにも書きましたが、

編み方は、側頭骨にある側頭筋の走行にそって編み込んでリフトアップ!


o0480064012574777736.jpg

そして上側頭線上を通るように髪を一部おろします(※1)




上から見るとこんな感じとなっているトップにもマル秘テクニックが潜んでいます( *´艸`)

DSCF5919.JPG

ピンは前頭骨上。

額から後ろ方向にさして留めて、目をパッチリ&リフトアップ作戦も忘れずに!






o0480064012575713042.jpg

これで今日のヘアーは完成!と思ったのですが…

ダウンヘアーに黒のサマーニットは
何か首回りが重く感じ、シックリとこなかったので






o0480064012574777289.jpg

急遽残りの髪を三つ編みして首筋でお団子にし、
UPstyleグッド(上向き矢印)へ変更しました。


きつめの三つ編み&お団子を小さ目にして、
ピンをでしっかりとまとめフェイスラインを綺麗に見せる作戦!!




比べてみるとこんな感じです

o0480064512574777909.png



下の方が小顔に見えますよね( `・ω・´)b



首回りがスッキリしたので、黒コーデに3色ストールを首に巻いてみました。

o0480064012574782363 (2).jpg




解剖学を駆使した整形いらずのマル秘テク

では次はこのテクニックについて解剖学的に解説をしていこうと思います。






☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆


人間の顔の骨格には、凹と凸があります。
まずは、この凹凸を頭蓋骨模型(私物)を使い解剖学的お話させて頂います。

※模型とはいえ、リアルで一部不快になる方もいらっしゃると思います。
 心配な方はこの先閲覧をお控えください。






おでこの横で目の斜め上にある凹部分の上側頭線(※1)
そして目のくぼみと頬骨の下に凹みがあります。

o0480063912575348708.jpg



凸の部分の頬骨
そして、模型に編集アプリ眉毛を書いてわかりやすくしてみた眉上隆起


o0480064012575348720.jpg

アゴ先は、下顎骨のオトガイ隆起と言います。





これではきっとわかりにくいので、
模型から人間に変えます。



目のまわりと、上側頭線、頬骨の下。
o0640048012575746454.jpg
※モデルがmakanaでスミマセン





眉毛の上の眉上隆起


DSCF5903.JPG





続いて、額(おでこ)

DSCF5902.JPG





そして、鼻・頬骨・アゴ

DSCF5692.JPG




日本人的な、この凹凸をしっかりと熟視し、

髪の毛を使って濃淡を出して小顔・美顔に見せるヘアーアレンジテクニックを紹介したいと思います。





☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆


まず、一番簡単な事から紹介します。

makanaアレンジの定番ちょろりと降りたサイドの髪るんるんぴかぴか(新しい)

o0480065912569964952.png

※私はちょうどこめかみの部分を、あえて短めに切っています。



どんなアレンジのも、この様にちょっとおろすだけぴかぴか(新しい)

o0480064012523234264.png

ドレッシーにも、ふんわりコーデにも



そしてこんなカジュアルコーデにも合う、ちょい下ろしヘアー。

bzA2NDAwNjQwMTIxNTQxNTc3NTRBfA.jpg

長さは、こめかみからアゴ先くらいにしています。


makanaの骨格は頬骨高めなので、
こめかみあたりの髪を部分的に顎までの長さに切り

小顔&綺麗なフェイスラインに見せるテクニックを使っていますGOOD星






というのも・・・
私のように頬骨が少し出ているようなタイプの顔は
頬骨の上下2センチのところに毛先がかかると顔が横に大きく見えてしまうのです!!






頬骨が高い骨格をしている場合、
髪が頬骨にかかるとその髪は外へ逃げてしまいます!!



外に逃げるということは、

頬骨のラインも外へ見えるようになり、顔がワイドに見えてしまう。




そう、髪を部分的に下ろす時に重要なのは、
頬の凹みよりも下に髪がくることです!!!







髪を下すタイプではない頬骨の高さをカバーするテクニックがこちらです

o0480064512547892972.png

髪を耳の前に通すテクニック!!

右上の写真を見てわかる通り、シッカルと影が出来て顔に濃淡をうみます。




凹凸凹を利用したテクニックと言えます。
凹凸凹とは、額から上側頭線、頬骨、頬の凹みまでのライン

そこを髪が通ると顔に綺麗な濃淡が出せちゃうという訳ですキラキラ




髪ですべて頬骨やエラをか隠すのも良いでしょうが、

影の作り過ぎは顔自体に重たい雰囲気を出してしまいます。

DSCF6004.JPG




耳後ろの髪をグッと引き上げて
全部アップにしてもスッキリとしますが…顔のアシンメトリーさを強調してしまう場合もあります

DSCF6019.JPG

私もそうですが、多くの方がアシンメトリーな顔をしています。


骨格はもちろんの事、生活習慣や噛み癖うや噛み合わせ等で、頬の筋肉のバランスに左右差が出ます。



そうなると、写真のようにフェイスラインを出してしまう事により左右非対称さが目立ってしまいます。
※私の場合、写真左側の方が頬骨はスッキリ。頬骨より下は左側の方がスッキリしています。






この私自身の顔を考慮に入れて、ちょっとだけ顔の凹凸と髪の毛を使って陰影を出してみると…

o0480064012577379384.jpg

この様な感じとなります。


そう、自分自身の骨格を理解し
それを最大限に利用して部分的に陰影を出す事で、顔の雰囲気も変えたり楽しむことが出来ます♪





これも骨格を利用したテクニックの1つです!!



顔に影も出来るので小顔効果もUPアゲアゲ



☆*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆



私はアラフォーです。
20代の頃の写真を見た後に今のスッピン顔を見ると…


変わったなぁ(。´Д⊂)
と切ない気分になる時もあります。




アラフォーだけど…
やっぱり20代の頃のように輝きたい*花*


でも無理な若作りはしたくない!!!



年相応の魅力を最大限に生かすのは、
年齢相応に変化をしてく骨格や皮膚の流れを理解することが大切です。
※例えばシワはどうして、どこから生まれるかとかね!←これはご希望があれば、また別の機会に紹介します



私のヘアーアレンジにはそんな足掻きが込められているみたいですむー音符




解剖学に見るヘアーアレンジテクニック



私は接骨院の先生をしております。
国家資格取得後に、カイロプラクティックやクレニオルテクニックやオステオパシーテクニックを学び
産後、AEAJアロマテラピー検定1級を独学で取得。その後AEAJアロマテラピーアドバイザーを取得。
他にもアドバイザートリートメントアドバイザーや、アーユルヴェーダの資格などを持っています。


今回のブログは得意のヘアーアレンジに、その知識を私なりに加え考えたテクニックでした。


かなり端折ったとこがありましたが、少しは参考になったでしょうか?




次回は、まるまいこ様からのリクエストに答えて
【オシャレ遊び&☆どんな帽子にも似合うヘアーアレンジ等】を楽しくアップします。




興味のある方、良かったら遊びに来て下さい。




後までご閲覧頂きありがとうございました。
よかったまた遊びに来て下さい。





このブログを読んでちょっとでもいいな~と思って下さった方へ

下のサンキュ!をポチっとして貰えるとメチャメチャ嬉しいです!! 

かわいいmakanaかわいい




※書いたからには、質問やご要望は随時お受け致します!




サンキュボタン↓ここらへんです





makanaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)