2019/09/01 22:45
こんばんは^^

おとわです♪

4年前の母の闘病記を書いています

テキパキと書いていきたいのですが…やっぱり思いだすとしんどいです

今は元気なのですが…ねぇ。。。

このブログは当時の私の心情を中心に書いていますので、母がどんな治療をしたか等は一切触れません(医療は日々進歩していますし、私の知っている知識が正しいとも限らないので)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日、私は母に会いに行きました

何となくだけど…電車で行きました

電車でゆられながら「どうして、もっとマメに会いに来なかったかなーーー」とボーー――っと考えました

もう泣き疲れちゃって…涙も出てきやしませんでした

「母はどんなに大変な状態なんだろうーーー」と会うのが怖くなりました

そして家に着き

玄関を開けたら

すごくバタバタと動き回る母がいました

(。´・ω・)ん?

なんじゃこりゃ??

すごく元気なんですけど。。。

拍子抜けってこんな感じなのか…腰が抜けそうなくらい驚きました

「あーーれいちゃんごめんねーー(;^ω^)ちょっとお客さんが来ちゃって…」

…昨日の電話は夢なのか???

私の中で何が夢で何が現実かわからなくなって頭がグルグルしてきました

父が「お母さん、、、ずっとあんな調子なんだよ――――(苦笑)」

えーーーっと私何しに来たんだっけ(;^ω^)??

両親のテンションについていけずボーーーッとしてしまって口から出た言葉が…

「あれ??元気じゃん」…とんでもないものでした

今にして思うと母は前日号泣した私を知っているわけだし…あえて元気にふるまっていたのかなーーと思います。。妹も泣いていたし…母は強いなーーと心から思います

でもその後一緒にお昼ごはんを食べたときに野菜を煮崩したものを少しだけお皿に入れて食べている姿とか(食道の病気なので飲みこめなかったらしい)

体重がびっくりするくらい減っているとか(すごく着込んでて見た目ではわからなかったけど…後ほど「体重計に乗るたびに体重がシューシューって減っていって不安だったのよーー」と白状しておりました)

やっぱり病気なんだなーーと痛感しました

それでも母は

「なんかねーーー全然変わらないし…ここだけのハナシ、誤診だったんじゃないのかなーって思ってるの」

とひそひそと私に話しておりました(なぜ二人きりなのに内緒話(。´・ω・)?」

なんか…母のポジティブさと呑気さに大笑いしてしまいました

母も私の笑顔を見てホッとしたように笑ってました

母に会いに行って…ただ話をしただけだけど…少しホッとしました

帰りに「また来るね。すぐ来るね。。2〜3日したら来るね。。。待っててね」と言いました

母は「うん。無理しないでね」と言いながら私にハグしました

ハグなんて子供のころ以来いつ振りだっただろう。。

母の体…少し冷たかった

母も不安なんだな…と思いました

帰りの電車の中で子供たちや旦那さんになるべく迷惑をかけず、両親に会いに行くにはどういうタイムスケジュールを組めばいいだろうとずっと考えていました

とにかく時間が許す限り母に会いたかったのです

そして…その時一つの決意をしました

当時サンキュ!ブロガーだった私。。。

サンキュ!ブロガーを辞めようと思いました


おとわれいさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ