2015/10/01 15:02
お越しいただきありがとうございまするんるん

気が付けば10月ですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

もう年末に向けて頭を切り替えねばですね。

秋バテしている場合ではありません。

いつもではないのですが
野菜が足りないな(最近ほんとに高いし)、
疲れたなと思うと青汁をいただきます。
青汁の方が高いやんというツッコミはやめて。

いつも漢方薬局で買っているのですが
先日、驚く実験を見せてくれました。

・市販の野菜ジュース
・青汁A(熱で乾燥させた粉末)
・青汁B(絞った汁を低温乾燥させた粉末)

これらにオキシドールを数滴。

はじめ、飲ませてくれるのかと思ったら
オキシドールいれるから(゚д゚)!驚いた。
単なる実験でした(笑)。

青汁Bのみ発泡してきたんですね〜

どういう事かといいますと
オキシドール(過酸化水素)が酵素に反応して
酸素と水にとなるわけです。

ほら、ケガしたところにオキシドールかけると
シュワシュワするのも同じことですね。
人間ってすばらしい(なんのことやら)

つまり酵素が残っているのは青汁Bだけ。

あとの二つは製造過程の加熱処理で
酵素が死んじゃってますと。

大麦若葉の熱に弱い栄養素や酵素は失われ
ただの食物繊維だけに。
食物繊維も欲しいけれど、
せっかくなら酵素も、いただきたいですね。

酵素を壊さないために低速ジューサーが出てくるまでは、
べつに普通のジューサーでも何も思わなかったんですけど。。。
やはり空気に触れてしまう構造で高速回転だと
摩擦熱などで酵素を壊してしまうらしいです。

新婚当初ハートたち(複数ハート)、朝の野菜ジュースにあこがれて
ガーガーミキサーを回していたのは
何だったのか、あはは(^▽^;)。

今さら低速ジューサーを買う気もありません
あはは(^▽^;)

固形の生野菜を相当たべにゃならんのも大変。

なので青汁Bをしっかりとろう。

本物(酵素入り)の青汁はマラチオン(農薬の一種)やソルビン酸(食品保存剤の一種)に対する
分解活性があるらしいですよ。

昔より増えている様々な毒素。
紫外線、排気ガス、有害化学物質、食品添加物、残留農薬、、、、
これらを体に入れないなんて不可能exclamation×2

だったら、出すしかないですね。
靴下の重ね履きは毒だしともいわれ
話がつながってきます( *´艸`)。

40代になると酵素力が急激に低下して
老化を早めるとも言われていますので
女子としても取り入れなくては〜
お金かかるなぁ。。。




SHU−MIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2014/06/13 18:00
お越しいただきありがとうございまするんるん


モヤッとした気持ちを引きずったまま、、一週間が過ぎました(長いよね、私)。
コメントやサンキュをくださった皆様、読んでくださった皆様、ありがとうございます。
元気ださなきゃね。

毎日、シェイク、シェイクしてる塩レモン
成長を眺めるのが楽しかったな〜。
思ったより、水分が上がらないままです。
こういう場合、塩水を足すとよいらしいのですが、
せっかく塩とレモンだけで作ったので、そのままです。

140613_153037.jpg


愛おしいと思いつつ
もう、使いはじめましたわーい(嬉しい顔)

炊飯器に米、水、バター、トリモモ、輪切りの塩レモンを入れて炊きましたよ〜。

140609_171400.jpg


楽チン爽やかご飯(笑)。
さーっと混ぜると、レモンは細かくなって、均一にご飯に混ざりますよ〜。
味は、、、塩レモンによるかな。私は塩とパセリを追加しました。


塩レモンは、好きな野菜をマリネっぽくできます。
塩レモン少々にオリーブオイルやマスタードなど混ぜれば、完成。
美味しくなりそうだな〜と思うままに
にんにくを入れてみたり、醤油を入れてみたり、、、
二度と同じ味にはならないな〜。

暑い、涼しい、、また暑い。
わけわからない日々が続いてますが、レモンで身体をスッキリ。
香で気持ちまでスッキリですよ〜ぴかぴか(新しい)
なかなか私の根に持つ性格には、効果がでませんけど(;´Д`)

この塩レモン、魚やチキンのレシピをよく見かけますが
きっと、パンやマフィン、チーズケーキなんかも
美味しくできちゃうはず?!なんて、妄想中ですハートたち(複数ハート)
すぐ、スイーツに結びつける私(;^ω^)。

ステキなレシピをお持ちでしたら、ぜひ教えてくださいね。
SHU−MIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2014/05/29 13:07
お越しいただきありがとうございまするんるん

突然、暑い日が続きますねあせあせ(飛び散る汗)
今日のウォーキングはちょっと疲れました。

前々から作りたかった塩レモン。
昨日、頼んでおいたレモンが届いたので
今日、仕込みました。

本当は、今日食べたいくらい(笑)

140529_112201.jpg



「塩レモン」の作り方

・レモン:3個(500gほど)
・粗塩:50〜60g(レモンの10%

1.  レモンをよく洗い水気を切ったら、ヘタを切り落とし、
   皮ごと輪切り、乱切り、くし切りなどにする(料理に応じて使い分けのため)。
   検索すると色んな切り方が出てくるので、色々にしてみました。
   レモンは皮ごと使うので、国産の無農薬がベストだそうです。

2. 塩、レモン、塩・・・・交互に入れて、最後が塩。
  レモンが浮いてこないように、小さなお皿を上にのせてから蓋をしました。
  容器のふたが金属製の場合は酸が溶かす恐れがあるので、ラップをかまして蓋をした方がよいらしい。
 
 
 
 

  

3. 1週間ほど漬ける(毎日、容器を振るなどして、混ぜる)
  ※常温冷暗というレシピもありましたが、もう暑いので初めから冷蔵庫です。

 

料理のお味がよくなるっていう話ですが、実際の処、効能は?

調べてみたらこんな感じでダイエットに向いているとか。

・レモンのクエン酸が糖質の代謝を活発にし、エネルギーとして効率よく変えてくれる。
・塩分摂取量を控えることに役立つので、むくみ予防に期待。
・酸味や塩味によって唾液の分泌を促進。消化酵素が糖質を分解し消化をスムーズに。
・香り成分リモネンでリラックス効果。食べすぎを予防。

一週間後、どうなっているかexclamation&question
楽しみですわーい(嬉しい顔)
SHU−MIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ