2018/11/08 19:06

アラフォーピカママです(^^)/

 

最近、学校で、教育関係の役員させていただいて

 

おかげで食育とか、育児のコツとか、

 

そうゆうワードにアンテナピーンなわたしが

 

〜写真が子どもの自信をひきだす〜


ほめ写プロジェクト

 

という講演会に行きました!!

 

はじめは子どもが作った絵や工作などの作品を

 

写真にとって飾っておくと

 

自己肯定感の高い子どもに育つとか

 

そうゆうものかと思っていたんですが〜



まずはそれだけじゃない、


ソコじゃないってことが今回わかりました

 

〜写真が子どもの自信をひきだす〜


ほめ写プロジェクト

 

IMG_20181106_110707.jpg

 

こちらがその模様です

 

講師の方、教育評論家おやのちからさん♪

 

ご本名ではないのですが、

 

「『叱らない』しつけ」というご本をだされていて

 

これは私も知っているくらい有名なご本ですが

 

著者さんでしたー

 

初めてのお顔拝見でしたが、もう

 

できてらっしゃる(*^▽^*)オカオ

 

おこらなさそうな、

 

いつでも笑顔そうな感じの方でいらっしゃいました♪

 

お話しはこんなところから入っていきます。

 

子どものよりよい成長を左右する自己肯定感

 

ダメ出し否定的な言葉は、10コの弊害があるそうです

 

≪例えば≫

  1. 自信がなくなる
  2. 親への不信感
  3. 愛情不足等

ほめて伸ばすは具体的に!?

  1. 頑張っているところ
  2. 達成の瞬間
  3. 努力の過程

「2種類のほめる」が自己肯定感を伸ばすそうです

  1. 部分的なところをほめる
  2. 無条件に存在をほめる

  ≪例えば≫

  • 書き取り帳も部分ではなまるつけたりする
  • 丁寧に書かなきゃダメというよりこの字がきれい

私が一番この講演で学んだことが

  • 意識してほめること

ほめるって自然にすることだとおもっていましたが

 

育児の中ではそうではないことに驚き、感心しました

 

ほめる時間を決めるくらいでもよいそうです

 

それで「ほめ写」につながってゆくわけなのですが

 

膨大な量の写真をクラウドだったり

 

メディアだったりに保管

 

しているわけですがこの膨大な量から

 

PICK UPするひと手間

 

これが愛情なんですって

 

確かにって思いました。

 

写真を選んでいる間、

 

ずっとその人のこと、その日のことを

 

考えたり思いだしたりしますからね

 

携帯メールではないお手紙の良さにも

 

似ています。

 

写真には

  • じっくり見て発見
  • 作品を味わえる価値
これがあります。

写真を見ることによって自己を高める

実体的なアクション

これがほめ写プロジェクトなんだそうですよ。
 
はじめるときには
  • 一緒に選ぶ
  • 子どもに頑張っている写真を選ばせる
こんなところからやってみるとよいそうです(^_-)-☆
 
簡単にはじめられそうですよね!

私も写真の選び方が変わりました。

今までは割りと集合写真的な、七五三的な、

そうゆう写真を飾ることが多かったかな。

あまり、頑張っているところとか、

選ぶことを意識していなかったです。
 
こんな商品もあるらしいので利用してみようかな。
 
IMG_20181106_104331.jpg
 
壁にそのまま貼れて、はがせるフォトフレーム『シャコラ』

便利で簡単そうなので早速やってみよう♪
よっちゃんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)