2019/09/06 08:32
特別支援級の保護者会でした。
楽しいことを言うお母さんが多くて、色々盛り上がりました。
この夏の宿題について、お話がたくさんでました。

特別支援の子には、よく似た傾向が...あるようです。
やった記録が目に見える宿題(例えばドリル)は、取りかかりが早く、みんな7月に終え、後回しにした感想文は、親任せになったということ。ちなみに子どもも、夏休みに入った当日に、ドリル系は終わっていました。

「特別支援の子には難しいから、読書感想文を廃止にというお願いは出せませんか?」というお母さんがいました。作文、あらすじそのまま写したり〜などもあったようですし、「文章が考えられないから、結局お母さんの作文ですよー。」なんておっしゃる方も。「結局そんな作文、真剣にとりくんで、時間さいて、いいことないから、なくしたほうがいい。」というお母さんまで、話はエスカレート。

どのご意見も納得できちゃうのは、同じ思いから?かな。

読書感想文は、きっと好きな子もいて、自分で一生懸命やっている子もいるから、廃止はなくても、任意とか、「書きたい子はどーぞ。」みたいだといいのになっ、と思いました。苦手な子で、もっとやりたいなにかを犠牲にしているのなら...と思うと、それはもったいない時間だなって思います。

そんなことで、まだまだ悩ましい読書感想文の話題でした。
今日は学級の保護者会です!
どんな話題でもりあがるか?楽しみです。

IMG_20190831_123941_kindlephoto-112243698.jpg
よっちゃんさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ