2012/11/13 08:27

年末が近くなると、高校受験の相談が必ずある。

あたしは、教育者ではないので
回答に、困ることが多い
めいちゃんです m(_ _)m




「娘ちゃんの時は倍率どうだった?
息子ちゃんの時は自己推薦あったの?」
などなど・・・

いろいろと聞かれるんだけど・・・





娘は、現役の高校生だから、ある程度は参考になると思うけど
息子はね〜 (´・_・`)
高校卒業して何年たってんだ?ってレベルだからね〜




この時期の親って とにかく 情報に「振り回されがち」
仕方がない部分もあるんだけど
明確な根拠もない話に右往左往しても子供が迷惑なの!!



まず、我が家の場合でお話すると
受験する高校の情報は、
その学校に通っている子供の親に貰いました。
その方が正確な情報が入りますグッド(上向き矢印)


あと、元教師の知り合いが多いので、学校の特徴も含めてリサーチ。
もうすでに退職されている方なのでぶっちゃけトークも聞けるし
「教員側から見たら・・・」という話を色々としてくれましたexclamation×2
これは、参考になりますので 元教師が近くにいないか?
探してみる価値ありますよ!!



あとは、都道府県で大きく違うとおもうのですか・・・
「推薦入学」に関すること。
「自己推薦」です。

これは、岡山の場合なので、当てはまらない都道府県の方には
なんの役にも立たないけど ごめんなさい m(_ _)m


ひらめき我が家の経験談



息子 H元年生まれ 
   自己推薦第一号 初の試みのため、変な噂が飛び交う!

   学校の先生も手探り状態で、塾の先生も「情報が曖昧で・・・」って状態。

   正直、何が本当で何が嘘なのかも判断できない状況
   親がパニック → 子供もパニック という悪循環。

   自己推薦で落ちると、その学校には入れない!という
   変な噂が流れ、本試験で志望校のランクを落とす生徒も・・・

   おかげで、頭のいい子がその下の学校を受ける!なんて事になり
   息子が入った高校も異常な倍率になってしまいました(>_<)

   幸いなことに、息子は合格しましたが・・・
   正直、危ないと思っていました・・・




娘  H8年生まれ ※2月生まれなので、同期はH7年生まれがメイン

  
 自己推薦も定着しているし、変な情報に迷う親もなし!
   ありがたいことに自己推薦で入学が決まったので
   入学まで、特に問題なく過ごせました。
   強いて言うならば、「取り消しにならないように、生活態度に気を付ける事。」
   「自己推薦が決まらなかった友達の事を考えた行動をとること。」
   これだけは注意するように話しておきました。

   私たち親にも言えるのですが 自己推薦で決まると
   親も気が抜けるので、つい本音が出るんです。
   そうすると、まだ決まってない子の親には「自己推薦で決まっている人はいいわね〜」
   的な攻撃を喰らってしまうことにもなります。
   発言には気をつけておいて損はないと思います。


高校受験は、子供にとっても親にとっても大変なものです。
我が家は小学校や中学校は公立でしたので
幼少期のお受験は経験していません。
なので、幼少期にお受験をされた人の苦労は解らないのです。

私が住んでいた市は、幼稚園から中学まで、
受験なしが当たり前の土地柄なので、
大体の人は中学受験すらしません。

高校受験は、その後の人生も変えてしまう可能性を含んでいるのは
今も昔も変わらないのですが、社会情勢は全く違いますよねバッド(下向き矢印)

子供の人生、決めるのも頑張るのも子供だけど
冷静な判断ができるように 親が助けてあげなくちゃね♪
その為にも、親は常に冷静である必要があるのだ!!!




最後まで、ありがとうございましたm(_ _)m





難しいことを考えて
う〜んって 落ち込んだ時は
甘い物でも食べて 幸せ感を満喫しよう♪

IMG_1480.JPG


   
   
タグ(関連ワード):受験 高校受験 推薦
めいちゃんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2012/07/25 08:00
中学校生って、どんな感じ?と
かなりアバウトに聞かれて
回答に困った めいちゃんです困った


子供の性格 友達などの環境で
かなり変化しますよ
だから 一概に 
「こんなもんで〜」 みたいな事は言えないなぁ落ち込み




例えば、 うちの息子と娘で言うと
年齢差は7歳ありますが 学年は6年違い
そうなると 6年違うので 学校の「状況」も全然違います

年が近い兄弟だと 「上の子が中3で、下の子が中1や中2」
みたいな感じで 【同時期に同じ中学に通う】事もあるでしょう

そうなると 上の子で学校状態が把握出来てれば
下の子でも だいたいの状態は 把握できるんですよね・・・



しかし、年齢差があると 
把握できない部分が多々あるのは正直な話で
私も 上の子の時と 下の子の時の 「学校の変化」を
入学してから感じたことも有りました・・・



小学校を卒業し中学に行き始めると
学校に行く回数は確実に減りますので
その点を【授業参観】などの行事で
カバーしているママさんもいましたし
役員をすることで学校とのつながりを
強くしているママさんもいましたびっくり





私は、学校とのつながりが強いママさんに
情報を提供してもらい
不安なことがあったり、
疑問なことがあっても学校に聞きにくい時は
情報が多いママさんに聞いていました。




中学生時代、我が家の場合は
二年生が一番面倒な年だと感じましたびっくり


中だるみって訳じゃないんだろうけど
中学二年っていろいろな意味で変化もするし、
精神的にデリケートだったと記憶しています。


三年になると 部活引退だ受験だと節目があるので
周りの環境で「変わらなくちゃ〜」と、
子供自身が転換していった記憶があります。

中学生って すご〜く大変な3年間だと思うけど
逆に すご〜く成長が見れる3年間でもあると思いますまる




最後までありがとうございましたハート



娘(高2) 中学の修学旅行先は沖縄でした。
私も行ったことがない 「ちゅら海水族館」行きました。
めっちゃ 羨ましいです(笑)

めいちゃんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ