2018/12/05 09:00
わが家には3台車があります。
つまり、一人一台。

贅沢だなぁと思いつつも、義父から譲り受けたり、
通勤、通学で必要だったりするので、
わが家にとっては必要なものです。

維持費も3台分ですが、今日は保険について…

20181204_220414.jpg

義父から名義変更した保険は別会社でしたが、
損保ジャパンに変更し、ノンフリート多数割引4%を受けています。


娘が21歳になるまでは、
敷地内に停めている娘の車は年齢制限無し、
少し離れた所に停めている息子の車は21歳以上、
遠くに停めてる私の車は35歳以上の制限有り。

年齢制限することで保険料も抑えられるし、
年齢制限をしていても空いてさえいれば
近くの車から利用できるように駐車を考えました。

弁護士費用特約も付帯しています。
この特約のおかげで、10対0の事故(私が0)の
ときも、ちょっとややこしい相手だったのですが、
自分で示談交渉しなくても弁護士にお任せできて
事なきを得ました。
1台に付帯しているので、残りの2台もカバーできます。

タイヤ交換やバッテリーあがりなどの
アクシデントにもロードアシスタンス特約が
あるので安心です。

私の車は離れた所に停めているので、
万が一に備えて車両保険も全てに対応できるものに
入っています。

息子や娘はまだ若く、運転技術も未熟なので、
相手への賠償、自身や搭乗者への補償は
手厚くしています。

保険は制度が変わることも多く、用語も難しいので
苦手意識がありますが、信頼できる代理店の方の
おかげで良いアドバイスを頂き、最適なものを
掛けることが出来ていると思います。

車の運転は日々のことで、
事故にあう、起こす可能性ももちろんあるので、
年齢、状況に応じたものをしっかりと掛ける必要が
ありますね。

meruさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2014/02/16 01:19
こんばんは(*^^*)


もうすぐ免許が取れそうなムスコ。

そうなると自動車保険を18歳のムスコでも乗れるように

変えないといけません(>_<)


ただ、わが家の車には乗りたくない!とムスコ。

8人乗りの1BOX。

慣れると視界も良くて楽なんだけど、さすがに初心者だと

乗りにくいかな。バックモニターも付いてないしね。


結局、近くに住む義父の軽四を必要な時には借りることにしました。


そこで、保険証券を借りてディーラーへ話を聞きに行って来ました。


ディーラーへ行く前に保険証券を見たとき、

「あれっ、、ムスコこのままで乗れるんじゃない?」

と思ったんだけど、万一私の勘違いだったら事故したときに

えらいことになってしまうので、確認のためディーラーへ。


結果、やっぱり書き換えの必要なく今のままで乗れるとのこと!


なぜかというと…義父が入ってる保険には年齢制限があるのですが

本人・配偶者・子・同居の家族は細かく設定されてますが、

それ以外の人に関しては年齢制限が無いんです!!

なので、別居の孫にあたるムスコはこのままの保険でOK!


7・8万の追い金を覚悟してたので、とっても嬉しい\(^o^)/


事故は起こさないことが一番ですが、誰にでも可能性があること。

自分の為にも相手の為にも、しっかりと保険には入っておかないと。

ムスコの保険のこともスッキリしたし、後は免許取得のみ!

しばらくはドキドキ・ヒヤヒヤもんだわ〜(>_<)
meruさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/07/25 01:50
ここのところ連日残業で(ToT)

疲れがたまってたので、ついつい夜寝(-.-)Zzz・・

すっきりしたので、こんな時間に更新です。



今日は保険についてのお話。

保険は、考え方やライフスタイルによって

違ってきますので、あくまで「わが家の保険のお話」です。


私とダンナ、子供が産まれるまで(共働き期間)は

お互いに独身の時にお付き合いで進められるがままに

入った保険のままでした。

子供が産まれて、私が専業主婦になり、

家族四人分の保険を考えたときに

ダンナの収入に対して保険料の占める割合が

とても高かったんです!

私の保険は満期時にかなりまとまったお金を

受けとることが出来るタイプ。

ダンナの保険は四年毎にお金を受け取れるタイプ。

貯蓄性の高い保険でした。


「備えあれば憂いなし」とは言うけれど、

備えのために日々の生活がしんどいのもどうかな〜

と思い、保険の見直しをすることに!

(約15年前のお話です)


貯蓄の部分は切り捨て、又、保険会社の破綻が

相次いだ時でもあったので、掛け捨ての共済に変更!


子供が小さく、ダンナに万が一のことがあったとき

私だけでは補え切れないと思ったので、

複数契約し、死亡保障をある程度確保しました。

自動的に医療保障も上がりました。

私も一家の働き手ではあるので、ダンナほどでは

ないけれど、それなりの死亡保障と医療保障を確保。

子供たちの保険はケガや病気はもちろん、

他人や、他人の物を傷付けた場合を考えた保険に。

高校で自転車通学になってからは

さらに自転車事故を考えた保険に。

学生が加害者になる自転車事故が増えています。


見直しを行ったことで、家計に負担にならない保険料で

ダンナが自転車に乗ってて車に追突されたときや、

ムスコが骨折したとき、ムスメが滑り台で前歯を

強打して治療したとき等々、治療費や生活費を

カバーすることが出来ました。

もちろん今回のダンナの不慮の事故も。


何事もなく、保険を使わないことが

一番良いのですが、人生何が起きるか分かりません(>_<)

やはり最低限の備えは必要だと私は思います。


今回のことで、またまた保険を見直す機会だと。

来年はムスコが社会人。私も自分とムスメのことは

どうにか出来そう。

ということで、死亡保障を抑えて、

医療保障に重点を置こうかと考え中。

これからは先の見えない闘病の方が恐いので(-_-;)

見直しが出来る内に見直してみようと思います。
meruさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ