2019/02/24 18:12
久しぶりに、平尾台に家族で登ろう!
とパンやお菓子を買い込んでおでかけしたら……!
DSC_4840.JPG
登ろうとしたやまがぼぉぼぉ
燃えてました……!

え?山火事?
ではなく。
野焼き。
春の風物詩なんだって……!
結局、近くの自然の郷という大きな公園に移動したのですが、その公園のすぐ近くまで炎が来るらしく
野焼きのシャッターチャンスを狙うカメラを携えた人が
50人ぐらいはいました。

野焼き初体験だったわけですが。
枯れ草が燃えるパチパチという音と
ものすごい煙!
さらに すごい臭い
風向きがこちらに向いた瞬間の
辺り一面 空まで覆い尽くす煙の量……!
DSC_4845.JPG
面白いことに、子どもはすぐに飽きちゃう。
大人は結構ジーっとみてる。

昔は、田舎だったこともあり
大正生まれの、おじいちゃんとかが
田んぼに穴掘って スーパー自由に焚き火タイム!とかしてたけど
今、大きな火が燃えてるとこ日常で
全然見ない。
もー 。怖くて綺麗で懐かしい。
見とれちゃう。
うはー!
山肌を舐めるように、燃え広がる炎を見てると 地獄の山みたい。
(当然行ったことないけども。)

隣の長男に
ハンカチ役に立つ?
と尋ねたら
あんまり意味無いと
涙ながらのお返事。
それよりも染みる煙で目が開かない!
うんうん!ママもさ!

あーやっぱり火は怖いねぇ
火事のときの ざっくりした参考になったねぇ。
(こんな草みたいな自然物ばっかりでも、これだけの煙なんだもんねぇ)

それにしても、滑り台の奥の背景からチロチロ炎の舌が見える。ってなかなかシュールですよ、マダーム!
DSC_4858.JPG
近くまで野焼きの炎が来るタイミングで音だけの花火?が数発上がり
さらにヘリコプターから
サイレンが鳴り響く……!
という注意が出ました。

平尾台は羊蹄群というひつじの背のような白っぽい石灰岩の群生が有名です。
それが焼かれると黒い灰の上に
くっきり見えてきます。
DSC_4830.JPG
DSC_4811.JPG
結構離れたところだったと思うのですが、灰が……!
舞散る雪のように灰がハラハラ……!
DSC_4868.JPG
しばらくしたら、さらに煙が……!
考えたら山まるごと、焼いてるんですから
そりゃあ 煙の量もすごいさ……!
と気づく。
あかん。あかん量の煙吸ってる……!
心なしかぐらぐらしてくるような感覚……!
でも私以外の家族は平気そうなんですよ〜!
他の家族連れも平気そう。
・・・(;´Д`)

駐車場の車に着いたときは
ホッとしました。
駐車場も山際のフェンスのところは20台ほど空けてあり
(多分有事の際に救急車輌がはいるように。)
あちこちにパトカー 消防車 消防隊がお仕事してました。ヘリも。

得難い体験になりました〜!
そして、すっかり臭いのついたダウンを
バサバサ ベランダではためかせるそらんぽりん。なのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで お付き合いいただき有難うございます!読んだよの印にサンキュ!ボタン押していただけたら
なぜ人は炎を見たらテンションが若干上がるのかを考えるのをやめて
晩ごはん作りに集中できそうです!
(о´∀`о)ノ



そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)