2018/09/02 05:00
DSC_3841.JPG
熊本の阿蘇に  一泊二日で旅行に行って来ました!

道の駅で食べた すごく平べったいまんじゅう。
DSC_3843.JPG
この薄さで ちゃんと 中に あんこが 入っている!

95円!

美味しー!


夜は、

阿蘇ファームビレッジに宿泊。

(ドラゴンボールのカプセルハウスみたいのが無数にある巨大複合施設。)
ここで、次男くんの 才能がよくも悪くもバーン!と発揮されました。

そのカプセルというか、ドームという外見は可愛らしく、子どもが大喜び!が、しかし
部屋のドアの立て付けが
抜群とは言えず、
(そりゃそうです 
あの熊本地震を
乗り越えたのですから)
私も旦那も不器用なこともあり、
なかなか鍵が閉まらないのです(;>_<;)

お風呂に行って帰って来て、かけたつもりの部屋の鍵が 旦那の不注意で掛かってませんでした……!(。>д<)

その後 夫婦で上手く 鍵が掛けられず ドアの前で悪戦苦闘……!

締まらず……!
疲れはてて
ついに、フロントに相談したところ
さっと 新しいドーム(お部屋)を用意していただいたきました!

そちらは鍵の開閉も
我々 不器用夫婦でも、スムーズにできたので 
ホントにありがたく、
ちょっと泣きそうになりながら
お礼を述べつつ 部屋を移動したのですが……!

お喋りできない & 精神年齢 アバウト2歳の次男くんには
なんで、部屋を移動するのか
分からないのです。そりゃそうだ。
わからないけど、せっかく解いた、荷物をまた纏めてる
ということは、
「ここから帰るんだ……!」
と思った様子。
そこから
もんのすごい 抵抗が……!
僕はこの部屋が気に入ったの!
絶対出ない!
とばかりに部屋のなかを
泣きながら逃げ回り
からだが大きくて 到底入らないのに
ベッドのしたに潜り込もうとします。

あーもうっ!とほぼ力業で
旦那と二人で引き剥がして
新しい部屋へ 連行。

こちらとしては、新しい部屋に入ったからもう、帰らないよー!
と示せたと思ったのですが……!

大泣きして、すでに我を忘れた
王蟲 状態の次男くん。
なんなら、怒りで我を忘れて
目も真っ赤になっています。
ギャオ〜!
そして、
やはり もとの部屋に帰ろうとします!

次男くんは
一度ここ!と覚えるとキャンセルするのは難しいようでした。
そうよね、一生懸命覚えただろうにね……!ホントにゴメン!

が、旦那が飲み物を 買うために部屋を出ていくと 泣きつかれていた次男くんの意識が反れます。
「パパがどっかに行った!」
と切り替わり
泣くのを止めて
不安げな表情へチェンジ!

その後旦那が帰って来て、ほっと笑顔にチェンジ!

やっと 気持ちを 持ち直せました〜!ああ、良かったねぇ!

ムム( ゚ε゚;)昔から有効だった
意識を反らす
は、
まだまだ有効なのだなーと
軽い疲労感と共に 感じ入る夫婦。
(;^_^A

阿蘇ファームビレッジには
入りきれないほどの 温泉もあったよ!
男湯 女湯 合わせて2000坪!
最高!

何故か次男くんは、薬湯に浸かりまくっていたらしいよ。( ´△`)卵肌がさらにスベスベ進化を遂げた……!
もはや、兄弟は男湯組だからねぇ。
旦那経由の情報さ。



今回、いつにもまして
記事が 長すぎるので 
3部に分けますね〜!(^o^)v
続きは明日★よろしければお付き合いください!

ここまで読んで頂いてありがとうございます!
読んだよ!の印にサンキュ!ボタン押していただけたら 
次回 更新の特効薬になります(^-^)/

そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/09/04 05:00
DSC_3901.JPG
(次男くんへの 気付き編 )Σ(゜Д゜)
時間が、前後するのですが

朝食後 次男くんが
阿蘇ファームビレッジで迷子になった!のです。
!Σ( ̄□ ̄;)
親の私たちですら、マップ見ながらしか宿泊のドームの場所に戻れないぐらい、広くて色々な建物がある施設だったのですが……!
次男くんは、さっさと自分の足で
最初に 部屋に戻ってました……!

方向おんちの私からすると
スッゲェ!
の一言です。
迷子はどっちなのか問題
!!!(゜ロ゜ノ)ノ
喋れないぶん
脳の他の分野が伸びるとは聞きますが
これも その一環かな〜。
と、新たな発見!
なんかとても嬉しい
母。
o(*⌒―⌒*)o


さあ、帰宅です!
お家に帰りつくまでが 旅行ですね!

そして
またもや
浴衣を 脱ぎたがらない 次男くんの絶叫攻撃が、夫婦を容赦なくおそう!

最後の最後に脱がせることに!
←荷造りも終わってるのを見て
「ああ、帰るんだ」

分かってもらえて解決!
ホッ!

しかし、
旦那が帰り道を間違えて、
帰宅時間が一時間多くかかることになり、

夫婦で 軽く険悪になる。

子どもはすでに寝てました……!
Σ(゜Д゜)

まぁ最終的には 仲直りして 
なんとか、帰ってきましたよ……!

しかも
帰って来て
晩御飯 ゼロから 作りました!
偉いぞ私っ!

(⌒∇⌒)←自分もたくさん誉める(笑)

例年は 旅行に行ったあと
疲れて翌日必ず 寝込んでいたのですが
6月から始めた 食事の改善のせいか

寝込んでない……!
Σ(-∀-;)

人間の体は食べたもので 

作られるんだなーと

ありがた〜く、実感してます。


まぁ、

今までの 食生活が

適当過ぎたのを 普通に人並みに 整えただけ という話 なんですが……
Σ( ̄ロ ̄lll)

今年は
我が家、旅行にお金を使う年になりそうです。

と言うのも

旅行に行き、環境が変わると
次男くんの新しい一面が見えたり 
普段見せない表情を見せたり……
私たちが、日常気がつかない、次男くんの成長(&課題)に 気づけるから。

d=(^o^)=b

その事に お金をつかいたい 

思うようになりました!
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

他の方のブログを読んでると
思うのですが、
長男が家族旅行に 付き合ってくれるのも、小学校の間だけかもしれない疑惑〜。
!Σ( ̄□ ̄;)

それに、次男くんは旅行が好き。
環境の変化を好むのです。(^^ゞ
あー!
またいきたいな!
準備と出費が大変だけど……p(^^)q
あ。
ここで、
年末まで 10万円にも 
チャレンジ宣言します!
次の旅行のために 
ゆるーり 頑張りますよ〜!

ここまで読んで頂いてありがとうございます!
読んだよ!の印にサンキュ!ボタン押していただけたら、閉めた8月のブラック家計簿載せる元気がわいてきます!

o(*⌒―⌒*;)o

そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/09/03 05:00
さぁ乗馬体験!

馬 大好きな我が家の兄弟は

阿蘇の雄大な景色を見ながら、

馬の背に跨がり 大満足でした。

わたし?
次男の後ろ姿を
眺めながら

急に 落馬しないかな?

喜びのあまり、喉よ裂けよ
と ばかりに シャウトして
馬が興奮しないかな?

とか色々、考えながら 
馬に乗ってたので
気がついたら 私の馬が やたら 道に はえてる草ばっかり食べてて
次男の馬に はるかに引き離される 事案発生!

ちょっと お馬さん 急いでー!と思いながら、
「おかあさーん お腹けってー!」
と係員のかたに言われても

腹を蹴ったら 痛いかな〜?
と恐る恐る
やるので全然 
馬には 聞き入れてもらえず

結果 次男の馬は 
お利口に、さっさとゴール……!

というか、
係員さんが ずっと 次男の馬を しっかり引いて いただいていたので
次男は 始終穏やかで 平気な顔でした。
知ってたけど
……馬ってマジ頭いいね。私の馬は明らかに
こいつ、俺に強く出れねーだろ?な
俺様オーラが立ちのぼってました。
そして、素直にオーラに負ける私も私(笑)

よく地元のイベントで乗る馬は
びっしり完璧に調教されてて、
草食べるとか そんな個性は見えないので。(まぁ、引馬だしね。)
なんか、オラオラも
可愛らしくて……!

で、
次男ですが乗馬がお気に召したのは、良かったのですが……!
あまりに気に入りすぎて、


帰りたがらず 
めちゃくちゃ
泣き叫ぶ 次男くん。

喉よ裂けよ!
悲しみよ阿蘇山を越えよ!
風よ 万里を駆けよ!

とばかりに
力強い主張。

演技が大きい、舞台出身の若手俳優かよ!心のツッコミも空しく

この日の最高気温37度
照りつける 太陽光はもはや

突き刺さる 日差し!


家族全員から流れ落ちる

汗。

汗。

たまに次男くんの涙。

汗。

「力づくでなんとかする」

のコマンドを 早々にあきらめて

自販機で

普段 絶対 買わない

大好きなコーラを

買ってあげる!作戦!決行!

「車でのもうねー!」

と車内誘導に……

まんまと成功!

(^o^)v
いやー!良い仕事したわ!
コーラが!

たまに、のかくし球は

こういうときのために、

使うのよねー!

うんうん。

その後
再建中の阿蘇神社にお参りして
帰路へ。


明日は、旅行シメと
「次男くんについて
夫婦で考えたこと」
について書きますね〜!


ここまで読んで頂いてありがとうございます!
読んだよ!の印にサンキュ!ボタン押していただけたら 次回更新の励みになります(^-^)/

DSC_3906.JPG
そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ