2018/05/01 05:00
DSC_3060.JPG

恋人同士から 結婚して 夫婦になり
子どもが生まれて 家族になり。

夫婦の関係も
夫婦のお互いへの感情も
だんだん 家族という車輪を回す気心しれた同僚 といったおもむきになってきた
そらんぽりん。家。

愛だの恋だのより どずんと重たい トドのような
現実が のってりと横たわるのみです。
(トドの名前は教育費とか老後資金とか住宅資金とか。)

_20180501_005207 (1).JPG



しかし、旦那さんは 少女マンガのヒロインみたいな男の人

なんせ
最初に付き合った女性が私で
そのまま わたしと結婚したんだぜ!

…あ!みなさん 引かないで!
まじめで 羊みたいに おとなしくていい人なんですよ〜
(多分、恋愛自体がめんどくさいタイプ。)

そして いまだに癖のように「デート」をしたがります。
あ、私もですけどね。
でも旦那さんは 「やらねばならぬ義務」のようにデートをしたがりますね。
まあ楽しいからいいけど。不思議な習性ですね。

映画に行ったり。
二人でお家で色々買い込んできて
延々スマホゲームしてるっていう
わけわかんないのもありますけど。(そして合間にラインで会話する。)

こないだは 旦那さんのやってるゲーム
(ガチャが渋いので有名なやつ)
に出てくる 実在の人物をキャラ化したものから 興味がわいたのか
レオナルド・ダヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
に行ってきました。

博物館はあんまりいかないんですけど
(美術館が 好き)
福岡市博物館へ。

博物館の入り口の 10メートル弱はあろうかという 立像の前に何故か展示されていた
2台のアルファロメオを潜り抜け 
(係員さんがいたから 販売目的の展示と見た。結構な陽気だったのに日陰もなく大変だな〜)

たっかい天井の博物館内へ

平日だったのに 結構な人!
え?なんでなん?
と思ってたら 東京富士美術館が企画。
館長は あの有名な方。
ああ・・・それでこの人出かな?ご苦労様です。
なんて思いつつ。

私は 今まで 絵画を「美しさをめでるもの」と思ってたんですが
博物館だと ルーツをたどる 手段になるんですね。
ダヴィンチ が描いた未完の壁画の上に新たな壁画が描かれたであろう ということで
「アンギアーリの戦い」は失われた壁画になってるわけですが
その壁画が描かれていた時代 それを見た画家(?)が感銘を受けて
模写を残しているわけです。

その模写から ダヴィンチが描いたアンギアーリの戦いは こうだったのではないか?
という切り口で迫る。展示。
面白かった!

旦那さんも、楽しそう。
ダヴィンチは動物を描くのも好きで、特にお気に入りは ウマ。
アンギアーリの戦いにも馬は描かれていて 
特に臀部が・・・。

正直一生分の ウマの臀部を凝視してきた。
ダヴィンチの向かい側にはミケランジェロの「カッシーナの戦い」
の絵も こちらも未完だが。

そっちは 入浴中の兵士たちが奇襲を受けて あわてて水から上がる 絵
なのですが・・・。
筋肉!!!男性の筋肉質な背中! 
あと臀部。が目立つ・・・。

展示終盤では 臀部はもういい。 という気分のそらんぽりん。夫婦。
戦争画だから まあ 基本 血沸き肉躍ってるよね。
戦争らしさを表そうと思ったら 雑兵の流血ですよね。
私、そんなに・・・流血は・・・(-_-;)

そして 終盤の美人画で
ほっとするという・・・。

間違ったことは言ってないと思うけど ふんわりしているのは、まあまあ。ご愛嬌。

アルファロメオの販売員さんは暑くてもスーツだなー…なんて思いつつ。博物館を後にして。

その後、アウトレットモールのマリノアシティで食事。

ひたすら 臀部の話をしながら 海の見える席で おしゃれなカフェでプレートランチをがっつく夫婦。
そして、ゴールデンウィークセールが始まったマリノアで、見るだけ見て
帰ってくるという・・・。
ちなみに 店を見て回るときは 夫婦 別行動。(^o^)丿



たまには、結婚前みたいなデートも
夫婦関係のさび落としに いいなあ と思うのでした。
(そんなんで おちる 軽いさびじゃないけどね☆)
ランチも2人前だと 割安だと感じるしね!



_20180501_020607.JPG
そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/04 22:27
「いや、やっぱむり。できない」
「ええええーーーーー!!30分も並んだのに!?」
「次の15時30分までマイナス20度で頭冷やしてきたら?」


車を使って一泊二日温泉家族旅行に行ってきました!
旅行のメイン目的地は佐賀県が80億円かけて整備した
佐賀県立宇宙博物館 ゆめぎんが
〈ゆめぎんが でひらく 好奇心のとびら 化学っておもしろい!!〉
のキャッチコピーに惹かれ
DSC_2548.JPG
ネットで口コミや写真を見ると 
もう ここに行けば 長男の科学への興味の扉が
自動ドアみたいにウィンってひらくんじゃないの?
という 期待を胸に ウキウキ出かけて行ったわけです。

あいにくの雨でしたが箱モノなのでALL OK!
まずプラネタリウムを鑑賞。
その前に
@次男が泣き叫んだ場合にそなえ、旦那さんと長男班と次男班のフォーメーションを確認
Aなるべく他のお客さんの迷惑にならないように
 出口に近い通路側の席を並びで4人分確保

まぁこれは割とどこの家庭も
兄弟児がいれば、あるあるですね。

プラネタリウムというよりドラえもんの
短編映画みたいな感じだったからか
嬉しいことに、次男君は思ったよりおとなしくしていてくれたので
運転の疲れは両親を 10分でスヤァ...!!させてくれました・・・!(人´3`*)

その後 スペースサイクルに並んだ長男君。
地上4・5メートルと1.5メートル2か所
に設置されたワイヤーを自転車をこいで
綱渡りしていく
。スリルを味わいながら重力を学べる。
比率としてはスリル>>>重力の学び。

30分ならび、ゼ中に安全装置を付けてヘルメットをかぶり自転車にまたがって・・・。

ティラリラリン♪ハンディカムの起動音が鳴る。
準備OK!いつもはスマホだけどこのために持ってきた!
が・・・
あれ?
出発しない?

 
え?

で、冒頭に戻る。

「コワいのでむり。4.5メートルはどうしても無理。」

係りのお姉さん(親切)が、
次の回のに挑戦してもらってもいいですし
マイナス20度が体験できる場所が1階にあるので
一度 気分を変えてみては・・・?

と言ってくれて
マイナス20度の世界に並ぶMY家族。
中には南極の氷(さわってもいいのよ)
もあり 
確かに寒いとちょっと気分が変わって冷静になる。

母「せっかくきたのに----!!」
と責めてしまったら すっかりしょげてしまった長男。

その後次男君もなかなかちゃんと列に並ぶことができず
リニアモーターカー
並んでても飽きてすぐにふっとどこかに行ってしまう・・・!
(体験する本人が並ぶシステムで親はならんじゃダメなの)
すると後ろにいた子がするっと前に行き
あ!と思うけど。
結局また並び直し・・・。
 
そして電磁誘導テーブルという
’(私に言わせてもらえば、)
一見地味なところに吸い寄せられるように行ってしまい・・・。
せっかくならんだのに〜
やっぱり次男君には並ぶとか順番と化の理解は難しいのかな・・・と」
と母だけが 勝手になんや別の要素で落ち込んでいったのです。

ちょっと、休憩しようと。1階の内テラスでお茶をしていると
長男が
「ごめんね、僕が自転車乗れなかったからママ 怒ってるんでしょ?」
「いや、正確には長男君のせいじゃないけど。
・・・じゃあ15時30分には乗れ「いやそれは無理!」
かぶせ気味にあまりにはっきり言われたので

なんかもう子供の為と思ってたけど
結局「これだけ並んだのに」とかそんなんばっかで
あんまり ちゃんと子供の為じゃなかったなーと

((○(´Д`)○))

いいじゃん!せっかく来たのに
長男君がただひたすら
何十回ボールを投げてるだけでも。
(スピードガンが設置された球速を測定するコーナー)

いいじゃん!
次男君が電磁誘導テーブル
(磁石が回転すると電磁誘導が怒る仕組み)を
中華料理店のテーブルみたいにくるくるくるくる
ひたっすら
回しつづけても。

2人が心から楽しいなら!
(どこに行っても、この二人はこんまんまなんだな・・・。。。ρ(-ω- )



結局ハンディカムには 
自転車にまたがっても
微動だにせず
いつまでたっても出発しない長男君
の映像だけが残りーの。

科学のとびらは自動ドアどころか 
重たい手押し式のとびら
で、
そもそも開くかどうかも分からないな〜
ということが分かりーの。

結局

気合の入ったお出かけが
最初から最後まで滞りなく
100%そのまま楽しいなんて
そんなわけない!
 
→6割楽しいぐらいで 恩の字である。(o´▽`o)(o´▽`o)ノ

という得難い教訓を得たことを 結びとさせていただきます。(ぺこり)


DSC_2549.JPG

読んだよ!のしるしにサンキュ!ボタン押していただけると
ショートケーキを目の前にした女子のように喜びます★ヾ(*´ω`)ノ゙

そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/09/04 01:25
130903_152106.jpg

ドーンと見えてきました!
北九州の戸畑区の小高い丘の上に立つ双眼鏡の様な 異様な存在感ある建物!
北九州美術館です★

130903_152101.jpg

雨の日を狙って 北九州美術館へいってきました!!

双眼鏡の部分は常設展示になってます〜
入口はエスカレーター上がって
大理石のエントランス★

3層吹き抜け〜
映画「デスノート」の撮影が行われました。
あぁ・・・藤原達也がここで叫んでたのね…
25年公開予定の 図書館戦争のロケ地でもあるのです。

平成10年には日本の公共建築100選にも選ばれたらしく
そのオレンジ色のプレートがエンランス上部に飾ってありました。

130903_162033.jpg


レオナール・フジタ展
を見に来たのです!
ひとえに長男君に本物を見せたいという親心!( ノω-、)クスン
うそです。
自分が久々に美術館の空気吸いたくなったからです(≡人≡;)スィマセン…

コレクション展Uでピカソ・マティス・ルオー 〜巨匠たちの版画〜があってました。

長男君にも 本物の絵を見てほしい ってのは本心なのですが…
三歳 男の子 好きなもの キョウリュウジャーと仮面ライダー ですよ・・・。
全然 じっと見てくれないわけです。

すっと走ってる。

ずっとBダッシュ。

なんなの?
君 歩くってコマンド無いの?
。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ママ。
学芸員さんからの視線が
ザクザク刺さってくるのめっちゃ感じた・・・。
それ 可視化出来たら  
ハリセンボンみたいになってたと思う・・・。

「長男君は どの絵が好き?ママはこの絵が一番好きだなー」

「えーーー。
この絵は怖い。
lこっちは怖くない。

こっちは ちょっと怖いかなー。」

違うよ!
その選別はママ聞いてないよ!!

その後 ピカソのお部屋では
すっかり飽きた長男は 
中央の観賞用のいすに座り

ずっと 投げキスの練習をしてました・・・

まあ、静かだったからよかったけどね・・・泣

( ;∀;) ウヒャ…

え?次男?
次男君は自分の声が反響するのが楽しかったらしく
ずっと
小っちゃく吠えてました。
あーとかうーとか。

所詮 太った赤ちゃんですから
大声を出さなかったので 皆さんあったかい目で見てくれました〜。

別室で流れていたレオナール・フジタの生涯的なDVDの声が大きかったので
子供が 多少喋っても 気にならないぐらいの うるささってのもありました。

きっと長男が騒がしいんだろうなー
と雨の日 閉館前一時間
を狙っていったので 客数もまばらで 
(レオナール・フジタ展 以外は貸切状態でした)
見やすかったです。


レオナール・フジタ展は絵の枚数のボリュームもあり
展示のされ方も 整っていて見やすく、
1200円当日券代の価値はあるなーと

 
子連れなのでじっくりは見れないのがつらい所(-∀-`; )ですが
まー
そんなもんです。

子供がいても、見に来れる!
現に ベビーカー押してる家族が3組いました〜☆


130903_162435.jpg

1986年に増設されたアネックスへの通路 ながーーい★
この雰囲気 好き!

130903_162609.jpg

次男君も走る走る!
・・・たまに止まる。

130903_162515.jpg

非常口を指さし確認! 押守!

130903_162623.jpg

こちらがアネックスでございまーす。
ドアボーイ 長男。
130903_162652.jpg

130903_162754.jpg

何となく 神殿っぽい雰囲気。

この先にコレクション展があってて
その扉の奥は
・・・・・
130903_163443.jpg
よいしょお!

130903_163339.jpg
テラスなのです。
ここも静かでねー・・・

声が響くのさー
・・・誰もいなくてよかったサー

次男 興奮して めっちゃ叫んでた…。
(・∀・;)


130903_163326.jpg
なんだか 静かな廃墟の檻の中の様な中庭・・・。
雰囲気有るなー とひたるママを置いて さっさと出て行く男の子2人・・・。

(;´Д`A ```

ま、ここは投げキスする相手 いないもんね。

130903_163941.jpg


長い 渡り廊下を再度 走り 階段を上がると エントランスへ。


130903_175342.jpg

物販で
どうしても気になった 
「二人の少女と人形」
可愛くない
この子たち可愛くない・・・けど
気になる・・・。

どっか気になる・・・。
なんで?

なんか心に爪痕が残る感じ・・・。

130903_175445.jpg

こういうものは、買っとかないと
ずっと気になって 気になって 3年ぐらい忘れられなくて
あの時買っとけば・・・と幾度となく後悔してきたので

エコバックで2600円と 高い!
 (私にとってエコバックは付録とかでもらうもの!
 ってか買ったことないし!)

けど


130903_175206.jpg


130903_175030.jpg


このタッセルも買っちゃいました。

でも今
冷静に考えたら・・・タッセルまでは
いらなかったかも・・・(^_^;)


フランス製ってのに惹かれたんだよなー
雰囲気に流されちゃったんだよなー(反省!

ああ でも悔しいので
なんか うまく生かす方法を考えます!

それもまた楽しい〜☆


よし!今日は 贅沢に元気をチャージしたので
しばらく分の
心の栄養は足りた感じ!

明日からがんばるぞーー!(^o^)丿

タグ(関連ワード):ストレス軽減育児 美術館
そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ