2017/10/19 16:47
IMG_0740.JPG

やっとハロウィンらしいことをしました、

と、いっても飾りのみ。

自分で作ったフェルトのこうもり、

IKEAの光るかぼちゃ、

文字ガーランド、

こども達とスペルを一緒に並べて、

と、イメージをしていましたが、

レゴやバス遊びで夢中になり、

私一人でもくもくと付け、

光るかぼちゃに一瞬大喜びし、

また遊ぶこどもたち。

仮装はやるかやらないか、、

ハロウィン当日の料理を頑張るか・・・


ドイツに留学していたころは

仮装したこどもたちが家を周り

お菓子をもらっていた姿があり、

とてもかわいかったのですが

ハロウィン=仮装

になりすぎて、

いまいちどう過ごしていいのかわかっていない

真面目さんは

飾り終わっていいかと

思っております。

みなさまの楽しみ方を

参考にさせていただき、

作戦を練ろうかな・・・




寒い秋の始まり、

みなさま温かくお過ごしください。

kikoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/10/15 07:26
ひとりおやつじかん。
IMG_0702.JPG

妊娠前の二年前、

ラムレーズンを作りました。

授乳後、解禁し

はまっているのが、

バニラアイスの上にかけること。

フワッと香るラムが

まったり癒してくれます。

コストコ経由、

スタバ豆のコーヒーとともに。。


そんなお供は

録画したものを再生すること。

楽しみにしていた

コウノドリ。

(また?あの話か、、
すいません)

こどもたちと一度めは見たのですが、

分からなくて

再再生。

何度見ても、

育児に対してリセットできます。


"出産したあとには現実が待っている。

出産した人も、していない人も

何かしらの事を抱えている"


サクラ先生の言葉が素敵でした。

こどもが欲しい、

産みたい、

いざ産まれるととても大変。

自分の時間もないし、

現実と向き合わないと行けない。


誰もが抱える

現実の一つ。



その言葉を聞くだけで、

産前産後の気分は軽くなったかなと思います。




こどもは未来なんだよ。
サクラ先生の言葉。



先を担う

やんちゃ盛りの二人。


IMG_0429.JPG

色々ありますが、

こどもたちの未来のために何が出来るか、

楽しいことをたくさん残すのも、

辛いことを和らげるのも

未来のこどもたちへの架け橋。

新たな視点で

こども達を見守ることが出来ました。



言葉の縁に感謝して

雨のにちようび、

今日も楽しみましょうかね。






kikoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/10/13 09:51
IMG_0646.JPG


コウノドリという名のドラマ。

2年前に初めてドラマ化され、

第二弾が今日から始まるそうです。

2年前、

長女を妊娠し臨月の時に

病院でこの漫画に出会いました。

待合室で読み、号泣。。。

涙目で診察を受けたのも懐かしい思い出です。

妊婦ともあって漫画にのめりこみ

一気に当時の最新刊まで買ってしまいました。。。


妊婦時代、

ブログで妊婦記事をあまり書かずにいていました。

万が一何かあったら、

という思いと、

妊娠できなかったつらい時期があったので、

妊娠したくてもできない人が見たら、

という思いからです。


娘のこともあまり書かなかったのも

どこかでそんな思いがありました。

が、今回のが

記録として少しお付き合いいただけると幸いです。

IMG_0647.JPG

まもなく2歳の娘、

おにいちゃんのまねっこが好きで、

口にする言葉をおいかけっこするように

真似ておしゃべりちゃんになりました。

むり、

が最近の流行り言葉だそうです。


そんな娘、

逆子で帝王切開予定でした。

最後まで治らず、

手術決定で前日に準備のため病院にきたら

お腹が張っていて、

逆子でリスクが高いので

緊急手術となりました。

急に車いすで運ばれ、

手術室へ・・・

腰への麻酔がとても痛くて

生まれたらマリメッコを着せる!!

と、当時頑張ってました。


手術に入って1時間、

元気な産声は聞けて安心したけど、

助産婦さんが心配そうにしている・・・・

その間がとても不安で、

その後、娘はICUへ運ばれました。

いきなり生まれたから

低酸素状態だったそうです。

低酸素は脳によくないので、

様子を見るためにICUへ運ばれたそうです。

長男の時は生まれてすぐに一緒に寝たのですが、

すぐに会えないつらさ、

ごめんね、

どうしよう・・・

お腹が痛い←帝王切開のため

いろんなことが入り混じっていました。

翌日、

痛いおなかをなんとか押しのけ

窓越しに見る我が子、、、

辛かったです。

元気に寝ているんですが、

2200gと少し小さく

両手で体が覆えるほど・・・

ごめんね、、、

としか言葉が無かった。

泣きそうな私に助産師さんが、

”在胎37週だから大丈夫!

早くお母さんに会いたかったんだよ”

と、声をかけてくれたときは本当に救われました。

持ってきた当時最新刊のコウノドリ9、10巻を読みつつ

miwaさんの主題歌を聞いていると

また涙・・・

泣いてるだけでは、いけない!

母乳を頑張ってもっていこうと

必死にだし、

産後3日後に母子同室となりました。


そんなこんなで

あれから2年。。。

大きなけが、病気もせず元気に育ってくれています。

ICUの記憶が大きいので

ついつい甘やかしてしまうし、

怒ることもない、、

逆に言えば、

こどもはあまり怒らなくていいものなのかなと

長女を出産して育児に対して意識が変わりました。



oio

久々に1巻を読みました。

改めて、

生まれてくる奇跡、

子どもたちと出会えた奇跡を実感し

心が温かくなりました。

ドラマはまた子どもたちと一緒に見るために

録画してゆっくり見ようかと思います。


何がいいたいのかわからない記事ですいません。。。。











kikoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ