2016/09/08 09:31
 
古着

昔は嫌煙していたのですが、

ある雑貨屋さんで

マリメッコの古着を見て

色褪せながらも

くたっと柔らかくなる

古着しか出せない色合いを見て

古着もアリかも、

と思えるようになりました。



image-a962c.jpeg

まもなく着れなさそうな

マリメッコの服を並べていると


赤白ボーダーを見て

息子が

”可愛い!”

と、ひとこと。

”じゃあ大きくなったらあげるね”

と、思わず約束をしてしまいました。

oio

マリメッコに問わず、

自分の着ている服を

こどもが着るのは数十年後、

もしかしたら好みも変わって

いらんわ、

と言われるかもしれない,

いや、言われるだろう。。

でも、タイムカプセルのように

嬉しそうな顔を思い出せるように

そのとき書いた絵とともに

箱にしまっておくのも

悪くないなと。

売ってお金に換えるのもいいけれど、

収納場所を少し増やしてでも

こどもたちに繋ぐのも

悪くないな。


いいものは

繋がる。


繋げる品物が分かるように

目を養っていきたいな。
oio

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。





kikoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)