2018/10/23 09:00

ブログアクセスありがとうございます^^

口コミサンキュ!からモニター依頼を受け、「全農ツアー」に参加しました。

10月21日(日)朝から息子と伊勢原市へ。
6月に米サンキュ!の田植えに参加させていただき、今回は稲刈りへ!



↓田植えの体験ブログはこちら↓



P1180559.JPG


今回も、前回に引き続きたくさんのブロガー親子さん、編集部のみなさんと一緒に
稲刈りの体験をさせていただきました。


P1180491.JPG


旬活工房のみなさんが大事に育ててくださったお米。
ありがたく、稲刈り体験をさせていただきました。


お米の稲刈りは3年ほど前に全農ツアーで息子と体験させていただいたことがあったのですが、
その時息子は年長さん。
3年生になって一人でできることも増え、
普段できない体験を私が想像していたよりもはるかに楽しんでいました。


P1180420.JPG


もくもくと稲を刈る息子。
カマを使うので目は離せませんでしたが、ほとんど私が手助けすることなく
一人で上手に稲刈りをしていました。


P1180414.JPG




息子が稲を刈って、私は束ねるという作業を体験させていただきました。
普段当たり前のように食べているお米がこうやってできていることを
目を見て、体験して知ることができる貴重な経験をさせていただきました。


普段食事をあまり食べない息子も、こうやって田植えや収穫を体験することで
お米作りの大変さを知ることができるし、お米への愛着もわいて、最近ではお米だけはきれいに食べるようになりました。




IMG_8140.JPG



刈りをして藁で束ねた稲は「稲木干し」します。
息子はこの稲木干しにすごくはまって(笑)何往復も走ってしてました。
私は束ねるのに必死で息子の様子をちゃんと見れてなかったのですが、
編集部の方や、旬活工房の方が教えてくださったみたいですごくすごく楽しかった!とずっと言ってました。
(帰宅した後も主人に「お米を干した」と伝えていました。)


IMG_8236.JPG




P1180499.JPG




とっても生き生きしてる写真ばかり^^
息子は私と違って物心ついたころから都会で生まれ育っているので
農業体験は本当に貴重だし、本人もそれは感じているみたいです。


少し前までは、「親子で普段できない体験ができて良かったな」って言うのが私の感想だったのですが、
もう息子も小学3年生。

「体験しながら身をもって学ぶ経験ができて良かった」と思うようになりました。
農業体験をすることで、食べ物を作る工程や、大変さ、普段食卓に並ぶものは機械ではなく
人が作っているんだということ。
いろいろと感じて学んで、きっと息子の中で経験が役に立ったりすることがあるはず。


IMG_7963.JPG



こんなにきれいに富士山を見ることができたのもとてもうれしい!


この米サンキュ!は後日全農ブロガーさんたちが袋詰めしてくれて
また販売もされるようです^^
絶対買いたい!!
みんなで収穫したお米だよ〜って話したら息子もぜったい普段よりお米食べるはず!


食べ物に思い入れを持つことって我が家の食育ではとっても重要。
食の細い息子がご飯を食べるようになるには、もっと食べ物に愛着を持ってもらわなきゃいけないなって
今回の体験で、私も学ぶことができました。




IMG_8313.JPG


みんなおなかペコペコでお弁当タイム。
私もあっという間に完食してしまいました〜(*^_^*)

D9B2AD95-0FC2-4726-8393-DF5F0634B3B3.jpeg



お米は米サンキュ!と同じ「はるみ」で作ったおにぎり。
あっさりとしているお米なので、個人的には味の濃いおかずと相性抜群だと思っています。


72382D0C-FB12-43E4-8CAF-543B864F963D.jpeg


新米の季節!
お米農家の方々に、今年もおいしいお米をつくってくださってありがとう!
って心から感謝です^^


***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

掲載許可は頂いています。


まるやま ひろこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)