2017/04/14 20:51
こんにちは

ご訪問ありがとうございます




2016年 4月14日 21時26分

震度7

4月16日 1時25分

震度7


二度も続けて 震度7という
大きな地震に襲われ

大きな被害を受けた 熊本地震から

1年が経ちました。




1年

この1年、熊本の皆さんは

熊本に家族知人のいる皆さんは

どんな思いで過ごされてきたでしょうか



この1年で
震度1以上の余震は 4291回

かなり揺れが強いと感じる 震度5以上だけでも
24回

(2017年4月9日現在)


そのたびに
あの怖い日のことを思い出して

辛い日々が続いたのではないかと思います。



現在も
仮設住宅で暮らしている方たちは
約4万5千人


復興のために
まだまだ 支援が必要な状況が続いているのだと思います。





何より 忘れてはいけないのは

被災された方々の 心のケアが大切だということではないでしょうか。




熊本地震の直後から
被災地に入って 子どもたちのケアをしてきた

公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン

先日、復興支援報告会を開き

その中で語られていたのが


「子どもたちの地震でショックを受けた心をいやすには
4〜5年かかる」



ということです。


地震後、
落ち着きがなくなったり 声が大きくなったり

円形脱毛症や じんましんのできる子どもたち

そして

昼間は平気でも
夜になると怖がり 一人でトイレに行けないという

子どもたちが 多くいるそうです。



セーブ・ザ・チルドレンでは

直後から避難所に「こども広場」を作って

避難生活で 遊ぶこともままならない子どもたちと

遊んだり 触れ合ったりしてきたそうです


地震をこわがって 親から離れようとしなかった子が

こども広場で 年の近い子どもたちと遊ぶと
笑顔になって帰ってくる

そのことがとてもうれしくて
心の支えになった、というお母さんの声が

サイトで紹介されています。




そして
子育て中のママパパを支える活動も
熊本から たちあがっています。




NGOマザー&アースくまもと

被災直後から
不安を抱えながら子育てをしているお母さんたちを
支えていこうと

育児サロンや 子育て教室、

産前産後のお母さんのケアなどの活動を

継続して行っています。



熊本のお母さんと子どもたちが
安心して暮らしていけるように



熊本の 助産院の先生を中心に
お母さんたち自身が
がんばっています。

 

 
わたしたちWithママは

東日本大震災被災地の子育て支援団体に
フリーマーケットの収益を寄付する活動を続けてきましたが、

熊本地震直後に
セーブ・ザ・チルドレンへの寄付

今年秋のフリマの収益を使って
NGOマザー&アースくまもとへの寄付

を行ってきました。



今も

YAHOO!ネット基金では
熊本を支援する団体や復興のために
募金をすることができます!


Tポイントでも募金できるので
おやつを買う代わりに♪
気楽に ポチッといかがでしょうか☆







今、
熊本城では 桜が見ごろを迎えているそうです



P1090220.JPG


熊本の方たちが

少しでも 明るい気持ちで 桜を見上げていてほしい


そんな思いをこめて

これからも 熊本の皆さんに
応援の気持ちを送り続けたいと思います。



最後になりましたが

熊本地震、そしてそれをきっかけにお亡くなりになった
228名の皆さまに

心よりご冥福をお祈りいたします







〜読んでいただいてありがとうございました〜

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
hossyさん☆コメありがとうございました!

勝手な私の想いを書かせていただきましたが、そう言っていただけてホッとしました…

そうですよね
直接被害のなかったこちらでさえ、長男は東日本大震災のことを覚えていて、地震あるたびに不安がりますもん

実際に怖い経験をされた被災地の方は…余震のたびにどれだけ不安な思いをされてることか…

特に子どもはそうですよね

わたしも親になったからこそ、防災について
深く考えるようになったのだと思います

家族を守るためにできること
親にしか、大人にしかできないこと
わたしも忘れずに考え続けていきたいです

どうぞ、これからも無理せず、
ゆっくり前に進んで行ってくださいね!
by みい太 2017/04/15
みい太さん
ありがとうございます胸がジンジンしました
この日を迎えるまで時々襲う余震に大人でさえ怯えていたと思います
昨日は国会の方々も熊本入りされ ちょうど仕事で市役所を訪れていたのでお会いしました。

防災無線から警報音が流れ1分間の黙祷も行われました

私自身、被災しこの一年でお家の復興修理だけでも概算で160万は超えました

ただ、我が家は人的被害はなく これだけは本当に
良かったと思います。
息子の心のバランスが落ち着いたように思えましたが
やはり余震があると「地震?」と必ず私の側に駆け寄ります。
その度に「違うよ〜風が強く吹いて窓にぶつかったんだよ」や
「違うよ〜ママがドンって足音を鳴らしたんだよ」
と言いながら慰めています。

明日は本震。
今できること。しっかり考えて前に進みたいと思います。
応援ありがとうございました♡
by hossy 2017/04/15