2018/06/10 18:00
こんにちは〜(^∇^)
ご訪問ありがとうございます♪


今日は雨ふり日曜ですね‥

実はワタシ、
筋金入りの「雨女」なんですよ〜(涙)


去年、
大事なオープニングイベントも雨だったし…



でも、昨日は!
気持ちのよい晴天に恵まれて♪


IMG_20180610_212157.jpg



私たち
キラリっ子ファミリーカフェと
子ども家庭支援センター、生涯学習推進センターとの共催講座

アドラー心理学講師
発達凸凹子育てサポーターの
野口せつこ先生の

「発達に不安がある子の思春期の子育て
〜小学生の親が今からできること」

を無事に行うことができました!


野口先生
講座の実現に向けて多大なご支援をくださった行政の皆様
そして何より
来場してくださった皆様

本当に本当にありがとうございました!



野口先生は、
ご自分も  高校生男子二人を育てている
明るくほがらかなお母さんです(^▽^)


ご自身の子育て体験をとおして

「子育て中のお母さんが
気持ちを楽にして 子育てに向き合えるように
お手伝いがしたい!」


アドラー心理学をベースにした
EML勇気づけ講座、
愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILE講座
などを 各地で行っていらっしゃいます。



昨日は
発達に不安がある子が思春期をむかえたときに
心配なことと

上手く乗り越えられるように
小さい時から どんな子育てをしていけばよいか

という内容を中心に
お話していただきましたが…



たくさんの学びがあったなかから
全体をとおして
いちばん 胸にしみたことがあるんです。




…みなさんは
こどもをどんな子に育てたいですか?



って、漠然としてるか(笑)



大人になっていくことをふまえて
子どもに身につけてほしいことはなんですか?




「ちゃんとルールを守れる子に」

「勉強をコツコツがんばれる子に」

「うそをつかない子に」

「規則正しい生活ができて
身の回りのことがキチンとできる子に」


育てなきゃ!

と思いませんか?




…かつてのわたしは、
そうでしたよ〜(笑)



だから、
忘れ物が多い長男に対して

「明日のしたくしたの?鉛筆けずったの?」
毎日ガミガミいいながら、


でも

「親に言われてたら、いつまでもできないままだよ
ほっといて 忘れて困る経験させたほうがいいよ〜」

と他のママに言われて
悩んだり…


どしたらいいの〜!?って。





野口先生がおっしゃるには、



「発達凸凹っ子が目指す人間像は

自分で何でもできる子でも
がんばり屋や おとなしいいい子でもなく

『愛され上手』の『お願い上手』な子です!」


「だから、
小学生のうちは
おおらかなぐらいの子育てでちょうどいいんですよ〜♪」


…もう、目からうろこですよね(笑)




‥つまり

できないこと、苦手な事を

努力してできるようにさせるのではなくて



苦手なことは『苦手なんだ』と自覚して

『困ってます!助けてください』

と素直に言えること


実は
生きる力なんですね!



これは
発達に 特に問題のない 普通の子どもたちにも
大切なこと。




だから、
忘れ物大王の長男には
たぶん

自分でやらせても
忘れたり まちがえたりして

先生にしかられて 失敗経験を積ませるだけだったんだと思います。


苦手な「明日の用意」は
お母さんに
「手伝って」
と言えることが
大事だったのでしょうね…

今思えば…





でも実は

「助けてください」って周りに言えることは
カンタンではないと思いませんか?



今、学校の先生に聞いても、

普通の子たちのなかでも

忘れ物をしても 何も言わずに泣いてたり
わからないことがあっても そのまま困ってたり…

という子が多いそう。




実は


『助けてください』と
周りに言えるためには、


「苦手なことはあるけど
自分はカッコ悪くない、大丈夫」

と思える自尊心があること


あとは
「助けを求めれば、周りは助けてくれる」
と 周りを信頼できる気持ちがあること


が必要なんです。




自己受容と
他者信頼

‥その大切な二つが
最近の日本の子どもたちには なかなか育ちにくいから

「助けて」のサインが出せない子が多いみたいです。




我が家の凸凹っ子長男も
普通学級にいるときは
まさにそうでしたから‥(笑)


でも
特別支援学級に転学して
今は
発達障害に特化したサポート校に入って

彼の良さを認めて伸ばしてくれる環境と
彼の困りごとを理解して受け止めてくれる先生たちに恵まれたことで

それまで言えなかった
「困ってるので助けてください」
すんなり出てくるようになりました!

その変化には
親も驚くほどでした〜☆






‥ところで…


大人の私たちも

「困ってるので助けてください」
が言い出せなかったり
うまく伝えられなかったりする人

多くないですか?


子育てで鍛えられる前のワタシは
そうでした!

だから一人で抱え込んで自滅したり(笑)

助けてほしいのに、
素直に言えなくて相手を責めて
ケンカになっちゃったり(笑)



ダンナさんに助けてほしいとき

不満をぶつけてないですか?

上から目線で「やって!」と言ってないですか?



逆に
周りのママ友、行政や民間の子育て支援サービス、学校や園…

「迷惑がられたらどうしよう」

「ダメなママとか、ずうずうしいとか、思われないかな」

などなど考えちゃって
助けを求められずにいないかな?



大丈夫!

「困ってるんです

あなたに助けてほしいんです」

と素直に伝えられたら



助けてもらえたら

「ありがとう!」って

感謝を伝えられたら



きっと 周りのひとたちは
喜んで 力になってくれるはず。

(一部例外の場合もあるのが世の中ですが…(笑))





大人も、子どもも、
社会で生きていくということは

必ず
廻りの助けを得て生きているわけで‥

だから
「助けてください」が言えること

そして
「あなたのためなら力になるよ!」
と言ってもらえるような
愛されキャラになること


それが
何よりの
「幸せな大人」になるために必要なのだと

野口先生のお話から
一番心に染みたことでした!






〜読んでいただいてありがとうございました〜
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(5)
まる子さん☆コメントありがとうございました!

昨夜お返事書いたのですが、長すぎたのか?反映されなかったので‥(涙)もう一度お返事書きますね
ダブってしまったらゴメンなさい!

助けを求めてくださって、ありがとうございました(^∇^)
本当にうれしいです!

‥なぜなら、
もし少しでも誰かの助けになれたら、と思った記事なので‥
私の気持ちを受け止めてくださって、ありがとうございました!

ワタシも、以前は人に頼ること助けを求めることがニガテでした‥
どうしてかなぁと考えると、
たぶん 相手に拒絶されて傷つくのがこわい気持ち
相手に弱い自分を見せるのが嫌な気持ち
などがあった気がします‥

でも今は
自分が誰かの力になれることはうれしいこと
助けを求めてくれた人のことを、弱い人だと思うことは絶対ない!と思えること
それがよくわかりました(^∇^)



以前まる子さんにコメントいただいたこと、
よく覚えてます!
その節もありがとうございました(^∇^)


お気持ちよくわかります!

ワタシも、いまだによく思いますもん‥
特に、同級生たちやそのママたちに会う機会があると‥
どうしても比べてしまうし、恥ずかしいと思う気持ちもあって‥落ち込みます。


でも、
その一方で、
この子がこの子でよかった、と思える瞬間も確かにあるんです。
今の学校に通いはじめて楽しそうな様子を見ていて、それがうれしいとも確かに思うんです。


子どもが完璧じゃなくてもよいように、
お母さんだって、完璧じゃなくてもいいと思うんです。

迷ったり、落ち込んだり、後悔したり‥

でもそれは、
子どものことを思って、子どもにとってよりよい道はなにかを考えているからで‥


まる子さんのお子さんは、
今相談教室で、居場所を得てイキイキできているのは

迷いながらも
まる子さんが
お子さんのために行動を起こしたからこそ、ではないでしょうか?


モヤモヤしたときは、
同じようなお子さんのいる方とお話してみてはいかがでしょうか?
モヤモヤしたり、そんな自分に落ち込んだり、‥
きっと、「わかるわかる!」と共感しあえると思うんです。


今は、みんなが中学で同じような学校生活をする義務教育の時期だから
そこから外れてしまった、と思うと
それが普通じゃないように思えて、つらいですよね(涙)

でも本当は、
いろんな子どもたちがいるのに
同じ学びかた、同じような学校生活で、同じように成長できるはずがなくて

それぞれ学びかたも、生活のペースも、人とのコミュニケーションの取り方も
ちがって当たり前で、それが尊重されていいはずなんですよね


中学時代に少し人とはちがう道を選んでも、
社会に出るときには いろんな選択肢から自分にあった仕事や環境を選ぶことができるので大丈夫
たぶん横並びを強いられる義務教育時代がいちばん親も子もつらいと思うよって
前に通級の先生に言っていただきました(^∇^)



だから、きっと今を乗り切れば、大丈夫!
無理せず、モヤモヤしたら、ワタシでよければまたグチってくださいね(^∇^)


的はずれなことを書いてたら本当にごめんなさい!


コメントありがとうございました(^∇^)






by みい太 2018/06/12
まる子さん☆コメントありがとうございます!

勇気を出してくださって
私に助けを求めてくださって
本当にうれしいです
ありがとうございます!

なぜなら
少しでも誰かの助けになりたい、という気持ちでこの記事を書いたので‥


ワタシも、元々は人に助けを求められない人間で‥
何でだろうって思うと、
たぶん 人に拒絶されて傷つくのがこわい、という気持ちや、人に頼ることで弱味を見せたくない、という気持ちとかがあった気がします‥

でも、今、
自分に助けを求めてくれる人の存在はこんなにうれしいんだ!と感じていて‥

あの頃の自分にそう教えてあげたいです(^∇^)


はい、以前いただいたコメント覚えてます(^∇^)
そのときもありがとうございました!


‥わかります
ワタシもいまだにその気持ちと戦ってます


先日も、次男の運動会で元の小学校に長男を連れていったとき

地元の中学に行ったかつての同級生たちが、仲良く集まっておしゃべりしているのを見て‥

正直、うちの子と比較して、恥ずかしいと思いました。うらやましいなと思いました‥

本人は意外とけろっとしてたのですが(笑)(表面上ですが)


頭では「みんな違ってみんないいんだ」ってわかってても、そう思えないときもいっぱいありますよね

でも 実は
心から「この子はこの子でいいんだ」って思える瞬間も、きっとまる子さんは感じていらっしゃる気がします。

相談教室という居場所を得てイキイキしてるお子さんの気持ちをちゃんと感じていらっしゃるのですから‥


こどもに完璧であることを求めなくてもよいように、
私たち母親だって、いつも完璧じゃなくていいんですきっと(^∇^)


迷ったり、落ち込んだり、
だからこそ、子どもの笑顔や成長が嬉しかったり

それを繰り返しながら
子どもと一緒に成長していきたいと、思っています(^∇^)


あと、
もしかしたら、
同じような中学時代を経て、今は社会に出て頑張っている人たちがたくさんいることを知ることができれば、
今だけを見て 周りと比較して苦しくなる気持ちが
楽になるかもしれません

また、同じように我が道を歩いてるお子さんとそのお母さんがいることを知るのも、励まされるかもしれません。


もし、もう一歩の勇気を出せそうなら、
そんなお話が聞ける場所に参加してみるのはいかがでしょうか

うちのキラリっ子のおしゃべり会に来てくださるお母さんたちは、みんな
来たときは深刻な顔してて
帰るときは見違えるようにスッキリした笑顔になってるのですよ〜(^∇^)


なかなかそんな場所が見つからないときは
ワタシでよけれぼまたグチってくださいね♪


長々とえらそうに勝手なこと言って‥ずれたこと言ってたら本当に申し訳ありません!

迷いながら、悩みながら、少しずつ一緒に歩いていきましょう(^∇^)




by みい太 2018/06/11
麻衣さん☆コメントありがとうございます〜(^∇^)

なんと!
もひとつのブログも読んでいただいたとは〜☆しかも全部〜
‥実は最近すっかり更新止まってて(涙)
でも書きたいことはいっぱいあるので!
麻衣さんのおかげで、また書こう!ってやる気がわいてきました〜(^∇^)
ありがとうございます♪


一年生ですもん
まだまだ一人で支度は難しい時期ですよ〜(^∇^)
しかも男子(笑)

とはいえ、きっとお兄ちゃんの様子を見ていて、いろいろと気がかりがあるから、支度のことも気にかかるのでしょうか‥

ワタシも、ずいぶん迷いながらでした‥
実母など、周りには「手をかけすぎじゃない?」と言われ‥
でも実際、本人の自主性に任せてると大変なことになるし‥

最終的には、
一緒に支度することを続けるのは、支度の仕方を身につけてもらうための練習だと思えばいいんだ!と思うことに(笑)
実際、何年も続けてると、少しずつワタシが手を貸す場面は減ってきたので‥


子どもって、ホントにいろんな子がいて
のみこみ早くてすぐにできるようになる子もいれば、
何度も教えてもらったり見本を見せてもらったりして繰り返しながらできるようになる子もいて

それは能力うんぬんじゃなくて、
一人一人の学びかたが違うだけなんですよねきっと。

プロセスやかかる時間が違っても、
最終的にその子なりの成長があればいいのかな、と
やっと思えるようになりました(^∇^)


‥ただ、
そこにいたるまえに、
失敗経験やしかられたり否定されたりすることを積み重ねてしまって、
自分に自信をなくしてしまったら‥
成長が阻まれてしまうことも
そんな子達を、周りでいろいろなケースで見ているので‥


だから、
心配しすぎて情けないって思う気持ち、ワタシもさんざん経験してるので(笑)わかるけど
情けなくないです!

こどもにとってどうしてあげることがいちばんよいのか迷ってるってことは、
こどもに寄り添いたいって思いがあるってことだと思いますもん。


「宿題なんかこわくない」の本も、
読んだことで「そっか、こんな選択肢をとってもいいんだ!」って、ワタシもすごく救われました〜☆


ワタシもいまだに迷いっぱなしですが(笑)

迷って、迷って、
こどもにとってよりよい道を探していきたいと思います!


一緒に迷いながら進んでいきましょう(^∇^)





by みい太 2018/06/11
助けて欲しい。思っていても中々
言えない私です。

でも勇気を出して
みい太さん 助けてください
聞いてください。

以前にもコメントしましたが
中学2年の息子 今は相談教室に通ってます
小学校からの不登校で 相談教室が彼に
とっての居場所だと思っています。

本人もイキイキとしていて️

でもそんな彼を見てると
私自身がモヤモヤしていて

周りの中学生と比べ少し幼い我が子
普通に中学校に通えない現実

その現実を受け入れられない
自分が嫌で…

子供が成長してくると同級生との
差に私が凹んでしまいます。

みんなちがって。みんないい。
呪文の様に唱えています️

助けて欲しい。私も少しずつ
周りの人に頼ってみます。

みい太さん ありがとうございます。
by まる子 2018/06/11
サンキュ!ボタン連打したい気持ちです〜(≧◇≦)
スッゴく参考になります。
もうひとつのブログ、全部読ませていただきました。
息子が小学校に上がってからの「翌日の支度」に本当に悩んでまして・・・(>_<)

今はいっぱい手伝っているんですけど、自分の子供のころを思うと母はノータッチで、私は毎日学校で怒られていたな・・

息子に手を出しすぎているかな・・、とか

でも息子は注意されると絶対ものすごく落ち込むだろうから、不登校につながるかもしれない・・とか

そんなことまで心配してる自分が情けないな・・と思うのですが、やはり心配で(ノД`)

みい太さんがオススメしていた「宿題なんかこわくない」という本も買って、読ませていただきました。
すごく参考になって気持ちが軽くなる本でした。
by 堀江麻衣 2018/06/10