2018/11/05 20:07
こんにちは(^^)
ご訪問ありがとうございます♪


昨日の午前中に参加した講座

IMG_20181104_110908.jpg
‥ある一地域の
「避難所運営について考える」
講座だったのですが‥


実はこの講座、
今年の初めにワタシが
「こんなことをやりたいんです!」

市内の団体交流会でお話させていただいたことから
不思議なまでにご縁をつなげていただいて実現した
夢の第一歩だったのです!


‥最近相次ぐ災害のたびに

障害を持つ方たちが
避難生活で大変な苦労をされているのを
耳にするたびに

胸が痛い想いをしておりました‥


だって
明日は我が身ですから!


‥うちの長男のように
「発達障害」
と呼ばれる
見た目には分かりにくい生き辛さを抱えている方たちも
同じように災害時は
本人も家族も辛い生活が続くのです。


‥何かできないか‥

考えていたときに

福島県で活動されている
ある発達障害児親の会さんが

他の障害者団体さんと協力して

障害者の生きづらさと
被災時に助けてほしいことを
一般の方に知っていただくための講座を
開催している記事を

目にしたのです。


これだ〜!と
その会の代表の方に連絡をとらせていただき

いろいろと教えていただくなかで

私たちの市でも
このような機会を設けたい!と
思ったのです(^^)


ただ、
私たち当事者から
「配慮してください!」
と声をあげるのは

とてもデリケートで
難しいことでもあります。


突破口が見つからないときに
ちょうど参加した
市内の子育て支援団体の交流会で

思いきって
「こんなことやりたいんです!」

口に出してみたら‥


ちょうど参加していらした
行政のかたが

市内の防災ボランティア団体に
つないでくださったり

「やってみたいね!」と言ってくれる
子育て支援団体さんと協力できたり‥


つながったご縁の結果

要配慮者の支援に焦点を当てた
避難所運営の講座を
防災ボランティア団体さんが行ってくださったのです。


‥たぶん
私たちだけでは行き届かなかった

要配慮者も「自助」
‥自分たちで備えが必要だということを
分かりやすく教えていただくことができました。


今回を契機に
ほかの地域でも行えるといいな‥



まさか年内に
実現するとは思いませんでした、
正直。


夢は
あたためるだけじゃなくて

口に出した方が

叶うのかもしれませんね。


‥そしてもうひとつ。

「やりたいんです!」と
ずっと売り込みしてた
「発達障害児の家庭向け防災講座」

この講座も
子ども家庭支援センターさんが
主催で行ってくださることになりました。


‥いろんな災害があった今年だからこそ
やりたかったこと。

なんとか年内に
2つもできることになり
感無量です。


もっともね、
バタバタして
講座の準備、めっちゃ遅れてる〜っ(涙)
がんばります!





〜読んでいただいてありがとうございました〜



みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)