2019/03/11 13:23
こんにちは

ご訪問ありがとうございます。




2011年3月11日
14時46分

あの大震災から
8年が経ちました。




…テレビ欄を見ても

特別番組は ほんとうに少なく

通常番組のなかの
ワンコーナーで取り上げられるカンジ。



もう8年だよ?

みんなもうフツーに生活してるんじゃない?


…だって
3年目のフリーマーケットで

「まだ支援が必要なの?」

って何人かの方から聞かれましたもん。




…それは
ちゃんと 「被災地のいま」を
知ってるからこその
感想ですか?




そんなエラそうなことを言う私だって
知ってることは メディアからの情報でしかなくて
わずかです。



でも。



毎年、
YAHOOの特設サイトで
「被災地のいま」を
見るたびに


まだまだ造成中、工事中の
写真を見て


「まだ途中なんだ…」


と実感します。





もちろん!

この8年
復興に向けて
たくさんの人が努力してきて

その成果は
着実に形となっています。


この7年
釜石〜宮古の間が不通だった

南三陸リアス線が
3月23日に全線開通します!




岩手の南北を結ぶ鉄道であったリアス線。

…ちょうど 真ん中部分だった
JR山田線の部分が
震災により 不通となり…


学校、通勤など
生活に必要な足として

観光客の利便性をよくする交通機関として

全線開通は

岩手県沿岸住民の
悲願だったそうです!






…ただ。

復興がすすむ部分もあれば

すすまないまま、
光があたらなくなってしまった部分もあります。




たとえば、
住む家のこと。


いまでも「仮設住宅」
暮らしている人たちが

岩手・宮城・福島の3県で

3418人

いらっしゃいます。




確かに
ピーク時の11万6565人からは
3%までに減りました。



でも。
まだ3000人以上いる、という現実。



しかも、
この3月末で

岩手・宮城の仮設住宅は

提供終了となります。


2609人が
仮設住宅を出なくてはなりません。



…ほんとはね

仮設の次の受け皿となる
「災害公営住宅」は
必要予定数 ほぼ完成しているんですって。


でも
そこに移らず、仮設住まいを続けてる
人たちがいる。


「どうして引っ越さないの?」


そこにね、
もっと光があたってほしいと思うんです。



地域のコミュニティができていて
近所のみんなと支え合って生活してきた
仮設住宅から 離れて


知り合いのいない
団地のような公営住宅に引っ越したことで

歩かなくなって
介護対象になったり

孤独死の問題さえ起ったり。




高齢者にとっては

「新しい家ができたんだから
引っ越せばいいじゃない」

とは簡単にいかない
いろんな課題があるんですって。





もうひとつ

時間が経ったからこそ
出てくる課題もあるんですって。


「心のケア」




2013年に開設された

「いわてこどもケアセンター」


東日本大震災で強いストレスやトラウマを抱えた
子どもたちに
専門的な治療を行う専門機関です。



ですが

今でも
受診者は増え続けているそうです。


「幼かった子どもが成長して
ようやく苦しみを打ちあけるケースが
今も 一定の割合である。」

とのこと。


実は
熊本地震の被災地でも

今でも
心のケアが必要な子どもたちが
増え続けているそうです。



「時間がたったから
もう心の傷も いやされたでしょ」

とは
決して言えない


そんな実状を理解していきたいと思います。






8年経ったけど

8年経ったいま だからこそ

わたしになにができるんだろう。

なにが求められているんだろう。


それは
ずっとずっと これからも

考えていきたいと思います。




とりあえず
いまのわたしにできたこと。



Yahoo!3.11特設サイト
「いま、わたしにできること」


「3.11」で検索をして
支援団体に1円の寄付。



「『寄付』は、応援になる」
応援したいと思った団体さんに
この日のためにためておいた
Tポイントを寄付。



「『知る』は応援になる」
被災地の今を データや写真で知る。



「『買う』は応援になる」

15522695863288917269407759451740.jpg

今まで購入してきた
大漁旗ミサンガと
ペンケース

どれも大事に使ってます(^▽^)


今年はどうしようかな〜




「防災を考える」
過去から学ぶことが
過去を活かし 未来につなげることになる。


「全国統一防災模試」
ぜひチャレンジしてみてください♪








いま、わたしにできること。

いっしょに考えていただけると
うれしいです(^▽^)



最後に

東日本大震災で亡くなられた
15,897人の方々(2018,12,10現在)

関連死で亡くなられた
3,701人の方々(2018,9.30現在)

心よりご冥福を申し上げます。




そして
行方不明の2,534名の皆さま

どうか
家族のもとへ帰れる日が来ますように…
心よりお祈りいたします。






〜読んでいただいてありがとうございました〜

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
fujiyukaさん☆コメントありがとうございました!

ホントに代弁できてましたか?
そう言っていただけて、本当にありがたかったです(^^)

被災していない、遠くから見てるだけの人間に
何がわかるんだって
そう自問自答しつつ‥でも毎年書いてしまい(笑)

子育て中でボランティアにも行けず、ドーンと大金寄付することもできない私に何ができるのかな、とあのときからずっと考えてきて
知る努力をすることと それを発信することならできるかな、と。

でもやっぱり、現地の方の声が、いちばんリアルに伝わりますね(^^)

何をもって復興といえるのか‥
きっと同じ場所に住んでても、人によって状況も想いもちがうでしょうし‥
特に時間がたつほどに明暗の差が出てきている気がして、難しさを感じます‥

各地にボランティアに行かれてるお友達、すごいです!
報道よりやっぱり生の声がいちばん伝わると思います(^^)
みんなじゃなくても、一人でも多くの人に伝われば、それが広がってくかもしれない!ぜひぜひお友達にも発信し続けてほしいです♪


そうだ!前にデイリーで記事書かれてましたよね(^^)
面白くて5日全部読ませていただきました〜♪
さっきブログに遊びに行かせていただいて「あの『んだな日報』の方だ〜!」ってうれしくなりました(^^)

また遊びに行かせてください♪ありがとうございました!



by みい太 2019/03/12
こんにちは(°▽°)
私の気持ちを代弁してくれている…!と思いコメントしちゃいました。岩手県人として感謝です。
時間が経つにつれ、報道も少なくなるし、明るい話題は取り上げられるけれど影の部分は…ですもんね。
私は九州や北海道の災害については、現地にボランティアで入っている友人から情報を得ています。友人はFacebookでも積極的に現状をあげていますが、皆が皆目にすることではない訳で…
実際の姿と報道で若干美化されている姿の差が辛いですよね。
何をもって復興とするのか、そこは難しいところだなと改めて思う今日この頃です。
マスコミに報道されない分、現地の様子を私たち住んでいる人間が発信するのも大事かな、とも思いました。
いろんなかたちで支援してくださる方のためにも…(^^)
by fujiyuka 2019/03/12
ohanaさん ありがとうございます!

私こそありがとうですよ〜(^^)
いつもね、えらそうなことついつい書いちゃうけど
当事者でもないくせに
わかったような口をきいて‥って
何がわかるんだ!‥って
反感買ってるんだろうな〜とびくびくしてるんです(笑)

でも
それでも私の記事を読んで一人でも
被災地に気持ちをまた向けてくれたら
行動を起こしてくれたら

‥そう思うと、反感に負けてられない!と思うんです。

ホントに、的外れではないですか?
よかった〜(^^)

もちろん、被災地の方でも
みんな今の気持ちや考えはちがうだろうから
すべての人の代弁なんておこがましいことは考えないけど、

ohanaさんがそう言ってくれたことで、
少なくとも一部の方々の気持ちはみんなに伝えられたのかな‥と
心から安心できました!

ホントにありがとうございました〜☆
by みい太 2019/03/11
みい太さん、こんにちは
いつも東日本大震災について書いていただいてありがとうございます
震災当時東北に住んでいて、その後福島に住んでいて
友達や周りの人たちの経験や苦悩を見聞きしてきました
それをブログに書いていいのか迷っていると、
いつもみい太さんが私の言いたいことを書いてくださっていて
本当に救われています
「そ、それ、私が言いたかったのよ〜ありがとう!」なんて大声で叫んだりもしてます
これからもぜひぜひよろしくお願いしま〜す
by ohana 2019/03/11