2019/04/15 20:52
こんにちは

ご訪問ありがとうございます


昨日 4月14日と
明日 4月16日とで
熊本地震から 三年になりました。


‥先日、何かの記事で

「風化していくのが怖い」

という被災者の方の言葉に対して


「風化させたくないというのは
後ろ向きなのでは?」
というコメントがついていて。



たぶん、このコメントをされた方は、
いつまでも過去にとらわれていては
前に進めないから
振り切って前に進んでほしい、
という励ましの思いで
コメントされたのだと思います。


それも、よくわかります。

実際、
東日本大震災の被災地でも、
「いつまでも 暗い、可哀想なニュースばかり取り上げないでほしい
ちゃんと被災地は復興してるのに」
という声も上がっていると聞きました。


でもね。
この被災地の方の

「風化させたくない」

という思いは

決して後ろ向きな
過去の失ったものにとらわれたものでは
ないように
私には思えたのです。



‥実は先日
また 東北を訪れることができて
そのとき

IMG_20190412_055943.jpg
南三陸の「ホテル観洋」さんで
こんなパネルがありました。

ここでは
東日本大震災だけではなく
日本各地の災害被災地とネットワークを作って
被害や復興についての展示が行われています。

その中の
語り部活動についてのパネルにあった
IMG_20190415_184210.jpg
「あなたに助かってほしいから
5000年先まで伝え続けます。」


‥この言葉に尽きるのでは、と
思いました。


大災害によって

生活を
思い出を
大切な人を

失った方たちが

どれほどの想いを抱えてきたか


経験していない私には
はかりしれないものだと思います。


だから

今はまだ先が見えずにつらい日々であるか
前を向いて歩き出せているか

‥それは
周りが 時間や状況ではかれるものではなく

本当に
人それぞれだと思うから

決して
「被災者」ひとまとめにせずに

一人ひとりに寄り添っていかなくては
ならないんじゃないかな。


だけどきっと
多くの被災者の方々に共通するのではないかと思うのは

「もう二度と
こんな悲しい苦しい想いをすることが
起こらないでほしい」

「自分たちの経験を
亡くなった人の存在を
無駄にすることなく
活かしてほしい」

‥ではないかと
わたしは勝手に思うのです。


それは

自分たちの苦しい経験をもとに
他の誰かを助けたい

という

とても前向きで
尊い一歩だと思うのです。


それがきっと
「風化させない」という想いだと
私は感じています。



もちろん、
まだ道半ばであることも
私たちは
忘れてはいけないと思います。

今年4月の新聞には



熊本県教育委員会は10日、

2016年の熊本地震の影響でスクールカウンセラーによる心のケアが必要とされた児童生徒数が、

今年2月時点で1804人だったと発表した。

県全体では減少しているが、新たにケアが必要と判断された子どもは557人で、3割を占める。

熊本市の小中学校では増加傾向にあり、地震から3年近くたっても被災体験が多くの子どもの心に影を落としている実態が明らかになった。

(西日本新聞より引用)

まだまだ心のケアが必要な子どもたちがいて
3年たってから症状が現れている子も多いことを伝えています。


仮設住宅には
ピーク時の4割になりましたが
今なお約7300世帯が入居しています。


力強く前に進んでいることを
応援しながら

一方で

まだ道半ばの現状も
目をそらすことなく知っていきたいです。


最後に
熊本地震と その後の関連死を含め
273名の皆様のご冥福を
心よりお祈りいたします。


〜読んでいただいてありがとうございました〜
**個人の感想です。**

**写真は掲載許可をいただいております**

みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)