2019/05/11 21:29
こんにちは〜(^^)

ご訪問ありがとうございます♪


東北旅行記の途中ですが
ちょっと別の話を‥


最近バタバタしてて
なかなか新しい小説とか新書とか
読めてなかったんだけど

15575760792668087748449080993966.jpg
久しぶりに読んだぞ〜!ってカンジ(^^)
充実感〜♪


GWのはじめにこどもと図書館行って
どーせだからと
読んでみたかった本をドサッと(笑)


「太陽の子」灰谷健次郎
子どもの頃から
私の心の奥底にしっかりと根付いてた本
この本を読んで
戦争について考えを深めようと思ったし
いつか沖縄に行きたい!と
私の沖縄への憧れは この本からでした

灰谷さんの本は本当に重い
そして 
キレイじゃないことを描いてるのに
澄んでる

久しぶりに読んで
気持ちを磨いてもらった気がします

「兎の眼」も大切な本です



「ルポ 消えた子どもたち NHK出版」
虐待の報道があるたびに
心が痛むのは 
みんなそうだと思います

でも実は
報道にも至らないところで

苦しんでることに気づいてもらえず
その子の存在すら社会に知ってもらえず

そんな子どもたちがたくさんいる現状では

救いの手を差しのべられないですよね

社会のせいにするのは簡単だけど
一人一人ができることはないのかなあ‥

考えさせられる本でした。


「人魚の眠る家 東野圭吾」
映画化されたときに気になってた本

私も親だから
もし子どもの身に何かあったら
どんな手段を使ってでも助けたい
その狂おしいほどの気持ちがよくわかって

やっぱりお母さんに感情移入しましたね‥

最後の最後の結末に
やられました‥
そうつながるのか!



「朝が来る 辻村深月」
これもずっと気になってた本
今年の映画ドラえもんの脚本書かれた
辻村さん
元々好きな作家さんです(^^)

‥これもテーマは「親の思い」かな

親の一方的で独善的な愛で
人生を狂わせていく子どもがいて

一方で
血のつながりよりも強く
信頼と愛情で子どもを育む親がいて

辛い形で交差したその出会いで
最後 片方が救われていくんだろうなと

重い話だっただけに
ラストシーンにすごく救われました。



いや〜
やっぱり時間と余裕あるときでないと
なかなか本読み込めなくなってたので‥

そーゆー意味では
GW、ありがとう〜(^^)



〜読んでいただいてありがとうございました〜

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)