2014/09/28 10:19
こんにちは〜晴れ
ご訪問ありがとうございますっるんるん

うわ〜 けっこう更新があいちゃったな〜あせあせ(飛び散る汗)
その間も遊びにきてくださった方々、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)



さて、

前回の記事で (→☆
「二男くん ひらがな書けるようになりました!」と書きました。

P1000947.JPG

そのとき、
自分で書いてて ちょっとひっかかったこと。


「書き順や 整った字形で書くことは
1年生になってから 習うから いいや〜」


みたいに思ってたので、そう書いたんだけど、


テレビやら本やらで聞くのは

「間違って覚える前に
正しい書き順や字形を きちんと覚えましょう」

ということですよね。

おや、我が家 矛盾してる〜あせあせ(飛び散る汗)


それができれば、たしかに一番いいですよねぴかぴか(新しい)




これは、
あくまで ワタシ個人が 我が家の子どもに思うことですが…



初めて 「字を書く」ということを覚えるとき。

大事に育てたかったのは、

「字を書いて 表現できることは楽しい!

気持ちを伝えるのは 楽しい!」

ということでした。



なので、
周りの子たちがどんどん字を書けるようになって
お手紙なんか くれるようになったりしても、

「あなたも字の練習しなさい!」とは
言わずにきました。

「代わりにお母さん書いて〜♪」と言われても
気もちよく書いてあげました。

「自分で字が書けると、好きなように書けていいよ〜揺れるハート
とは さりげなく言ってましたがたらーっ(汗)



そうやってると、
自分から 「字を書けるようになりたい!」って思う時期が
ちゃんと来るんですよ!!

(あののんびり長男くんでもそうでしたもん♪)



お兄ちゃんのマネをして
妖怪のカードとか 作るときに
「お母さん この字、こんなカンジだっけ〜?」
とか 聞きにくるようになって。


そろそろ ころ合いかな?と思って、

「1年生準備の前に、
ひらがな 書けるようになってみよっか?」

と誘ってみたら、

「やるやる〜exclamation」 と 飛びついて来たわけです手(チョキ)


最初は 自分の名前から。

H26.9.27ひらがな.jpg


こんなカンジでプリントを作って
「なぞる→マネして書く」
を繰り返しているうちに、マスター!ぴかぴか(新しい)



つぎに、五十音。

最初は「あいうえお」も同じようなプリントを作っていたのですが、

二男くんのやる気がものすごく!
プリント準備がおっつかないあせあせ(飛び散る汗)


なので、

ノートに ワタシが書いて見せてから
それをなぞる→下の段にマネして書く、という形に。


いつのまにか、
ワタシがしらない間にノート引っ張り出して練習するように!

H26.7.29チャレンジ7.jpg

(まあ、
勉強終わってからゲーム!
という約束だったせいかと思いますがたらーっ(汗)



そうなると、
だんだん 書き順も 自己流になってきます。


でも、そこで

「お母さん かけたよ〜グッド(上向き矢印)」って
ピカピカ笑顔でノートを差し出す二男くんに、

「ここ 書き順まちがえたでしょ、ここ字がヘンな形だよ」

って 直させる気には…  ならないですよね…


「すご〜いexclamation 一人で書けたね〜ぴかぴか(新しい)

と とにかくいっぱい ほめましたかわいい



ワタシが見てあげながらの練習のときには

「ここは この順番で書くんだよ」

など 教えながらでしたが、

それも あまりしつこくは言いませんでした。 



とにかく、今は、

「自分で字を書ける!」

ということの うれしさと楽しさを、知ってほしかったんです。



その子の性格にもよりますが

うちの二男くんは、そばであんまり口出しされるといやがるタイプ。

だったら、

小学校で みんなで習う時に 書き順などは確認すればいいのかな〜と。




あとね、

小学校に上がる前に
あまり カンペキに!教え込まれちゃうと、

学校の勉強始まってから

「あ〜 ぼくこれ書けるし〜 もう聞かなくて大丈夫〜」

…になるのですよ…

そうなると、
新しい内容が出てきても 授業を聞く姿勢になってない。

そういう子は 家でしっかり勉強してるから
勉強はできたりするんだけど、
楽しそうじゃないし、どこか態度がよくないんですよね〜


この傾向は、
入学前に かなりみっちりお勉強をしてきて

勉強を 「面白い!」と思えなくなってしまってた子に
特にみられました…


(小学校低学年を教えてたことがあるので
その実体験から)




小学校にあがって みんなについていけないと
かわいそうだから、困るから。


そんな気持ちで
一生懸命 いまのうちに勉強させたくなるのは
親ゴコロですよね〜かわいい

マイペース長男にイライラしてきたから
すっごくわかりますexclamation



でも、

今は、

「新しいことを覚えるのは 楽しい!

できなかったことができるようになるのは うれしい!」

っていう 好奇心や 満足感を

いっぱい育てて 大事にしてあげたいです。



そうすれば、

小学校の授業が とっても楽しく受けられると思うから。




後日談。


ひらがなが書けるようになった二男くん、
最近 お手紙を書くのが マイブーム。

先日、
「はい!」と お手紙をもらいました。


(大事に写真とったはずなんだけど、
今データが見つからない〜あせあせ(飛び散る汗)


「おかあさん いつもありがとう
だいすきだよ」

って 折り紙のウラに書いてありました。



…カンドーしました〜ぴかぴか(新しい)


字を書いて 自分の気持ちを伝えることを
楽しい、うれしいって 覚えてくれたのかな。


きっと
1年生になっても、
いろんなことを 楽しく吸収してくれるよね。


おかあさん、応援してるよ!




〜読んでいただいてありがとうございました〜

今日書いたのは、あくまで ワタシ個人の思い、考えです
決してこれが正しいとは思いませんし、
子どものタイプによっても 合うやりかたは違うと思います

あくまでひとつの見方として読み流していただければ 幸いです






タグ(関連ワード):入学準備 お勉強
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
とみいさん☆コメありがとうっ

長男くんすごいね〜!!漢字かあ… うちの小3長男、漢字超ニガテなんだけど(汗)

う〜ん…むずかしいねえ…
きっととみいさんの長男くんにとっては、漢字がカッコイイ記号とかマークみたいに見えるんだろうね〜

それへの興味はまた別として、ママと一緒にひらがなの勉強をする時間、っていうのも 子どもにとってはうれしいかもしれないネ♪

ホント、対応も時期も 子どもによってどうするのがよいのかは違うと思う!
そして それに一番気がつけるのは 一番ながく一緒にいる親だと思うから。

ぜんぜん大きい心で対応できてないけどねワタシ(笑)
お互いママ業も修行だね! がんばろー!!
by みい太 2014/10/02
こんばんは!もうビックリですよ!!
我が家は長男にひらがな教え始めたところなんです(笑)
ウチもみい太さんと同じ考えだったんです(過去形w)

と、いうのもひらがなを覚える前に漢字に興味持ち出し最近はどこで覚えたのやら画数の多い漢字ばかりを書いていて…

興味を持つことは良いこと。
ここで注意したら本人の意欲をダメにしてしまうか…

でも書き順はもちろん、ひらがなをマスターする前に(カタカナも読めないものもあり)書き順も違うし鏡文字…

旦那に相談し、やんわりと本人に説明(笑)→話聞かない→また説明…

と繰り返して一緒に最近勉強し始めました。

私もみい太さんのような大きな心で育児できるようになりたいです(-_-;)

興味をもったことに対して親がどう対応していくか。

今後も我が家の課題になります〜(^_^;)


by とみい 2014/09/28
由紀子さん☆コメありがとう!

またまたえらそうに書きましたが…長男のときには(今もか)やっぱりうるさく言って失敗したこともたくさんありましたわ…
やる気を大事にしたいけど、本人のやる気を待ってたら 全然すすまなかったりするし…
また、最近は1年生からすっごく宿題の量多かったりするし!自分が子どもの頃、こんなに勉強大変だったかな?って思っちゃう。

子どもによって得意不得意があったりするし、どこを目標に設定するかは ホントその子によって違うんだよね
たとえば うちの長男は 書ければOK!てレベルだから、もう字のキレイさは求めないことにしたし(笑)

怒っちゃうこともあるけど、そのぶんいっぱいほめてあげたいな〜と思います☆
by みい太 2014/09/28
みい太さん、おはようございます♪

次男くん、字で表現できる楽しさに気付いて良かったですね。
うちの娘は1年生で、宿題で字を覚えているんですが、ついつい「もっときれいに書きなよ」と怒っちゃうんですよね…ダメだよと思いつつも、ついつい(笑)

みい太さんのブログを読んで、娘が字を書き始めたころを思い出しました。うちも手紙攻撃でした(笑)

その頃の気持ちを思い出して、温かく娘の宿題を見守れるようにしようと思います。少しは口を出すかもですが(笑)
by 大塚由紀子 2014/09/28