2014/10/10 13:50
こんにちは〜晴れ
ご訪問ありがとうございますっるんるん


最近、
「トイレトレーニング」という言葉を
また 耳にする機会が増えまして。


あれだけ やっきになってたことなのに、
最近は すっかり過去の話になってましたねえ…


現役で 小さな子ども育ててる真っ最中の
ママさんと
友だちになったり お話したりする機会が
最近ふえたから、かな。


「夏は おむつはずしに いい」
と聞いたので
トイレトレを始めたけど、うまくいかないな〜とか…


2歳になったからはじめたけど
うまくいかない、
いつまでにはずしたらいいんだろう?
とか…



うんうん。
迷う気持ち、
すっごくわかります。


初めての子どもって、
何をするのも 初めてだから、

よりどころの情報って
育児雑誌や 同じ年の子どものママ友。


だから
「夏に オムツをはずしましょう!」
って言われたら、
「夏を逃したら はずすの大変になるの??」
って焦るし、


他の子が

「トイレトレはじめたのよ〜」
「パンツになったよ〜ぴかぴか(新しい)

なんて聞けば、
そのペースに合わせなくちゃ、
乗り遅れたら 問題があるんじゃ…


なんて、やっぱり焦る。



「トイレトレがすすまない、どうしよう…」

あせってたり 不安だったりする お母さんは

それだけ、
まじめで 子育てに一生懸命なんですよね。




かくいうワタシも、
情報に右往左往されて、
長男のトイレトレにふりまわされました…たらーっ(汗)


それを 通り過ぎた今だからこそ!
言えることなんですが。



「おむつのはずしどき」
って、

オトナが決めなくていいと思うんです。


まずは、

子どもの心身の準備がととのったか。



しょっちゅうオシッコ出ていたのが、
ためていられるようになって
オシッコの間隔があくようになった。


オシッコやウンチが出たのを意識できて
「シッコ 出たよ〜」
と 教えられるようになった。(しぐさでもOK)


などなど。




そのタイミングまで 待って、それをつかめれば、
実は
そんなに 長くかからないで
はずれちゃうことも多いんですって。



「夏に トイレトレしましょう!」
って言うのは、

・薄着なので すぐにトイレに座らせやすい

・おもらしして 服がぬれても 風邪をひきにくい

・厚手のじゅうたんや ラグをどかしておけるので
掃除もしやすい



…などの、オトナの都合でもあるんです。


もちろん、
お母さんが 負担なく進めやすいことが
トイレトレの 大前提なんですが、

そちらにばかり目をとられて、
子どもの準備がととのっていないのに
トレーニングを始めると、

なかなかうまくいかなくて
ママも子どももつかれちゃう…

ってことに なることもたらーっ(汗)



実際、
うちの長男くんは

一人目育児ではりきってた ハハのせいで
2歳前後から 始めたけど…

トレパンから おしっこもれて
ズボンも周りもびっしょびしょになっても
全然気にしないで 遊んでいたのですよ〜あせあせ(飛び散る汗)


最初は
「怒っちゃいけない、笑顔えがお〜exclamation」と
笑顔で対応してたけど、

二人目妊娠中で カラダもしんどかったので、
だんだん しんどくなってきて、

「なんでおもらししちゃうの〜っexclamationむかっ(怒り)
どなりまくることも…



結局、はずれたのは
幼稚園に入園する まさに直前!

急に
「ウンチでる〜」
と自分から言い出して!

それ以来、
オシッコもウンチも
自分からトイレに行ってできるようになったんですねぴかぴか(新しい)



成長とともに、
ちゃんと カラダも心も 準備が整うんですネ。

それが早いかゆっくりかは、
まさに その子の個性。

能力の違いでは、ないんです。




保育園の先生に聞いたところ、

今は 保育園でも
そんなに急いではずそうとはしないそうです。

1歳児クラスにあがって
月齢の高い子から 部屋にある おまるに座ってみたり、
活動の合間に 時間を決めてトイレに行ってみたり。

それを繰り返していくうちに、
自然と できるようになっていくそう。



だからといって
「保育園に入れて早いうちから集団生活に慣れた方が
子どもも成長するのかな〜」
とか


「保育園で できるのなら
うちでも ママががんばれば できるんじゃないかしら…」
とか

あせらなくても いいと思います。


子育てひろばや
幼稚園のプレスクールなどで
お友達と一緒にトイレに行くことで、
刺激をうけることは あるかもしれませんネ

二男がそうでした。



子どもが 大きくなって 親から離れて行くのは
あっというま!

いつもママと一緒にいて、
ひとつひとつの成長を 一緒に喜べるのは
本当に 短い時間なんです。


可能なら、
その時間を大切に楽しむ、というのも
とても 幸せなことだと思います。


だから、
「子どもの成長のために早く集団生活を!」って
焦る必要はないと思うし、


大切なその時間を
あれもできるようにならない、
これもできるようにならない、と
成長しないことにばかり目を向けて焦るのは
本当にもったいない!



「おむつなし育児」とか
いろんな育児法がありますが

考え方とか すごくいいな〜とも思いますが、

それは
お母さんが 負担なくできるなら、だと思います。




ワタシが
一番子どもの成長にとって 大事だな、と思うのは

「お母さんが 幸せなこと」

です。



お母さんが 余裕なくってイライラしてたり、

表にださなくても しんどかったりしていたら、

子どもは 気づきます。

子どもも、不安になります。



まずは、
お母さんが がんばりすぎないでくださいね。


トイレトレーニングも、
焦らないで
子どもの準備がととのってからで♪


まだ準備できてないうちにはじめて
うまくいかないと、
どんなにお母さんはがんばって叱らないようにしても
「なんで!?」というイライラした気持ちは
子どもに伝わって 
かえって萎縮しちゃうことも…



小ワザとして、
もし 子どもがオシッコを意識できるようになったら、

・わざと何回かおもらしさせてみる

というのも手です♪

慎重派の子は、びっくりして
おもらししないように トイレに行けるようになることも。


オンナノコだと、

・かわいいパンツを用意する

のも 効果あるそう!

「このパンツ ぬらしたくない!はいていたい〜あせあせ(飛び散る汗)

の一心で トイレに行けるようになることも。


でも、
本当に 子どもによって 時期も違うし、
合った方法もちがうと思います。


もしうまくいかなかったら

「まだ時期が早かったのかな〜」と

お休みしてみるのも ひとつです!



H26.10.10トイレトレ1.jpg

トイレトレを始めたころの 二男。


H26.10.10トイレトレ2.jpg

おしっこできたとき、
とってもうれしそうでしたっぴかぴか(新しい)


本来、
子どもは 成長したい!と自分で思ってるんです。


子どもの成長する力を信じて、
それに沿って 応援してあげられたらいいな、と思います。






またいろいろとえらそうに書いてしまいましたがたらーっ(汗)

お母さんたち、
みんな 本当に頑張ってると思います!

肩の力を抜いて、
のんびり、ゆっくり、
子どもといっしょに 歩いていきましょう揺れるハート





〜読んでいただいてありがとうございました〜





タグ(関連ワード):子育て トイレトレーニング
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
佳奈恵さん☆コメありがとう!
お返事遅くなってごめんなさい〜(汗)

そうなの!
二人目のときは、なんで一人目ではああだったんだろうって不思議なくらいにテキトー(笑)
ってゆーか、一人目のときみたいに時間がないからキチンとできない→テキトーでも大丈夫じゃんってわかる→さらにテキトーになる
ってカンジかな〜

でもやっぱり、それって、一人目で試行錯誤したからこそ、二人目でそう思えるんだろうな〜…
子育てしながら、自分も成長してるんだろうなきっと☆

佳奈恵さんはお仕事もがんばりながらだもんね!
毎日充実してるって思えるって、いい毎日の過ごし方してるんだろうな♪
そんなママを見てればきっとおこちゃまも幸せだろうね♪
by みい太 2014/10/12
みっちさん☆コメありがとう!
返事遅くなってごめんね〜(汗)

そうなの!
同じように育てても、はずれる時期ちがうから…
育て方っていうより、子どもそれぞれの時期があるんだろうね〜
ただ、それが「子どもの優劣=ママの優劣」みたいに思えちゃうんだよね…
だからあせっちゃう。
ホント、文字を覚えるのとかにも通じると思うわ〜

それぞれ得意なことは違うし、たとえば成長がゆっくりでもそのぶん確実に身につく子もいる。
ママがそう思えるように、社会もそんな目でみてほしいよね〜

by みい太 2014/10/12
はるボンヌさん☆はじめまして&こんにちは!
コメントありがとうございます〜♪うれしいですっ


はるボンヌさんの言葉に、私こそ救われました〜
いろいろえらそうなこと書くのですが、実際にどんなふうに思われるかな…と心配しちゃう小心者で(汗)
でも、一人でも、私の経験で 気をらくにしてもらえるなら…と思って、いつも子育てママにメッセージ送ってます。

体調はいかがですか?
私も二男を産んだ後、1年ほど半分寝込んだような生活を送ったことがあって…
そのときに、すっごく痛感したんです。
「ママの健康が家族の幸せなんだ!」って。
ママが元気で気持ちを楽にするためなら、さぼっても手を抜いてもいいんですよ。それが家族の幸せにつながるんだから♪

迷ったり、落ち込んだりするのは、子どものことが本当に大切で大事に育てたいと思ってるから。
そのこと自体が、ステキなママだっていう証拠だと思いますよ!
だから、いいんですよ。
ここでの試行錯誤は 母親自身をすっごく成長させてくれると思います!ワタシがそうでした♪

周りの先輩ママに、どんどん助けを求めてください!(でも都合のいいところだけ聞けばいいんです♪)
そのぶん、自分がまた 後輩ママに伝えればいいんだと思います。

私もまだまだ修行中です(笑)
いっしょにのんびりゆったり歩いていきましょう♪

よかったらまた遊びに来てくださいね〜
by みい太 2014/10/12
こんばんは!

めっちゃよくわかる〜ってつい頷いちゃいました(笑)

はじめての子育てとなるとけっこう力入っちゃうんですよねぇー(^_^;)

つい他の子と比べちゃうし。。。

ですが、何故か二人目の子育てとなるとのんびりと言うかなんと言うか。。。(^_^;)

めっちゃ適当に子育てしちゃってると言うか。。。(^_^;)

焦りもイライラも無く子育てしてるんですよねぇー(笑)

ただ毎日時間とだけ戦ってるような。。。(^_^;)

でも、充実感を感じてるワタシがいるんです(*^-^*)

やはり子育ては楽しまなきゃ損ですよね♪
by 黒木佳奈恵 2014/10/10
みい太さんこんにちは!
お仕事お疲れ様です♪
確かに、子供側の「オムツの外し時」ってあると思うなぁ。
うちは、2人とも1歳児クラスから保育園だったけど、上の子は2歳になる夏にとれちゃって、下の子は3歳すぎだったもん。
同じ保育園に通っていても、その学年の周りの子の様子(刺激)とか、身体的な特徴とか、性格とか色々なものが影響すると思うから一概に言えませんよね。
文字へ興味をもってないのに無理矢理教えても身につかないのと似ている気がします。
でも、これって過ぎたから言えることで渦中の新米ママさん達が焦るのも分かるぅ〜。
だから、みい太さんのように、いろんなお子さんを見ている「先生」の立場から記事のようなお話してもらえると
ママさん達はとっても安心すると思います♪
by ためしてみっち 2014/10/10
トイトレの話、勉強になりました(*´ω`*)
特に「お母さんが 幸せであること」が一番大事というのが心に響きました
初めての育児に戸惑い、育児書や周りのママさんの話から焦ることもいっぱい(/´△`\)「こうしなきゃいけない」みたいなのが頭にあって、無理をしたり、イライラしたりの連続で、せっかくの育児を十分楽しめてない気がします( ノД`)…
体調を崩したこともあり、「楽しみを見つけて、のんびりやっていこう」と最近気持ちを切り替えようとしてたとこだったのでとっても共感できて。
「頑張ってるよ」と言われた気にもなり、とても嬉しかったです(;つД`)

長々とすみません!これからもブログ楽しみに拝見させていただきます☆
by はるボンヌ 2014/10/10