2014/12/10 15:07
こんにちは〜晴れ
ご訪問ありがとうございますっかわいい


早いもので、もう12月。

今年も終わりますね〜



CMや広告で、
おいしそうなおせちや 食材をみかける
この季節。


それらを目にすると
思い浮かぶのは…

子どもの頃、
台所で 母にまとわりつきながら
おせちを作るお手伝いをしたこと。


…まあ、
お手伝いをしたとゆーか
味見がメインだったとゆーか…


お鍋にこびりついたきんとんを
なめさせてもらうのが、
とっても楽しみだったのを覚えてますかわいい





ワタシの実家は
同居の祖父母が商売をしていて。

それを手伝っていた母は、
いつも忙しそうでした。


いっしょにテレビを見たり
遊んだり…という記憶は、
正直 あまりありません。


7人家族の食事を担って
いつも遅くまで台所にたっていた母。

お手伝いしたかったけど、
「あなたたちは遊んだりお勉強したりするのが大事なんだから
いいんだよ」
と言われることが多かったです。

今思えば、
祖父母の目があったから、なのかも…


だから、
いつも 眺めるのは
台所に立つ 母の背中でした。




でも。
年暮れ、おせちの用意をするときは、
冬休みだったからか
母のとなりで
料理するのを眺めたり、
お手伝いをさせてもらえるのが
とっても楽しかったんです揺れるハート



こんにゃくをねじったり
きんとんを混ぜたりしながら、
いろんなことを教えてもらいました。


CIMG2053.JPG

伊達巻を作るときは、
はんぺんや卵などの材料を
ミキサーでがーっとすると
カンタン&早くできること。



田づくりを作るときは、
ずっとフライパンで炒るかわりに、
電子レンジで様子をみながらチンすると早いこと。



1219シャトルシェフ8.jpg

黒豆を煮るときは、
一度煮立てたあと 魔法瓶にいれておくと
ずっと火にかけていなくてもすむこと。


忙しかった母らしく、
母なりの時短の工夫をしてたんですネ。



その他にも、
テレビで見た!といって


CIMG2056.JPG

きんとんに入れる 栗の甘露煮のかわりに
煮リンゴを入れた「リンゴきんとん」を作ってみたり。


これがとってもおいしくて!



そんなふうに、
いろいろと新しいレシピにチャレンジしてみるのも
ワタシが母から受け継いでる性格かも…




そんなふうに、
おせちには
母とのあたたかい思い出が結びついてるんです


だからこそ、
ワタシが母になった今、
子どもにおせちを作る姿をみてほしい。

もう少し大きくなったら
いっしょに作ってみたい。


おいしい思い出と一緒に、
家族とすごした あったかい思い出も
母から受け継いだワタシが
子どもたちに伝えていきたいと思っています。



とりあえず、
今年こそは!
母にお墨付きをもらえるように
黒豆を上手に煮るぞっexclamation×2






〜読んでいただいてありがとうございました〜


みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)