2015/01/18 12:17
こんにちは〜晴れ
ご訪問ありがとうございますっかわいい


おかげさまで、
ワタシ&二男、復活です!ぴかぴか(新しい)
心配してくださった皆さまありがとうございました〜


なので

晩酌も復活るんるん


P1020215.JPG


シソジュースを使ったチューハイ

カルディの野菜チップス♪



シソジュースは
ダンナさんお手製〜

最近 飲みっぷりが加速してる
うちのダンナさん、
焼酎のパックを常備してるんですよあせあせ(飛び散る汗)
大丈夫かな〜たらーっ(汗)


まあ、
ホッピーとかで割って少しずつ飲んでるから
いいんだけど〜


てなわけで、
その焼酎を拝借して、

シソジュース+炭酸水で割りました!


甘くてさっぱりしてて
なかなかのヒットでしたよ♪




さて。

ダンナさんはビール、私はシソチューハイを
飲みながら

見てたのが

阪神淡路大震災から20年、の
NHKの番組でした。




正直、

神戸やその周辺は
もう 大丈夫。


そう思ってました。


でも、
20年たった今も

震災によって変わってしまった人生に
苦しんでる人が
たくさんいるということを知って

やりきれない気持ちで
いっぱいでした。





20年たってなお
まだ 傷跡がのこっている阪神。


なら、
東日本大震災は
まだたった4年です。



以前 フリマのときに
「もう生活できてるでしょ?
支援必要ないんじゃないの?」
と聞かれましたが、


衣食住が多少ととのっても
復興完了!ではなく


被災した方たちすべてが
新しい人生を
前向きに歩き出せた時

やっと
復興への第一歩、ではないでしょうか。



そのためには

まだまだ するべきことが
たくさんあるのではないでしょうか。
国にも、民間にも。


だから
忘れてはいけないんだ、と
心から思います。




…じゃあ、

被災地にいない私たちに
できることはなんだろう?




先日、読んだ新聞記事で
こんなことが書いてありました


東日本大震災のときの
避難所生活で

女性の方たちが
着替える場所がなかったり、
トイレや 人目のないところで身の危険を感じたり、
そんなことがたくさんあったと訴えているのを

阪神淡路大震災で
避難所運営に尽力された方が知って、

「私たちの教訓は
活かされていないのか…」

ということに
大変なショックを受けたそうです。



もちろん、
あの震災があったからこそ
変わったこと、できたことは
たくさんあるはずですが…




ボランティア活動できなくても、

やりくり大変でそんなに寄付なんてできなくっても、

私たちすべての人ができることは

「忘れないで、

活かすこと」


だと思います。




阪神淡路や 東日本の震災で
つらい思いをされた方たちに、


万が一、今 何かあったときに
もう一度 同じ悲劇をそのままくりかえす様を
見せることは

せっかく前に歩き出した気持ちを
どれだけ叩きのめすことか…



なので、
少しずつでも、
自分の家族や周りの人を守るために

前の震災のときのことをちゃんと知って
備えをする人が増えてほしいです。



そんな気持ちで始めた
Withママの 防災講座!(
→☆    


今年もぜひやりたい!!


これからみんなで
今年の開催に向けて 話し合いたいと思います。



そして、
今度 地域の公民館イベントで

Withママの活動について
お話をさせていただく機会をいただきました



超ドッキドキ〜あせあせ(飛び散る汗)ですが

少しでも多くの人に

「忘れないで、活かす」ことを
考えてもらえるように
がんばってみたいと思います!



晩酌の話が
超まじめな話になっちゃって申しわけなかったですがたらーっ(汗)


今年もがんばりますよっexclamation
の宣言でした〜グッド(上向き矢印)



〜読んでいただいてありがとうございました〜

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)