2015/08/15 21:02
こんにちは
ご訪問ありがとうございます!

バタバタして更新あいちゃいました´д` ;

その間ものぞいてくださった皆様
ありがとうございました☆




今日は ひとりごとなので
(しかも長いっ)

読み流しても ここで退室されてもいいですっ(^^)

でも
お付き合いしていただけたら うれしいです☆





昨日の夜、

こどもたちが
「おじゃる丸」のアニメスペシャルを見てました


どうやら、

「戦争」で死んで
そのまま迷子になった子どもや動物たちと
おじゃる丸の交流の話だったみたい


最後、

戦争で死んだことを思い出して
お空に帰っていく 子どもや動物たち

おじゃる丸が必死にエンマさまに

「戦争をなくしてくれるかの?
そしたら ヒナタ(だと思った)たちは
空に行かなくてすむのじゃ!」

と  お願いして、

叶わなくて…


号泣するおじゃる丸を見て


二男が  ぽつんと


「さみしい…」


涙ぐんでました


長男も

「戦争、ひど過ぎるね!」

と憤っていました





今日、戦後70年目の終戦記念日を迎えました


戦争を体験された方たちの高齢化がすすみ

次の世代へ どのように伝えていくか

深刻な課題となっていると感じます



先日ニュースで見たのですが、

原爆の日や 場所を知らない

話は知ってるけど
具体的なことを知らない
若者が増えているそう



私も 戦争を知らない世代です

でも、

子どもの頃から

「ひろしまのピカ」

「ガラスのうさぎ」

「ちいちゃんのかげおくり」

「火垂るの墓」

…いろんな絵本や本を読んで
泣きながら読んで

「こんな悲しい事は
絶対にしちゃいけない」

と  心に刻みました




知らない世代である 私たち親は

子どもたちに

何を 伝えていけばいいのか




難しいことを教えなくても
いいんだと思います



70年前の戦争で どんな悲劇があったか



かけがえのない命が

私たちと同じ
未来があって 家族や大事な人がいた命が

無理やりに奪われる


そして
その命を大事に思っていた
家族や大事な人たちは
かけがえのない絆を奪われる



それが どんなに悲惨で苦しいことか


それを、
子どもたちには 感じていてほしいです




それを分かっていることは、

戦争へのブレーキになるだけではなく

自分の命も  大切にしなくてはいけない

自分の命も、たくさんの絆のうえにある。
なくしたら、どれだけの人が悲しむか


その気持ちにも繋がらないでしょうか




そして
8.12の日航機事故

(よかったら こちらに詳しく書いてますのぞいてください →☆


30年たっても
今なお
失った命と絆に
苦しみ哀しみをいだきつづけている
家族のみなさんのことを知れば、


大人になり 社会人となったとき

利益や業績より何より
命を守る安全を優先しなくてはならない


そう思えるのではないでしょうか





私にとっては
何よりもかけがえのない命と絆である 




家族の笑顔


これからも守っていこうと
改めて胸に刻んだ 今日でした





~読んでいただいてありがとうございました~






みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
ななせさんありがとう!教えてくれて(^^)
団地ともお、ウチの子たちも好きだよ~♪明日の1時5分からだよね、見てみるね!
私らが子どもの頃と比べて、本とか学校とかで戦争のことを子どもが知る機会減ってる気がする今日この頃…
本読む子自体減ってるのかな?
だから、アニメやマンガで今の子どもたちが受け入れやすい形で伝えようとしてくれてるのはうれしいし心意気を感じるね!
by みい太 2015/08/17
今年の終戦記念日は今まで以上に戦争について考えさせられました。

おじゃる丸でもそんなお話してたんですね〜
私は団地ともおを観ました。
今時の小学四年生らしい
戦争っていってもイマイチぴんとこない素直な疑問が
実は深くて色々考えさせられました。

火垂るの墓も放送していましたね。

アニメ制作に携わる人も
色んな年齢の子ども達に
何かのメッセージを子ども達に伝えてくれようとしているんだなぁと思ったら
私も私なりに何かしなきゃなと!

団地ともお、
火曜日に再放送なのでみい太さんも観て欲しいな〜なんてね(*^^*)
by ななせ 2015/08/16