2016/06/13 14:24
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



この週末は 超ハードでした〜あせあせ(飛び散る汗)

義父が入院したので
長野までお見舞いに行ったのですが…


でかける前、
土曜の午前には

念願のイベントがありました!


P1060007.JPG

「子どもの 進学・就労に向けて」講座


長男がお世話になっている通級学級の親の会
主催の講座!



…実は、
今回の講師の先生は

長男が療育で通っている教室の先生♪


保護者向けの講座に私が参加させていただいたときに

とってもいい内容だったので!

「ぜひ 同じような悩みを持つ他の保護者さんにも
聞いてほしい!」と
一緒に親の会代表をしてるお母さんたちと相談をして

今回 企画させてもらったのです



初めての試みで
どうなるかと思ったのですが…

地域の社会福祉協議会のコーディネーターさんに
相談して

子どもたちの保育ボランティアさんを紹介していただいたり、

いろんな方たちに協力していただいて
実現しましたぴかぴか(新しい)


関係各位の皆さまには
心より感謝です
ぴかぴか(新しい)





内容は、題名のとおり

「子どもたちが 『はたらく大人』として
社会に出ていくために

必要なことは何か

それを見据えた 小学校卒業後の進路は
どう選べばよいか」


ということ。



得意なこと・苦手なことの差が激しく
学校生活で、そして社会に出てから 困ることの多い
発達障がいのある子どもたち。


だからこそ、
子どものころから

「社会に出る、働く」

ということを意識して 子育てしていくことが
大事なのですが…


いい学校を出て、
いい仕事についても
すぐにやめてしまったり

なかなか定職につかずに
いろんな仕事については やめたり…

そんなことが他人事ではない 今の時代、


発達障がいではない 全ての子どもたちに
通じることがあるんじゃないかな


聞きながら そう感じました。







今は 昔に比べて
いろんな職業、働く場があります。


だから
「いい学校に入って いい成績をとる」
こと以外にも
仕事につながっていく能力は たくさんあるんですって。


例えば、昔なら

「アニメやゲームが大好き!」

「子どもから指名されるゲームショップのカリスマ店員」


なんて将来、めざすなんて、想像もできなかったですよね…

でも、
それも 自分を活かした ひとつの道なんです。





大事なのは、

「本人が 自分の得意なこと・苦手なことを知り

受け入れて 活用することが 何より重要」

なんだそうです。




人とのコミュニケーションが苦手、と知っていれば

PC業務が主で 連絡報告もメールを通じて行うような
職場環境の職場を探せばいいし


うっかりすることが多いけど
人とのコミュニケーションは好き、とわかっていれば

日頃から チームでよく話し合って
協力して仕事をすすめるような職場なら 
安心して仕事ができるでしょう。



でも、これが 逆のケースだったら…

どんなに 優秀な能力を持っている人でも
辛くなって やめてしまうかもしれません…





苦手なことを
「がんばって できるようになりなさい!」というのは

大人だって 実はつらいこと。


せっかく
今のように 多様な職業、活躍の場がある時代に
生まれたんだから!


子どもの強み、魅力、夢中になれることを
親が よく理解してあげて

そこを伸ばしてあげることで

将来につながっていくかもしれませんよ。





…そんなことを この講座で学び、
自分の今までの子育てを いろいろと反省させられました(笑)





親ってね、
子どもの将来を 思うからこそ、

ついつい
子どもの苦手なことばかり指摘して
直そう、直そうとがんばっちゃいますが…


実はそれって 子どもにとっては

「あなたのここがダメ、そこがダメ」

と言われ続けてる事にもなるんです。



もちろん、努力して苦手なことを克服していくことも
とっても大事なんだけど


それができるのは

「こんな苦手なことがあるけど

それでも 自分は こんなステキなところがあるから
大丈夫!」


と 自分に自信を持ててこそ。



子どもの得意なこと、魅力的なところを

「あなたはこんなところがステキなんだよ」

「こんなことが得意なんだね」


親や周りの大人が見つけて 子どもに伝えてあげることで

その子の自信につながっていくのかもしれませんね。




それが
将来 自信を持って社会に出ていくための
「強み」
になるなら、いいですね。







あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」 再開しました!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
HAPPY×2さん☆コメありがとう!

うん、本当にこの講座は聞いてよかったし、
他の保護者の皆さまにも大好評いただきました!

両親で参加してた方もけっこういたしね♪

直したいところに目が向いてしまう…
そりゃあ、親だからこそだよ。
だって、
将来のこと考えちゃうもん。この子が幸せな大人になれるようにって。

私もね、
ちょっと前まではあっちこっち飛び回って病院やら療育やらに連れて行って…
それって、結局直したいところを直さなくちゃ!っていう思いだよね。
結果的に、すごく長男は伸びたと思うけど…大変な思いもさせたしなあ…
難しいよね。


ただ、ダンナさんと「とにかくいいところをいっぱいほめてあげようね」と。
いっぱいほめてもらって、自分の一部分に自信が持てたら、がんばろうって気持ちももてるようになるかなって。

あ、あと「長男ほめたら続けて次男もほめる」がルールです(笑)
hAPPYさんとこも兄弟だもんね、そこ気を遣うよね…



いやいや、最近はだいぶ落ち着いてきたけど、ちょっと前までは受け入れてるどころじゃなかったよ〜!
しょっちゅうキレて八つ当たりしてたし。
HAPPYさんほど子どもの相手してあげてなかったし。


そんな私でも成長できてるとしたら…
どんなお母さんでもきっとできるんだよ♪


がんばろうねっ☆
by みい太 2016/06/16
おはようございます!
ステキな講座でしたね〜。
近所で行われていたら、(誰でも参加可能っていう講座であるならば)私も絶対に参加していたと思います!

みい太さんが書いてくださっていること、納得です!
自分でも十分に分かっている部分もありました!
でも、私のいけないところ・・・
どうしても、我が子の悪いところや苦手な部分を沢山見てしまう点。
その部分を頑張って改善させてあげたいという親の身勝手で、良い面や得意面よりも、悪い面苦手面に着目して&時間をかけて過ごしてしまう点・・・。

本当はもっともっと長男くんの個性を輝かせてあげなければいけないのに、小さいうちなら軌道修正?というか、周囲と同じような部分を多く持てるのではないか?と思ってしまっている部分が多くて・・・それが長男くんにとっていいことかどうかはわからないのにね。。。

私は結構結果を急ぎ過ぎてしまう部分もあるので、もどかしい気持が焦りにつながって、子供達を苦しめている部分も多いと思います。

やっぱりみい太さんはすごいなぁ〜。
昔からブログを拝見してて思うけど、私よりも何十倍も子供たちを受け入れている姿勢があたたかみがあって、大きくて(*'ω'*)
まだまだだな〜私!って改めて思いました。
頑張るね、私(^^)
またタメになる記事、これからもいっぱい読ませてくださいね〜♪
by HAPPY×2 2016/06/14