2016/07/11 14:31

こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



前回の記事

『ほめて伸ばす』って難しい。でも、




「ほめるって、言うほどカンタンじゃないけど、

ちょっとの工夫

ちょっとのがんばりで

親も 子どもも 変わるんです!」


と 書かせていただきました♪



ゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)

子育ての専門家でもなんでもないのに
エラそうなワタシたらーっ(汗)



なので、

ほめるのも下手&ブチっとキレて怒鳴りつけちゃう
ダメママだった私が

こんなことで 変わることができたんですよ〜♪



という ひとつのお話だと思って
読み流してくださいませ〜あせあせ(飛び散る汗)








…ネガティバーな 長男に
どうしたら もっと自信を持ってもらえるようになるんだろう…


そんなことをグルグル考えて 悩んでました



ほめても わざとらしくなっちゃうのか

「どうせ僕なんて…」と 伝わらない



親の方も、
どうしても できてないところが目について

ほめるより 小言のほうが 多くなっちゃう




そんなとき、いくつかの本を読んで 知ったのが


「『ありがとう』は、最高のほめ言葉です」


ということでした。




P1060169.JPG

子育てハッピーアドバイス
大好き!が伝わる ほめ方・叱り方

明橋大二 著  1万年堂出版




子育ての迷子だった私が
バイブルのように 読み込んでた
「子育てハッピーアドバイス」シリーズ!



そこでも
「ありがとうの力」について 語られています





『私たちが、人から「ありがとう」と言われると、どうしてうれしいのか
というと、

何かお礼を言ってくれたからうれしい、というよりも、

自分のやったことが人の役に立てた、

自分の存在に意味があった、


と思えるからうれしいのです。

人間にとって最も大切な 自己肯定感を
ダイレクトに育てる言葉です。


思春期の子などは、

下手にほめても「ふん」という感じですし、

「そんな当たり前のことで、ほめられたくねーよ」
という子もいます。


しかし、

そういう子でも間違いなく届く ほめ言葉、

それが「ありがとう」です。


ちょっとしたことでもいいのです。

左のものを右にやった、

そういうことでも

「ありがとう」と伝えていくことで、


相手の自己肯定感が育まれていくのです。



自分も人の役に立てるんだ、

自分も必要とされてるんだ、


そういう気持ちが、

心の成長の土台となり、


勉強に意欲的に取り組んだり
社会のルールをちゃんと守ったりすることの基礎となります。



自分も大切な人間なんだ、と思えて初めて、

他人も大切にできるようになるのです。』

(本著 P83より 抜粋)






「ありがとう」を言うときって、

何も お手伝いしてもらったときだけでなくて、いいんですって。



お説教したあとに、

「最後までちゃんと聞いてくれてありがとう」



いつも親に注意されてる事が、たまたまできたとき

「覚えてくれてたんだね、ありがとう!」



一回の声かけで、朝起きられたり 宿題に取りかかれたりしたとき

「お母さんが大声出して起こる前に動いてくれて、ありがとう!
おかげで嫌な気分にならずにすんだよ♪」



ほんのささいなことでも

どんどん 「ありがとう」を言っていいんですってかわいい



言うことが見つからなかったら

「今何時?」「今日何曜日?」など

カンタンなことを聞いて 教えてくれたら

「ありがとう!助かったよ♪」でもいいんですって。





ただ、親にしてみれば、


「勉強するのも、自分のことは自分でするのも、家の手伝いをするのも、

子どもとして 当たり前のことでしょ!


いちいち ありがとうなんて言ってたら

つけあがるんじゃないの〜?」


って気持ち、あるじゃないですかあせあせ(飛び散る汗)





先日 読モブロガー 石川紗世さんのブログ



「『ありがとう』の反対は?」


の中で、



『ありがとう』の反対は『当たり前』

当たり前にできていたことが、当たり前じゃなくなり 感謝する。

自分が当たり前に出来ていることを当たり前と思わずに感謝しよう。




という 鈴木おさむさんの言葉を紹介されていて、

その言葉に対する紗世さんの思いに
ジーン…としました。




子どもが、毎日元気でいる。


親の言うことを聞かないぐらいに
自我が育ってきてる。


宿題を忘れるぐらい
毎日 楽しく遊んですごしている。




それは、当たり前ではなくて

幸せなこと。




そのことを思い出せば、

子どもが ちょっとがんばったり 手伝ったりしてくれると

自然に

「ありがとう!」

と言葉が出てくると思うんですかわいい






以前、長男が 学校に行けなくなったときがあります。
→☆


その時のことを思い出すと、


毎日 元気よく「行ってきま〜す!」と出て行ってくれることが


どれだけうれしいか、

どれだけ 長男ががんばってるか…



心から感謝の思いがわいてくるんです。








「ありがとう」を いっぱい伝えよう!と

心に決めて


心がけるようになって




長男は、

「誰かの役に立てること」

が とってもとってもうれしいんだ、ということがわかりました。



だから、

なるべく  長男を頼りにして

「ありがとう!助かったよ〜♪」

と言う機会を増やしました。





今、長男は

通級学級の先生からも

「『僕なんか…』って言わなくなりましたね。

 自分に自信を持って 何かをやったり 気持ちを伝えたり
できるようになってきましたよ」


と言われるようになりました。




ワタシ自身、

「ありがとう!」って言うのが 条件反射になりました(笑)







「ありがとう」

最高のほめ言葉だと思います!ぴかぴか(新しい)






…ただ、

「ありがとう」では 伝わらない場面、ありますよねたらーっ(汗)



元気でいてくれるのがありがたい!

とはいえ

するべきことは きちんとできるようになってほしいし、


それができないのを見ると イライラっとしちゃう…むかっ(怒り)



そんなときの 「ほめ方のコツ」も

以前 ペアレントトレーニングで教わったので


次回 ご紹介させてくださいっかわいい






〜読んでいただいてありがとうございました〜


あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」 再開しました!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪


みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
ニコ*さん☆はじめまして!
コメありがとうございます、うれしいです♪

同じ小学生二人のママさんなんですね♪

子どもが元気に登校してくれること、ダンナさんがいっしょうけんめいお仕事してくれること…
ありがたい☆と素直にうけとめられるニコ*さん、ステキです!

エラそうなこと書いておいて、実はすぐ感謝の気持ちを忘れちゃったりするワタシなんです(汗)

だから、自分に改めて刻み込むための記事でもあったんですよ〜

グッときてくださって、うれしいです!

わかります…
ルール決めたとしても、それを守らせるのに一苦労(涙)
特に男の子って…

全てをちゃんとさせよう!と思うと、ホントこっちがヘトヘト&イライラになるので(笑)
もう、ある程度は「まあいっか」で流すことも…

ただ、自分自身に余裕がないと、それも難しいですよね
なるべく 自分の気持ちをラクに、疲れをためないようにするのもコツなのかもしれません☆


ありがとうございます〜!
その言葉で、また書く元気がわいてきます!
by みい太 2016/07/13
HAPPY×2さん☆いつもうれしいコメありがとう〜♪

うん。HAPPYさんなら、きっと自然にできてるんだろうな〜と思います☆

あるある!
自分がイライラしてるのがわかって、でもまだコントロール効くときは…あえてていねいに話したり、笑顔をとりつくろったりネ
(イライラがある一線超えたら それもできなくなるんだけど…)

うんうん。
あなたたちがいてくれることが一番うれしい、
そのことを伝えていきたいよね。

うちの小5長男、いまだにすっごく喜ぶし、むしろ自分から「僕がうまれたときうれしかった?」とか聞いてきます(笑)
まあ、平均より幼いからネ…

意外と、思春期突入してうざがるようになっても、この言葉は心の中で喜ぶのかもしれないよ☆

ワタシももうちょっと続けてみるね♪ありがとう!
by みい太 2016/07/13
みい太さん、はじめまして。
今回のブログ記事、グッときました。

私にも小学生の子どもが2人います(娘、息子)
朝、行ってきま〜す!と元気に登校してくれるだけでも、ありがたいなーと思います。
主人も真面目に仕事しているし、なんてありがたい♡

そこのところ忘れずに過ごしたいです。

怒りたくないから、子ども達とルール(テレビや片づけ、勉強等)を話しても、特に下の息子は言うこと聞かず…
最近ほとほと疲れますが、健康体で元気でいてくれていることには感謝ですよね。

これからもブログ、楽しみにしています(^^)
by ニコ* 2016/07/12
紗世さん☆コメ本当にありがとうございます!

そんなふうに言っていただけるのが、ブログやってて一番うれしい瞬間です♪


勝手に引用させていただいてゴメンナサイ〜っ
でも、タイムリーな話題だったし、紗世さんの思いにすごく共感できて感動したので…
「ありがとう」の言葉の持つ力を伝えるのに、ぜひ引用させていただきたいと♪
無許可失礼いたしました〜っ(汗)

そうだったんですね。
とても素敵な、あたたかいご両親に見守られて、今の紗世さんがいるのですね。

ワタシも、長男もそうなのですが

辛い真っただ中にいるときは自分のことしか考えられないけど、
乗り越えられたとき
同じように辛い思いをしている方たちの気持ちに寄り添えるようになっている気がします。

だから、今までの辛い経験は無駄じゃない、
それどころか 今の自分を形作ってる大切な一部分なんだって
自分にも、長男にも 言い聞かせてます


今の自分の環境に
不満を募らせるか 感謝を見つけるか

それによって、毎日や 自分の生き方が まったく変わってきますよね

ワタシも、感謝の気持ちを持って生活できるようにがんばります!

ありがとうございました♪
by みい太 2016/07/12
こんにちは〜。
ほんと、今日も、ステキなブログです♪
みい太さんの子育て関連の文章を読むと、いつも「自分はどうかな?」って振り返ります。

「それは出来てる!」って自分を褒めたり、
「あ、ここは気づかなかった、そうかそうか」って勉強させてもらったり、
「これ、イイネ、今度やってみよー」って気持ちになったり、、、
いつもありがとうございます!

「ありがとう」は、言葉に出して伝えるよう、心がけています。
私気分屋なので、自分のイライラを息子くんたちに見せちゃう時があるので、
それを挽回するかの如く(笑)、ちょっとのことでも「ありがとう」を連呼したりね(←ダメじゃん。(笑))
一つ、昔から、ずーっと続けている<ありがとう>があって、それは
『生まれてきてくれてありがとう』
『ママの子供になってくれてありがとう』
って、言葉でちゃんと二人の息子くん達に言うことです。
二人ともまだ素直な年齢なので(幼児期万歳☆)「うん」って応えてくれます。
もうちょっとこの「ありがとう」の習慣は続けていこうと思います♪
続けていいよね、って思わせてくれて、みい太さん、ありがとう(#^^#)
by HAPPY×2 2016/07/12
みい太さん、本当にいつも素敵なブログをありがとうございます(/ _ ; )

またジーンとしながら、うんうんと読み進めていったら、私の事まで書いていてくださって(/ _ ; )

ありがとうございます!!


『ありがとう』って、本当に最高の褒め言葉ですね。
大人にとっても、ありがとうと言われると嬉しくて、自分の存在を認めてもらえた気持ちになるから、子供なら尚更ですよね(/ _ ; )

思い返すと私も子供の頃、両親のありがとうにとても救われた気がします。
学校に行けなかった事があるので、余計に。


これからも、どんなに当たり前と思える事も当たり前と思わずに、感謝の気持ちを持って過ごしたいと思います(*^^*)


みい太さん、本当にありがとうございます(o^^o)
by 石川紗世 2016/07/11