2019/05/06 20:40
こんにちは〜(^^)

ご訪問ありがとうございます♪


やっとゴールにたどり着きました‥
いや〜長かった10日間!

そのうちダンナさんは3日お休みでしたが
それ以外は母子三人‥(涙)

でもね、
合間に
友達と遊びに行ってくれたり
留守番お願いして出かけられるようになったので

前よりだいぶ楽になったかな〜(^^)


とりあえず‥
がんばった自分!

世のお母さんたちも
お疲れさまでした〜(^^)


さて
東北旅行記、続きです!


石巻を後にして
その日のお宿で向かったのが

南三陸の
「ホテル観洋」さんです!

前の旅行でもお世話になって

本当〜〜〜に!
いいお宿だったので

また絶対行こうねって言ってたんです。

このホテルの
素敵なところは
いろいろあるのですが‥


もともと、
一年半前になぜここへ来たかというと

このホテル観洋さんが

IMG_20190415_184210-1814e.jpg語り部活動を続けているからでした。

前回は
このホテルから出ている
「語り部バス」に参加して

南三陸を巡り
被災の様子を聞かせていただきました。


その他、
ホテルの
ロビーには

IMG_20190412_055705.jpg

IMG_20190412_055943-b4214.jpg

IMG_20190412_060003.jpg
かなり広いスペースに
たくさんの展示がありました。


IMG_20190412_060022.jpg

IMG_20190412_060029.jpg
VTR で(しかも3D !)
南三陸の受けた被害を見ることができたり


IMG_20190412_055750.jpg

IMG_20190412_055825.jpg
‥このホテル観洋さんは
震災後、避難所として
地域の人たちを受け入れ

衣食住だけではなく
子どもたちの学習支援や
地域の人たちの交流やレクリエーションなど

元気づけるための取り組みを
ホテルスタッフさんたちが続けて来ました。

その避難所が解散になったときの

IMG_20190412_055725.jpg
住民のみなさんの感謝のメッセージを
読ませていただき

胸に込み上げて来るものがありました。


そして
他地域の災害被災地との交流も
パネルに記されていて


IMG_20190412_055917.jpg

阪神淡路大震災の被災者からの
メッセージ

経験されたからこその
力強さと 温かさが感じられました。



‥そう。

なぜ、ここまで
ホテル観洋さんが
語り部活動に力を入れているのかは

だからこそ、だと思いました。

IMG_20190415_184210-f0332.jpg
経験した者として

「この悲劇を繰り返したくない
一人でも多くの人に助かってほしい」

だからこそ
5000年先まで伝え続ける

そこに込められた想いの前に

訪れた私たちは
どう応えていくべきか


‥来るたびに
たくさんのことを感じ、
考えることができました。


大事な、大事な場所だと思います。



‥もちろん!
それ以外にも
本当に素敵なホテルなんですよ〜(^^)

次回はそれを紹介させてくださいませ!



〜読んでいただいてありがとうございました〜

**写真撮影大丸2ブログ掲載許可をいただきました**




みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/25 21:32
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっぴかぴか(新しい)


前回から始めた
わが家の東北旅行記

たくさんの方が見てくださり
本当にありがとうございます!


私が感じたことも書かせてもらってますが…

もちろん!
楽しんで読んでいただけるような
グルメ、レジャーなどなど
東北の魅力も!

た〜〜っぷり!お伝えさせてくださいね〜るんるん




…とゆーわけで!


今回お伝えするのは…


IMG_20190411_132008.jpg

石巻グルメ〜ぴかぴか(新しい)


南相馬をあとにして、

今回第一の目的地は

岩手県 石巻市

だったのです♪


あ、もちろん
「いしのまきし」と読むのは
みなさんはご存じですよね(笑)
某元大臣さんとちがって…


今回行ってみたのは

IMG_20190411_133622.jpg

斎太郎食堂さん!


魚市場近くの
水産総合振興センターさんの中にある

地元のおいしい海の幸を
リーズナブルに楽しめるお店です♪


お昼すぎに行ったのですが、
地元の人、観光客の人で
にぎわってました〜(^▽^)




今回ここを選んだのは、

海の幸もさることながら…

IMG_20190411_132008.jpg


石巻焼きそばが食べたかったから!(ワタシが)


B1グランプリでもおなじみの
B級粉もんグルメ!

ワタシご当地焼きそばに
ホント弱くって…たらーっ(汗)



なんでも 石巻焼きそばの発祥は
昭和、しかも戦後!

当時 冷蔵庫がまだ普及してなくて
常温で保存がきく麺が作れないかと研究をかさねて

麺を蒸したあと、
いちど水洗いして さらにもう一度蒸す!

という「二度蒸し」

が特徴なんです♪



二度蒸しするために

ソース練り込んでる?ってみたいな
香ばしい茶色い麺になり

しかも
出汁で蒸しあげるから
ソースを使わなくてもいいほど
いい味がしてる〜ぴかぴか(新しい)


(参考:「石巻茶色い焼きそばアカデミー」サイトより)



いや〜おいしかった揺れるハート



ワタシは
焼きそばで大満足だったんだけど

男衆は それじゃ満足しないからね(笑)


IMG_20190411_133611.jpg

その他のメニューも充実してる
この斎太郎食堂さんを選んだわけですよ!


IMG_20190411_131754.jpg

ねぎとろ丼でしょ〜
(本物ですよ、本物!)




IMG_20190411_131550.jpg

IMG_20190411_131616.jpg

クジラのお刺身定食でしょ〜


しかも!
今が旬の

IMG_20190413_094739.jpg

IMG_20190411_132146.jpg

ホヤ〜ぴかぴか(新しい)

コリコリっとした食感と

「海食べてる!」ってカンジの味が

たまりませんでした〜揺れるハート




地元の雰囲気をたっぷり味わえる食堂で
お腹いっぱいにして

次の目的地へ向かったのでした♪





〜読んでいただいてありがとうございました〜

**写真の掲載許可をいただきました**
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/23 20:59
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっぴかぴか(新しい)



…この春ですが
用事があったついでといってはなんですが…

東北へ行ってきました!



1年半まえに
念願だった東北旅行へ行って

東北が大好きになった私たち。



どうせそっちまで行くなら
思い切って東北旅行に行ってこよう!

となったのです(^▽^)



その旅行記を書かせてくださいね♪
おつきあいいただけますとうれしいですぴかぴか(新しい)






…今回も
地道に自家用車で北上!


朝早くに出て
目指したのは



IMG_20190411_105906.jpg

南相馬!


常磐道のくだりにあるSA
「セデッテかしま」

以前寄ったときに
地元のおいしいものがいっぱいあってぴかぴか(新しい)

また行きたかったんです〜♪


まず買いたかったのが


IMG_20190411_110631.jpg

地元のパン屋さん
「原町製パン」
さんのパン!

いろんな種類があって
どれもすっごくおいしそうでぴかぴか(新しい)


特に気になってたのが

IMG_20190411_110823.jpg

よつわりパン!

IMG_20190411_110852.jpg

中に
あんこと 生クリームが入ってる揺れるハート

何種類かあって、
ワタシはずんだあんを選びました♪

昔なつかしいカンジのクリームで
パンも昔ながらのパン屋さんのパン!

おいしかった〜ぴかぴか(新しい)

IMG_20190411_110647.jpg

IMG_20190411_111115.jpg

ほっき貝がたっぷり炊き込まれた
「ほっき飯」のおにぎりも!

それこそ
ここでしかたべられないぴかぴか(新しい)



…そして今回も買ったのが


IMG_20190421_182639.jpg

なみえ焼きそば!

B1グランプリで有名になった
太麺のおいしい焼きそば♪


避難指示が出ていた浪江町は

2018年3月31日に
一部区域をのぞいて 避難指示が解除されました。


…実際、
常磐道を走ってみて、

1年半前に来た時よりも

放射能計測の機械が減っていたこと

道路から見渡す 景色に
車や人、生活の気配がもどってきていたことを感じて


とてもうれしく思いました。



…浪江町には
震災前は 約21500人の住人がいて

現在の
住民登録の人数は 約18000人です。



…そのうち
実際に浪江町に住んでいるのは
約900人。

その他の町民は
現在も町外での避難生活を続けているそうです。


避難指示解除前(H29.12月)に実施した
住民の帰還意向調査では


「帰還したいと思っている」13.5%

「まだ判断がつかない」31.6%

「帰還しないと決めている」49.5%


だったそうです。





除染、住居の建設、
鉄道や高速道路などのインフラ整備

などなどが整って

一部区域の避難解除を迎え、

1年が経ちました。


きっと
これはゴールではなくて

スタートだったんだと思います。


ここで浪江町のみなさんが
これからも暮らしていくために

もどってきたいと思えるように

農業や漁業などの産業が
再び元気になり、

住む人たちや 行政の収入が安定して確保されること、

子どもたちの教育

健康保険

そして 心のケア…


たくさんのことが 今でも

「ふるさと」浪江町の
暮らしの再生に向けて 進められているそうです。


ここまで前にすすめたのは 確か。

でも
まだ途上なのも 確か。

…それは
浪江町以外の被災地でも 同じなんだなと
他の地域を見ても 感じました。


大好きになった東北の
これからの歩みを

これからも見守らせてほしい!


…そんな思いを改めて胸に刻んで
さらに北上していきました。




次回は石巻です!



〜読んでいただいてありがとうございました〜

**参照  「なみえ復興レポート」(平成31年1月版)**






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ