2016/12/18 20:30
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



今日はぽかぽか晴れ

気持ちのよい休日ですね〜♪


きっと大そうじ日和なんだろうけど…


いつもどおりのおそうじをしただけたらーっ(汗)



そうなんです、

前にも書いたことあったけど


ワタシ、
大そうじ しない主義なんですう〜っあせあせ(飛び散る汗)


…ただの
ずぼら&めんどくさがりってだけなんですけどネ(笑)



ただでさえ忙しい年末!

我が家の場合、
ダンナさんが 年末年始は ほぼ出勤で
家にいないため…


ルーティンワークでさえ忙しいとゆーのに、

年賀状、おせちづくり、etc.…

このうえ 大そうじまで しょいこんだら
イライラセカセカして 子どもに当たってしまう〜っあせあせ(飛び散る汗)

それよりは
多少余裕をもって 子どもの相手をしてあげたいしネ。




とはいえね、
前はがんばってやってたんですけどネ


今の家に引っ越してきて
最初の年末だったかな?


がんばって 玄関キレイにして
わあ〜 これで気持ちよく新年迎えられるぞ〜ぴかぴか(新しい)

…と思った 次の瞬間!!


外遊びから帰ってきた子どもたちが
ドタバタ〜っと…


あっとゆーまに 泥だらけの玄関を見て
もうね、気持ちが ガクンと落ちましたわ(笑)




なので。

そのとき、思ったんです。


何も忙しい&寒い年末に
無理して一気にキレイにしなくてもいっか。

一気にキレイにしても、
結局 生活が続いてるかぎりは まだ汚れるわけで。


だったら、
ふだんから ちょこちょこ掃除して、
そこそこキレイな状態キープしてれば、
うちの場合は いいんじゃないかな、と。



…はい、ごめんなさい。
言い訳です…



でも、その代わり!

我が家で 冬休みに行うのが


P1020113.JPG

子どもと 大そうじ祭り〜っるんるん



「季節行事」として
子どもと「大掃除ごっこ」をすることにしています

つまり、やることに意義がある!的な、

キレイにすることを目的にしちゃうと
ついつい子どもにあれこれ言っちゃうので

あくまで楽しくるんるんがコンセプトで♪




この「大そうじごっこ」を始めたいきさつですが…


小学校に上がる前に
少しでも必要なことができるようにならなくちゃ、と

ぞうきんがけや ほうきの使い方を
教えようとしたんです


最初ははりきってやってくれてた長男くん。

でも、
「ぞうきんがけは こうやるの!」とか

「それじゃほうきでゴミ散らかしてるだけでしょ!」とか

いちいち口出しした上に、

ぶきっちょな長男くんに

「どうして言われたようにできないのッ!」

と ブチ切れてしまったんです

本当に困った母親でした…



そのときの反省をもとに

「大掃除ごっこ」のコンセプトにしたのでした。



だから、

多少 汚れたままでも、ちゃんとできてなくても、

子どもたちと楽しくそうじして

「うわ〜やったね〜♪キレイになったね〜♪♪」

と言えたら OKるんるん



…と気楽にやってたんですけど。



一昨年の大そうじのとき

P1020110.JPG

P1020111.JPG

こっちが何も言わないうちに

「ここがよごれてるよ〜!」

と自分たちでどんどん掃除してくれたんですぴかぴか(新しい)


それは去年も同じ!


無理やり&イヤイヤやらせるんじゃなくて
楽しく、そして子どもたちのやる気を大切にしてきて

本当によかったと思えました。


成長したな〜ぴかぴか(新しい)




…とゆーわけで♪


今年も 「ほどほどでいっかるんるん」の気持ちで
子どもと楽しく
大そうじごっこで 〆たいと思います♪







〜読んでいただいてありがとうございました〜




あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」 再開しました!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪



みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/11/03 21:27
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



昨日ご紹介した、

P1080096.JPG

働きママンのための
ママ スキルアップ術! 決定版

働きママン応援団 編  おぐらなおみ イラスト
メディアファクトリー




ワタシが図書館で借りた 前作と
どこがちがうか!?というと…


2009年に出た 前作には

パパが ほとんど 登場していなかったんです。


それが…



ここ数年で、
女性が出産しても子育てしながら働いていく
共働きファミリーが
珍しくなくなりました。

「イクメン」の言葉も生まれて定着しました。

パパも家事や育児を一緒にやることが、
スタンダードになりつつあります。


そうはいっても、

時代は変わり始めたばかり。

今は
「イクメン黎明期」です。


『イクメンなんてツチノコだ!幻想だ!』
『パパは子どもとの”遊び”なかりで、”お世話”はしない』

なんていう
働きママンからの、イクメン被害報告はたくさん集まっていますが、

働きママンのみなさんには、
長期的視点で あきらめず、

パパを日常の育児・家事に巻き込んでほしいと、
心から応援しています。


目の前にいる仲間とがっちり協力していくことが

働きママン自身を、

家族全員を

幸せに、自由にする絶対の方法だと思うからです。


(「おわりに」より)




つまりね、


働きママンの毎日をラクにする、
一番の方法は…


ダンナさん、子ども、

つまり 家族と 家事育児を分担・協力すること!


ってことかな。




…でも。


そんなのわかってるけど。


それができないから苦労してるわけで(涙)。




子どもやダンナさんにお願いして、

「え〜っ!」

みたいな不愉快そうな声出されるのもイヤだし。



そもそも、

やってもらうと
あれもちがう、これもいいかげん、
こっちのやってほしいことがわかってない etc.…


だったら
自分でやったほうが 早いしっむかっ(怒り)



みたいなこと、よくありますよね〜



この本によると、

家事・育児で
「もっとやってよ!」と怒るママに、
「やっている!」と不満顔のパパ。

この食い違いの原因は、

「作業内容の認識ちがい」

なんですって!


例えば、「おむつ替え」。

パパは文字通りの「替える」という実行部分だけを見がち。

対して、ママは

おむつを買う、捨てる、管理するなど、
準備や片づけまでも含めた一連のこととしてとらえています。

(本文より)





確かにね〜


たとえば、お料理。

はりきってパパが作ってくれたのはいいけど、
そのあとの ひどい惨状のキッチンを片付けるのは
なぜワタシ!?とか…


片づけてくれたとしても、
食器やら道具やら
どこにしまったのかわからなくなっちゃったぞ〜!とか…



洗濯なら、

干してくれたのはいいけど
ちゃんとシワとって干してよ〜!とか…


たたんでしまってくれたのはいいけど、
二人の子どもの服が ごちゃまぜでしまってある〜っ!とか…


(あ、いえいえ
決して我が家のハナシではない…かな…?)



これでは、

パパはがんばって手伝ったつもりでも、

ママはイライラ。

ママに文句を言われて 

パパはやる気をなくす…


誰も悪くないんだけど、
悪循環になってしまうんですよね…





その悪循環を断ち切るには
どうしたらいいか。


家事・育児の工程を
可視化すること



だそうです!



…かなり面倒だけどネ(笑)



なので
この本には、

「おむつ替え」「お風呂」「散歩・おでかけ」「風呂掃除」

の作業工程が フローチャート化して載っています。





例えば
「朝起きてから 出社するまでの やることと時間の流れ」

を 紙に書いてみます。



たぶんね、

ダンナさんは、

奥さんが 短い朝の時間にこれだけのことをやってるんだ!と
びっくりするはず。


そして
表にすることで、

ココとココは ダンナさんに(もしくは子どもに)
分担してもらえると

わたしはこの間に コレができて すごく助かる!と

お願いしやすいし、
相手も納得できるのではないでしょーか。




実は、我が家がそうでした!

ズボラなワタシは表までは作らなかったけど(笑)



子どもを学校や幼稚園に送り出さなくてはならない
朝の時間が
どうにも大変であせあせ(飛び散る汗)


仕事が多忙なダンナさんに

せめて朝だけ手伝って!と言ったんだけど…

生返事だけで、
相変わらず マイペースなダンナさん

子どもがごはん食べてる時にシャワー浴びてたりしたし…



もうワタシも意地になって
抱え込んでた時期もあったんだけど、

やっぱりそれだと
ワタシがイライラして、子どもにも当たっちゃう。


なので、

「7時に 子どもと一緒に朝ごはんを食べること、
歯磨きの仕上げをすること、

それだけ お願いしていい?」

と  明確に お願いしたいことを伝えてみたんです。


そしたら
「早く出かける時は できないけど、
それでよかったら…」

と やってくれるようになりました。





やっぱり、

我が家の家事育児をいちばん把握してて
上手に こなせるのは、

主婦であり、ママ。

それは、どうしてもそうなると思います。



だからこそ!


家事育児を、どのように分担すればいいか

どんなことなら
相手も負担なく 引き受けてくれそうか

相手がその分担の仕事をするために
どのような用意をしてあげたら やりやすいか


…などなど、

作戦をたてて 割り振るのも

ママなら 上手にできるはず。



家族はチームで、

そうなると ママは 監督ってとこでしょうか♪




チームなんだから、

ママ一人が背負い込んで 大変な状態だと

必ず そこからほころびが出て
チーム全体が崩れてしまいます。



チームなんだから、

みんなで役割分担して、支え合う。

ワンマンチームより、チームワークいいチームの方が
強いじゃないですか!




…とはいえね。


いくら 家事メンイクメンと 世間が言うようになっても、

「家のことはキミに任せるよ」
「なんでオレがやらなくちゃいけないんだよ」

的な男の人は いますよね。むしろ多い?




だから。

本来は 役割分担であるべきなんだけど…


「お願い」して、

「ありがとう!」を言う。


「ありがとう」を言われて うれしくない人は、まずいませんもん。


多少うまくいかなくても、目をつぶる。

(だから 最初から できそうなことをお願いする♪)



これって、
子どものお手伝いだって、おんなじですよね♪


…そうやって、少しずつ、
家事メンイクメンに育っていってもらいましょう!







…そんな
ダンナさんとの家事育児のシェアのコツも含め、
働きママンをラクにしてくれる
いろんな知恵やテクが 前作以上に載ってるこの本!


忙しくて煮詰まってる働きママン、

小さい子どもの世話で余裕がないママにも

おススメです♪





〜読んでいただいてありがとうございました〜




あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」 再開しました!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/11/02 19:29
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



先日の

「料理上手じゃなくていいんだ。」

の記事でも書きましたが…




最近借りた本で
こんなのがありました!


P1080089.JPG

働きママンのための!ママ能力UP術!

働きママン応援団・編  おぐらなおみ・イラスト
メディアファクトリー




サンキュ!本誌でも連載中の
「働きママン」

大好き!
もっともっと読みたくて、
家には大人買いした単行本4冊があるぐらい揺れるハート



この本は、

毎日いっしょうけんめいな働きママンの家事育児を
少しでもラクに!
するための 知恵やテクが いっぱいつまってるんですぴかぴか(新しい)



働きママンは本当〜に頑張っています。
でもときどきふっと思うのです。

「もっと子どもにかまってあげたい」
「もう少し食事に手間をかけてあげたい」と。

それは、働きママンゆえの「罪悪感」と
いえるものかもしれません。


働きママンたちは、
家事・育児すべてに100点満点をめざしているわけではありません。
(そんなの無理だし!)

ただ、もうちょっとだけ、
子どものために ひと手間かけてあげたいのです。


そんな働きママンたちの「魂の叫び」に応えたのが
この本です。



(本文 「はじめに」より)





…たとえばね。


先日の記事で



自分の体にとって、いま何が必要か、

その素材はかけがえのない自分の体を
養い守ってくれるものかという、

素材の選び方さえしっかりしていれば、

少しぐらい料理が大ざっぱでも大丈夫なのだ。


魚=焼いただけ、
野菜=切っただけ、

でいいじゃないか。


…という、
金子由紀子さんの著書の言葉を引用しましたが…



ごはん作りをね、

「ちゃんと 一汁三菜 いろいろ作らなくちゃ〜」

って思うと、

作れないことに罪悪感を感じちゃうけど…



大事なのは


自分の体にとって、いま何が必要か、

その素材はかけがえのない自分の体を
養い守ってくれるものかという、

素材の選び方さえしっかりしていれば


ってとこだから!


野菜、お肉かお魚、キノコ海藻などなど…

健康に大切!と思う食材をね、


ひとつの料理にまとめて
どーんと出しちゃえばいいじゃないっすか
揺れるハート




この本で紹介してるのは、


朝ごはん…

トーストはお皿!
野菜やら 卵・ハムソーセージ・缶詰
残り物のカレーやらポテサラやら…
どーんとのせてゴーカトースト!


ごはんもどんぶり感覚で!
納豆やらシラスやらおかかやら…
ネギや白ごまパラパラっでランクアップ♪




ゆうごはん…

野菜も肉魚も
いっしょにホイルでくるっとくるんで
ホイル焼き!


一緒に炒めて 野菜炒め♪も 
味付けにバリエーションつければ
ちがうメニューに!




と、
いろんな食材を ひとつの料理でとれちゃうテクを
いっぱい紹介してくれてまするんるん



これにね、


野菜たっぷり!
味噌汁 OR  野菜スープ
をつければ

どこから見ても立派な食卓に〜ぴかぴか(新しい)






我が家では、

ゆうごはんの支度ついでに
白菜やら大根・ニンジン・ジャガイモやらを
ダーッと切って…

P1080090.JPG

大きなお鍋で大量に煮込んで!
(これはもう ほとんど食べちゃったあとですが(笑))



ポトフに!


一回作ったら、
朝・夕に 終わるまで出し続けちゃう♪
毎回煮返して、2日から3日は いけるかな(笑)


もし飽きるようなら
カレー粉や トマト缶で 味を変えるだけで 別スープ!



同じように、
キャベツを切ったときに ついでに みじん切りもして
余裕があれば 玉ねぎもみじん切りにして

コンソメ+トマト缶で煮込めば




ミネストローネ♪


ベーコンや鶏肉入れたら もっと味が深くなるし揺れるハート





あと、
働きママンの罪悪感をかきたてるのが…


手作りおやつ…。



なんでしょうね、

「おやつ=手作り」が
ステキママ揺れるハート

みたいな思い込みが、
私たちママには なぜかあるんですよね〜


でも、
ごはんだっていっぱいいっぱいなのに

おやつまでは、ハードル高すぎ!

っていうのが、
働きママンのホンネ。




…それって、

手作りおやつ=クッキーやケーキの焼き菓子

みたいな先入観があるからではないでそーか。



でも

安全で 身体にいいおやつを
子どもに食べさせたい!

っていうのが、
手作りおやつの意義のはず



…だったら、


ジャガイモをレンチンして
じゃがバター!

でも いいじゃないっすか♪


バナナにチョコシロップかけて
チョコバナナも!



もうひと手間かけられるなら、


カルピスやジュースを使って 

溶かしたゼラチン混ぜて冷やせば ゼリー♪

凍らせれば シャーベット♪




そんな
「超簡単なのに できるママ風」
レシピが いっぱい紹介されてますかわいい



ワタシのおススメは…


P1080035.JPG


P1080037.JPG
パウンドケーキ!


めっちゃハードル高そうな焼き菓子ですが、

サンキュ!直伝の このレシピなら
めっちゃカンタン&早い!


卵1個+砂糖カップ3/4を 混ぜ混ぜ

ヨーグルト・サラダ油各大さじ4、レモン汁ちょっとを混ぜ混ぜ

小麦粉カップ1+大さじ3、ペーキングパウダー小さじ1を
(できればふるって)混ぜ混ぜ

170度のオーブンで
パウンド型なら45〜50分、
カップなら 20〜25分 焼く

で できあがり!


カップを使うから 面倒な計量が すごくラクチンなんです揺れるハート



それに
この生地の基本レシピを覚えちゃうと

中身や 型を変えて

P1070349.JPG

P1040689.JPG

いくらでもアレンジできちゃうのが うれしい♪



そして!
究極の 「超簡単だけどできるママ風」レシピが…

これだ〜っexclamation


P1060058.JPG

ホケミ&ヨーグルトdeチーズケーキ♪



これ、

ホケミ1カップ(100g)
無糖ヨーグルト2カップ
砂糖1/2カップ
卵2個
サラダ油大さじ1
(あれば レモン汁小さじ1)


混ぜる!180度で40分焼く!!



1215チーズケーキ2.jpg

以上、完成!!



もう、めっちゃラクなうえに

P1060058.JPG

家にあるジャムなんてかけたら このオサレ度!
できるママ 間違いなし!!




…ふだんのおやつは それこそ
ふかしいも、みかん、バナナ…etc.
だって いいんです♪


我が家だって、
ちゃんと作るのは 私が余裕あるときだけ。

ふだんは おせんべいやら スナックだって出しちゃいます!


でも、

何かひとつ、
これぞ!っていうときに カンタンにできるレシピを持ってると、

子どもにもママ友にも ほめられると思いますよ〜揺れるハート





…こんなふうに、

お料理にかぎらず、

寝かしつけやお風呂などの育児テク、

掃除や買い物などの主婦の仕事が
時間の使い方や 便利グッズの導入で
グッとてきぱきこなせるようになるテク、


働きママンだけではなく、

小さい子がいるママ、

専業主婦のママだって!

とても楽になるテクや知恵が いっぱいのってます揺れるハート





…そして、

たぶん この本が 何より伝えたいのが…


「愛情は 『時間の長さ』ではない。

『中身の濃さ』です。」


ってことだと思うんです。



忙しくて、手がかけられないことが いっぱいある。

それは、仕方ない!

…んだけど、罪悪感を感じてしまう…のがママゴコロ…


だけど。


次のエピソード、ワタシ大好きなんです。


連日の激務疲れで
ついコンビニにフラフラ…

お弁当やら お菓子やらを買い込んじゃった
働きママン。


子どもたちに申しわけなくて、
「ごめんね…」
と言いながら 出したところ…


子どもたち、大喜び!!


「すごいねママ、夜なのに ピクニックだね!」


ママ、ほろり。


泥のように疲れてて

部屋はめちゃくちゃに散らかってるけど

うん大丈夫!
子どもはすくすく育ってる。


だから今夜はベランダでピクニック♪
また明日からがんばればいいよね!



…というオハナシ。



お料理、洗濯、掃除…

手抜きだって、さぼってたって、

子どもは ママと一緒に過ごせるのがうれしいるんるん



このピクニックのお話みたいに、

工夫と ママンの愛情とで

家族で楽しい時間を過ごせるのが、

何よりのごちそうなんですきっと。




この本に載ってるような

時短&手抜きテクを いろいろ取り入れて

お母さんもラクに、家族も笑顔に

毎日が過ごせますように!!




…と、思ったら。


この記事書いてる間に
子どもの送迎で 本屋さんに寄ったのですが…


な、なんと!

このタイミングで!!


今年出版された
この本の決定版を 発見〜ぴかぴか(新しい)



最近のイクメン・家事メンブームを反映して、

ダンナさんと協力しての家事育児のコツが
加わってましたよ揺れるハート



次回は そちらの本の紹介を
させてくださいね〜♪




〜読んでいただいてありがとうございました〜




あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」 再開しました!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ