2018/05/22 20:15
こんにちは〜(^^)
ご訪問ありがとうございます♪



最近のいいお天気で

IMG_20180522_171908.jpg

IMG_20180522_171811.jpg

我が家のお野菜、
すくすくと育ってます♪


…もちろん
我が家のファーマー
ダンナさんのおかげですが(笑)



去年植えた

IMG_20180522_171726.jpg

ブラックベリーも
花をつけました!




子どもたちは

「いつ実がなるかな、食べられるかな〜」
と ワクワクそわそわ♪



特に長男は
ダンナさんのてつだいをして
よく畑の世話をしていて


野菜たちが育っていく
うれしさや

手をかけて作った
新鮮なお野菜の美味しさを

よくわかってるんですね♪



今日

「大きくなったら
農場の人になるのもいいな〜♪」

と言ってました!




未来のファーマー
誕生か!?






実は


…今、日本は
自分たちが生きていくために必要な食料を
自分たちでまかなう力がありません…



「食料自給率」

1人が1日に必要な総供給熱量
(カロリーのこと
…2429キロカロリー)

のうち

どのくらい国産の食べ物でまかなってるか、

という指数なのですが


4割以下


だそうです…






「土地はいっぱいあるんだから
いざとなれば
お米でも野菜でも もっと作ればいいのよ〜」



…と思うかもしれませんね。




誰が作るのですか?





農地が減り、
生産量が減ってしまった
背景には


「農業をする人が減ってしまった」


から があるんです。





どんなに一生懸命
お米や野菜を作っても


天気や気候に左右されて
赤字になるときだってあるし


何より

安い外国産の野菜に圧されて


ていねいに手間暇かけて作った
日本のお野菜は 「高いから」と敬遠されるし

(わたしもそうなんですが涙)




…そんな
先の見えない職業を

子どもたちが「なりたい!」と
夢見るでしょうか。


親たちが
「いい仕事だよ、応援するよ!」と
言うでしょうか。






…特に

原発事故後の
福島の農家の皆さんの
おかれた状況を考えると…



農業に
夢を持てない

そんな空気さえ

一時期あったのではないでしょうか。





…だからこそね。


もちろん
なんの現実も知らない
ノー天気な(笑)発言とはいえ



長男の

「ファーマー宣言」は


ちょっと感動したんです…






たしかに

大変なお仕事で

収入も安定しない



それでも
「野菜を育てる喜び」

「新鮮な野菜の美味しさ」
感覚として体験していたら




 農業のやりがいが
わかる子になるんじゃないのかなあ…






そのかわり。


がんばった分

農家の皆さんが ちゃんと報われるような



ちゃんと安定した収入で
生活していけるような



「農業は素晴らしいお仕事なんだよ」
とみんなが思うような


そんな社会にしていくのは

私たち 今の大人の責任なわけで。





じゃあ何ができるのかって言うと

一主婦のワタシには
できることは少ないけど…




でも
主婦だからこそ できることがある!



安くて美味しい
地元の旬のお野菜を
積極的に買うとか



子どもたちに
農家の皆さんが心をこめて作ってくれたお野菜だよって
伝えていくこととか



実は
環境問題だって
地球温暖化が 農業にかかわるんだから
大事ですよね、エコな生活とか。







私にできることを
少しずつでも 積み重ねて


農家の皆さんに
感謝を伝えられたらいいな


そして

ホントに

長男がファーマーになってくれたら…


美味しいお野菜いっぱい食べられて
いいかも?と

期待するハハなのでした(笑)






〜読んでいただいてありがとうございました〜

**この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています**


**掲載の体験談は 個人の感想です**







あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」書いてます!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

☆インスタグラム始めました! @miita39





みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/05/05 14:56
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



本当に気持ちのよいお天気が
続きますね♪

みなさま
楽しいGWをお過ごしだといいな〜ぴかぴか(新しい)



我が家は
ダンナさんが 飛び石のお休みなので…

昨日、今日は
母子3人で まったりと過ごしております〜


まったり休日のお話も
またさせてくださいねるんるん



さて
前回の「くらやみ祭りに行ったよ!」の記事ですが

実は その日は

P1090358.JPG

家庭菜園の日でもありましたかわいい


実は
GWって、

夏野菜の植え付けのシーズンでもあるんですよexclamation


なので
毎年、GWのうち 一日か二日は

「畑させて!」

と ダンナさんに頼まれておりますたらーっ(汗)



まあね、
ダンナさんの家庭菜園のおかげで

我が家の食費は 助けられてるわけで…

しかたありませんたらーっ(汗)



でも、

子どもたちが もっと小さいときは、

ダンナさんが 畑やってるあいだ
ワタシが 子どもの相手してたので
けっこう 大変な日だったのですが…


最近は

P1090355.JPG

長男が
とてもよく 畑仕事を手伝うようになりました!



もともと
虫とかカナヘビとかの生きものが 大好きで

原っぱで よく遊んでる長男♪


土や 植物とたわむれて
生きものを育てる 家庭菜園、

すっごく性に合ってるみたいですね〜揺れるハート


P1090354.JPG

父と息子…

二人仲良く 畑仕事をしているのを見てたら

なんだか ほっこり 幸せな気分になりましたぴかぴか(新しい)



ダンナさんは

「小6男子が、
素直に親の言うこと聞いて 畑手伝ってるようで
大丈夫なのかな〜たらーっ(汗)

なんて心配をしてましたが(笑)


それだけ、
長男は 父親のことが大好きだし、

畑に興味を持ってるから 教わりたいんだろうな。


いや〜 ええ家族や〜ぴかぴか(新しい)
(て、自分で言うなたらーっ(汗)



ちなみに、
インドアな ワタシと次男は

このあと
お手伝いせずに 買い物に行ってしまいましたとさ

(あれ?ええ家族が…)



P1090353.JPG

少し遠くの
JAの直売所で仕入れてきた 苗たち♪

安いし
地元の農家さんからの仕入れだから
とってもいい苗がそろってるんですって


今年のラインナップは

P1060035.JPG

毎年おなじみの 夏野菜たち♪

P1030299.JPG

最近お高めの ジャガイモも!

P1030496.JPG

トウモロコシに

P1030495.JPG

枝豆

あと、子どものリクエストで

P1060076.JPG

スイカ、

わたしのリクエストで


H26.7.28そうめんうり3.JPG


H26.7.28そうめんうり4.JPG

そうめんうり、復活!!


こんなカンジで ダンナさんががんばって育ててくれてます揺れるハート

ホント、毎年ありがとう〜ぴかぴか(新しい)


ワタシも
家族においしい野菜料理、食べてもらえるよう
がんばります♪




〜読んでいただいてありがとうございました〜



あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」 再開しました!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

☆インスタグラム始めました! @miita39
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/03/06 18:46
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい


いろんなブロガーさんの記事を読むのが楽しいるんるん
JA全農の「食農育ブログ」

今回のテーマは

「この一年で身についた食農育」だそうです♪



我が家の場合…


私自身は

去年 長野の実家に何回も帰省する中で

その土地ならではの農作物があり、

そして
それを美味しく食べてきた その土地ならではの料理があること


改めて 思いをはせることができました。

(詳しくはコチラ♪  →「旬の野菜と『お母さんの味』 」  )





そして 子どもたちはどうだろう?


考えてみたときに…


あれ?


気がついたことがあるんです。



我が家の息子たち、

違いのわかる…

もとい

旬のわかるオトコに 育ってるんじゃない??




例えば 長男。


彼は
「前世 カッパか!?」
ってぐらい

きゅうりLOVE揺れるハート



昔、
ワタシが 食費管理もお料理もダメダメだったころ(笑)

「お野菜もとらないと!」

…といって、毎食出してたのが…

キュウリスライス 一人3枚たらーっ(汗)


キュウリ大好きの長男に

「もっと食べたい〜!」と言われるたびに、

「冬はきゅうり高いんだから!ワガママ言わないでっむかっ(怒り)

と イラッとしてたんですよねえ…



それが。

今の家に引っ越して、

ダンナさんが丹精込めて育てた 家庭菜園の野菜を
いただくようになって 早6年。



…冬に、「きゅうり食べたい!」と言わなくなった、そういえば!


たぶん

P1060163.JPG

P1060164.JPG


毎年 実際に
夏には夏のお野菜、冬には冬のお野菜を 収穫してきて

「野菜には、旬がある」

ということが 自然にインプットされたのかもしれません。



以前、
スーパーに買い物に行ったときに

「なんで 冬なのに キュウリやトマトがあるの?」

って聞かれたので、


「ビニルハウスの中で暖房つけて 夏みたいにして
農家のひとたちが 苦労して作ってくれてるんだよ〜」

と話したら

「大変なんだねえ…」としみじみ言ってました。




そして、次男。


こないだ、
やっと家庭菜園のほうれん草が茂ってきたので
間引いたのを お浸しにして だしたんですネ

そしたら

「うわ〜 ほうれん草久しぶりだね〜
春だね〜かわいい

と喜んでました♪


…久しぶりでゴメンネ
旬じゃないときはさ、高いからさあ…



そんな次男ですが、

小さい時は

野菜 頑として食べない子でしたもうやだ〜(悲しい顔)

ほうれん草なんて 絶対ダメ!!



…それが今では

「やっぱし ほうれん草は お浸しだよね〜♪」

とか言って食べてるから…

成長したなあ〜ぴかぴか(新しい)



実際、
旬の しかも採れたてのほうれん草は

甘くておいしいんです揺れるハート


旬のお野菜の美味しさを 味わってきたおかげかな?

次男が野菜嫌い克服できたのは…




ダンナさんの家庭菜園のおかげで、
我が家の息子たちは

P1030496.JPG

P1060140(2).jpg

P1060213(2).jpg

P1060027(2).jpg

旬の野菜を 日常的においしくいただけてるし、

自分たちも

P1060155.JPG

P1060177(2).jpg

自分で育てて 収穫したものを食べる楽しみを
体験することができてます



…今の時代ってね、

それって…

当たり前じゃない、とっても幸せなことだな〜と

しみじみ思います。




ダンナさんに 心から感謝!
(家計のためにもぴかぴか(新しい)

するとともに、


これからも
子どもたちに

旬の食べものの美味しさや

育ててくれる人、そして自然の恩恵を受けて
おいしい野菜が食べられることを

生活の中で
自然に伝えていけたらなって、思います。




〜読んでいただいてありがとうございました〜
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ