2019/09/16 20:20
こんにちは〜(^^)
ご訪問ありがとうございます♪


三連休最終日。

子どもたちをここに連れていきました!
IMG_20190916_141537_667.jpg
高畑勲展。

スタジオジブリの
名プロデューサー、名監督として
宮崎駿さんと並ぶ巨匠!


絵を描くのが大好きな長男、
アニメ大好きな次男、
そして
朝ドラの「なつぞら」にハマってるワタシ(笑)

みんな楽しめるかな〜と思って(^^)


雨のなか首都高走って
向かったのが

IMG_20190916_113103.jpg
東京国立近代美術館!

IMG_20190916_113038.jpg
モダンで近代的な
素敵な美術館でした(^^)


朝いちばんに行ったけど、
それでもけっこう人いたかな〜

それでも
お昼前に帰るときには
さらに混雑&駐車場も列になってたから
朝いちばんに行って正解だったみたい(^^)


‥そして中身は‥
とても見ごたえがありました!

日本人アニメーションの歴史をたどると
高畑さんや宮崎駿さんの存在の大きさが
よくわかります。


初期の作品
(パンダコパンダ、子どもが大好きだったな〜)から

IMG_20190916_110635.jpg
IMG_20190916_110711.jpg
アルプスの少女ハイジ、赤毛のアン、ペリーヌ物語‥
どれも子どもの頃大好きで
毎週楽しみに見ていたときのワクワクを
思い出しました♪


そしてその頃から
背景の美しさと
キャラクターの表情の豊かさは
素晴らしいものだったのですね。

あの頃は気にしてなかったけど、
今こうして見ると
毎週放送するテレビアニメとは思えない
クオリティの高さを感じました。


‥なのにね、
時が進んでなぜか
高畑さんの作品は
「ホーホケキョとなりの山田くん」や
「かぐや姫の物語」
のように

背景を写真のように書き込むのではなく
シンプルになってくんですよ!

でももしかしたら
背景や 人物が
シンプルなほうが

キャラクターの動きや表情に
リアリティーを出すのが
難しいのかもしれない。

だからこそ高畑さんはチャレンジしたのかな、と
「かぐや姫の物語」を見ながら
感じました。


‥ただ
一貫して感じたのが

高畑さんの描きたかったのは
日常の人々の暮らしのなかの想いだったのではないでしょうか。

スタジオジブリの夢のある作品たちが
大ヒットを連発しながらも

「火垂るの墓」や
「おもひでぽろぽろ」など
普通の暮らしのなかの人の想いを
丁寧に作品にしてきたのが
高畑さんだったのだと

歴史をたどって
知ることができました。


子どもたちも
「絵がすごい!勉強になった!」
「アニメ面白いね〜(^^)」

感じることがあったようです。

IMG_20190916_112719.jpg
なつかしいな〜‥
ハイジのパンやチーズ
本当に美味しそうだったんだよね〜♪


そんな
子どもの頃にタイムスリップできたような
素敵な時間でした(^^)


高畑先生、
素敵な作品をたくさん
ありがとうございました!



〜読んでいただいてありがとうございました〜
**写真は撮影、掲載が許可されているものです**






みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/08 20:35
こんにちは〜(^^)
ご訪問ありがとうございます♪


昨日、
キャンプ行ってた次男帰ってきました♪

また
兄弟ゲンカでギャーギャーうるさい毎日が
帰ってきましたが‥

これはこれで
我が家の日常なんだな、と(笑)


次男不在だと
やっぱり静かでしたもん長男‥

寂しいとは言わないけど
気は抜けるんでしょうね(笑)


そんな長男連れて行ってきたのが
IMG_20190807_104102.jpg
恐竜博!

上野の国立科学博物館で
開催されてる恐竜博

日本で発見された恐竜
「むかわ竜」の化石が
みられる!

ってことで
昔、恐竜大好き少年だった長男
テンションアップ!

IMG_20190807_104911.jpg
見られた〜(^^)
 
とにかく
親子連れがたくさん!

恐竜大好き少年、多いですよね〜

‥とかいって
親もけっこうのめり込んで見てたり(笑)


あと、長男のお目当て 
1565263094862229558005375800554.jpg
会場限定!
すみっこぐらしの
むかわ竜♪

すみっこ大好き長男、
30分のレジ待ちもなんのその!
無事ゲットしてご満悦♪



‥実は
お目当ては
恐竜博だけではなくて

上野公園には
いろんな美術館や博物館があるので

IMG_20190807_123737.jpg

IMG_20190807_123834.jpg
国立西洋美術館で開かれてた
「松方コレクション展」にも
行ってみました(^^)

モネの「睡蓮」で
最近発見、修復された絵や
 
ルノアール、ゴッホ、ゴーギャン‥
有名な画家の作品に始まり
多様な時代、国の芸術作品が観られるということで

絵を描くのが大好きな長男に
なるべくいろんな絵を観てもらいたくて‥

機会を見て美術館に足を運んでます。


この日も
かなり熱心に観賞してた長男
「ゆっくり観られて楽しかった!」
と喜んでました(^^)


‥まあ
次男いたら
すぐ飽きちゃって
ゆっくり観られないからね(笑)


なんかね〜
長男とこんな文化的なデートが
できる日が来るとは‥


感無量ですな〜




〜読んでいただいてありがとうございました〜

**写真撮影、掲載許可頂きました**



みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/06/12 16:09
こんにちは(^▽^)

ご訪問ありがとうございます!



東北の旅行記…

実は
まだ終わってなかったんですね(笑)


今回の記事を書くのに
すごく気力といいますか…
胆力が必要で…

なかなか
思いきれなかったのです。


少し落ち着いて
PCに向かえる時間ができたので

思い切って書いてみようと思います。


おつきあいいただけますと
うれしいです。




南三陸をあとにして
気仙沼へ。


今回
ダンナさんが見つけてくれて
どうしても行きたかったところがあったのです。




P1120344.JPG



IMG_20190412_105535.jpg

目の前に 確かにある
信じられないような光景。


これが
8年前の姿のまま
保存されているのが



IMG_20190412_111308.jpg

気仙沼市
東日本大震災遺構・伝承館


今年の3月10日にオープンしました。


ここは
震災前までは

気仙沼向洋高校の校舎で

たくさんの高校生が
楽しく学校生活を送っていたところです。


そこに あの日
大きな津波が襲ってきて

気仙沼市全体で
死者 1152人
行方不明者214人
という
最大級の悲劇をもたらしました。




P1120349.JPG

海が目の前に見える 
風光明媚だった校舎から見た風景は

津波に 根こそぎさらわれていき

8年経った今でも
何もないままです。



伝承館では
この高校の校舎を保存し

一部を
震災遺産として公開しています。



P1120344.JPG

3階の教室

P1120345.JPG

窓や壁をつきやぶって 津波で流されてきた車です




P1120346.JPG

高校生たちの教科書が
海水で濡れたのでしょう
しわしわになって 今でも積み重なっていました。



四階にあった
P1120348.JPG

さびた レターケース

P1120347.JPG

さびているのが 海水につかった部分です

4階の床上まで…

じゃあ
1階、2階、3階は…

考えただけで
胸が苦しくなりました。



屋上にでると

P1120350.JPG

机が折り重なって倒れていました。

あの日

生徒たちを逃がして 最後に残っていた
先生たちが

どんどん水位を上げ 迫ってくる津波から
逃れるために
少しでも高いところへと
机を積み重ねて 昇降口の上に上ったそうです。




IMG_20190412_111405.jpg

海に面した校舎には
車や建物がぶつかってできた傷が
生々しく残り


裏の校舎との間には

IMG_20190412_105535.jpg

津波で運ばれてきたがれきが
今でも積み重なっていました。




…ここまでは
写真撮影OKエリアだったのですが…


本当は
そうではなかった

震災・津波の脅威を伝える
写真の数々

その後の
避難所や 仮設住宅での
人々の生活


そして
苦難を乗り越えようとする人たちの
映像や写真の記録


それこそを
ここでたくさんの人にお伝えしたかった…。




どうか。

1人でも多くの方が

東北を訪れ

この伝承館に
足を運んでくださいますように。




二度と
このような悲劇を繰り返してはならないという

気仙沼の皆さんの想いが

ここには込められています。








〜読んでいただいてありがとうございました〜



**写真は撮影許可エリアで撮影したものです**
ブログ掲載許可をいただいております

みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ