2014/03/25 14:10
こんにちは♪
暖かくなってきましたね♪
外を歩いたら暑いくらいなのでしょうか☆

わたしは、経産婦で経過が良かったので、無事に1日早く退院できることになり、3月23日に退院しました☆

忘れないうちに出産レポを♪


出産当日の早朝4時頃、お腹がいたくて起きました。
「陣痛!??」って思ったけど、間隔が空きすぎていて、しかも、一定じゃない。
気づいたらまたウトウトしていました。

朝起きても、歩いていたり立って家事をしたりすると、不規則にお腹が痛くなって…
座ると収まり…の繰り返し。。。

今思えば、早朝から『前駆陣痛』だったんですよね。

とりあえず、出産もそう遠くないだろうと思って、入院の最終チェックや、お金の計算、飲み物の買い出し、、、
そして、昼過ぎに少し収まったので、作っておきたかった汗取りパッド(夏場ベビの背中に入れておけるもの)を作るべくミシンを踏み(笑)。。。

夕方も相変わらずな調子で、、、

お腹の痛みが変わってきたのは、夕食後。
この日は「いつ本陣痛になるかわからないから」と5時半から夕食を食べて…
食べ終わって立ち上がったら…
お腹が痛くなり動けない。。。
間隔を計ったら、おおよそ15分間隔。
経産婦なので、とりあえず産院に電話。
「診療するので、入院道具を持ってきてください」とのこと。

到着してすぐに診療してもらう。
内診して、子宮口に開きはない。
赤ちゃんも下がっていなくて、「あんなに痛かったのになんで〜!?」って思っていたら、段々とお腹の痛みが遠退いていく。。。
念のため、モニターを付けるも、一定間隔の大きな張りは無し。。。

空振り。

入院しても、一旦帰ってもいいと言われ、産院が自宅から近かったので一度帰宅することにした。

帰って、娘の顔を見て、ゆっくりしようとした矢先…

すごい勢いのお腹の痛みがやってきた!
うずくまらずにはいられない。
横になっても座ってもダメ。
一定間隔でやってくる波を計ったら、既に8分間隔。
トンボ返りだけど…
と、とりあえず産院に電話!

すぐに、来てください!

とのことで、再び産院に行くことに。
内診してもらったところ、既に子宮口は六センチも開いていた。
陣痛が10分間隔になってから一時間後のこと。

お産室(LDR)へ行き、深く呼吸をしていきみを逃がしていたら、再び助産師さんの内診。

「もう、ほぼ全開なので、いきんで良いですよ!」

え?もう?と思った。
だって、上の子の時みたいな、お尻や腰を押してほしい感覚も無いし、下がってきている感覚も無い。

でも、もう早く痛いのが終わってほしかったし、赤ちゃんに、会いたかった。


旦那さんも必死で職場から向かってくれて、到着する頃には分娩台の体勢になっていた。

お産は、ラスト15分くらいが本当に苦しい。


でも、待ちに待った二人目の陣痛。
赤ちゃんの方が苦しいはず。
必死に頑張った。

何度も助産師さんに「あと少し!長くは続かないから!頑張ろう!」と励まされた。


本陣痛開始から1時間54分後。。。
元気な女の子を出産した。
2780グラムと親孝行なサイズの子。
まだかまだかと、待っていた子。
涙が出た。

旦那さんも無事に立ち会えて良かった。
近くにいて目一杯手を握らせてくれて心強かった。
初めての立ち会い。
感動してくれた。


そんな中産まれてきたこの子は、

『陽葵』ひまり

と名付けた。

「春の日だまりのように周りを優しく照らせるような子」「向日葵のようにまっすぐ育つ子」との願いを込めて…


わたしたち家族のもとに、無事に産まれてきてくれてありがとう。


長くなりましたが、二人育児に早速ひーひー言ってます(笑)
でも、幸せも二倍、これからも頑張っていこうと思います♪(^^)


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
zumyさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)