2019/03/20 11:00

こんにちは



この辺りの地域では

今日が小学校の卒業式




ご卒業おめでとうございますかわいい


過ぎてしまえば、あっという間なんだろうな〜




今週末から春休みに突入します。


ちょっとビックリしたんだけど

春休み普通に宿題があるのね。



宿題は漢字プリント両面3枚

計算ドリル1冊

あとは、

毎日の音読or読書・九九・鍵盤ハーモニカ

縄跳び・お手伝いなど。



お手伝いは洗濯たたみを頼もう。

私より畳むの上手いからな。 笑



春休みって宿題あったかなぁ

去年はどうだったか...?

すっかり忘れた。←お得意のヤツ



まぁ、ガッツリ学童なので

ドリルを持たせようと思ってたし

(30分は必ず学習時間が設けられています)

その手間が省けたと言えばそうなのだけど。



この長期の休みに限らず

長男を見ていると、なかなか大変だなぁーと思う。



今は、脱ゆとり教育時代というのだろうか


学校や担任の方針で様々だと思うけど

長男のクラスで言えば

漢字・算数コンクールというのが年に数回あり

全員100点取るまで毎日テスト!なのだとか。



100点取った子どもは自由らしいけれど

取れない子どもは休み時間無しらしい。

←この辺は子どもから聞いてる話なので、どの程度なのかは不明。




そして

このコンクール前の宿題の量ったら本当半端ない。


学童でやってきても間に合わず

夜9時までやっても終わらないことも多々。



きっと、物凄い集中すればできるんだろうけど

やっぱ誘惑も多いし、そんな集中力もたんがな。



個人的に、このシステム如何なものか...

と思ってました。


やっぱ、毎日大変で

親子共々ストレスが半端ない。



私はあんまり100点の意義と言うか

必要さがイマイチ分からない方で。



そりゃ満点は素晴らしいよ!


ただねぇ... 

周りがどんどん合格して

自分が取り残されるプレッシャー。

きっと、残る子どもは大概一緒のメンバーだと思うのです。



そういうのめっちゃストレスじゃん?

私は自分が全く出来ない人間なので

余計そう思うのかもしれませんが。



まぁ、それでも学校の方針はそうなんだし

息子がもし、それで学校に行きたくない!と

言い出したら話は別ですけど

口出しする気はさらさらありません。



最終的に

きちんと満点取って帰ってきて


何より嬉しそうな顔に、安心というか

子どもって凄いな〜と感心すらします。


私は基本、投げやりな子どもだったので。



もちろん息子も卑屈になったりはしますけど

テストの点なんて大した問題じゃない。と言ってやります。




結局、最後の最後まで残る子はいるのか

どうなのかは分かりません。


最終的に満点を取る事で、自己肯定感は上がるのか

もし最後まで取れなかった場合、どうなるのか。



やれないことが増えるたび

自分はダメだと思い知らされる。

かと言って

出来ないまま放置が一番良くないけれど。




その反動なのか、どうなのかは分かりませんが

家ではグスグス言いますよ。

散々ね

ほんと、この世の終わりかってくらいに(笑)



そんな時決まって私が言ってしまうのは

そんなに嫌なら宿題なんてやらんでいい!と

←親としてどうなんだって感じですけど。



だってさ、勉強(宿題)って誰の為でもなくて

自分の為でしょ?


息子が泣いたり怒ったりしながらも

宿題をやる理由は

「先生に怒られるのが嫌だから」らしい。


うん。わかるよ。



本当に怒るのかは分からないけれど

←いや、多分怒りはしない。



出来ない理由があるなら仕方がないじゃない。



私は満点もいい点数も

期待もしてないし、望んでもいない。



テストの点が何点だろうと

息子に対して愛情が変わる訳ないし

人間としての価値が変わる訳でも何でもない。



それよりもその過程にあることの方が大切で


それがもう少し大きくなった時に

したいことがあったら、どうすればいいのか

これをやる為には、こうしなきゃ

とか、そういう時に頑張れる

切り替えできることの方がよっぽど大切です。

私にとっては。





そもそも、先生の為に勉強するわけでもないし

私(親)の為にやるわけでもない。


人の顔色を伺ってやってもなんの身にもならん。

なんでもそうだけど

人の為ではなくて

自分の為にやるべきだよ。




私はそんな事よりも

毎日、楽しく学校に行ける方が大切だと思うし

小学生(低学年)はそれで十分なんじゃないか

くらいに思ってるんですけどね...


だから中学・高校時代散々だったのかしら...苦笑




でも少し前に読んだ 

『子どもの貧困 未来へつなぐためにできること』


837A215B-2F94-4849-A2BE-E0B08C3709D6.jpeg

この本では NPO キッズドアの活動
低所得者の子ども達を対象とした「無料学習会」の活動について書かれています。




これを読んで、少し考え方が変わったと言うか

考えが増えたと言うか...。



他にも似たような本を何冊か読んだんですけど

日本の貧困って本当に目に見えにくいもので

よくいう、貧困の連鎖

こういうのも結局

子ども達本人が抜け出すって

本当に難しいんだと思う。



我が家の場合は、全然他人事では無いですし

色々考えさせられるのです。



それでも結局、私が望むのは

めげない心の強い子に育って欲しいということ。
 

これから何度も難しい時があると思うけど

自分を信じて、自分の強みを発見できる子に。

どんな状況でも

そこに少しの可能性(希望)を見いだせるなら

きっと負けはしないと思うから。


どんな状況でもプラスに転換できる人に

なったらいいな〜!



あー

4月からもう一人増えるのか、、、と思ったら

恐ろしい。


次男は真逆で

宿題を全くしないタイプで困るかもしれません。笑


何にしろ今はただ、恐怖でしかない。





ここまで読んでいただきありがとうございました⋆*





IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)

⋆atsumi⋆さんへ


こんにちはatsumiさん(*^^*)

素敵な言葉をかけていただきありがとうございます。
そう言っていただけて嬉しいです(*´ω`*)

そうですね〜。本はよく読みますが最近はなんせ時間が無い^^;読みたい本が増えるばかりです...

学校で勉強する習慣を付けることは大事なことだと思いますが、皆同じやり方でなければいけない理由はなんだろう?と思ってしまいます(^-^;


生まれてから中学・高校?まではある程度の流れがあって、それを不思議にも感じず言われるがままやるけれど、どこかのタイミングでこの流れを不思議に感じる時がこれから先来るんでしょうね〜。

うちの長男にはまだ難しいと思いながらも「大人になってやりたいことがあるなら、頑張らないといけない」とは言ってます。大人でも難しいことだけれど^^;

息子たちもいつか自分の考えと価値観を持って進んでいくんだと思うと、楽しみでもあります(^^♪
by IDUMI 2019/03/23
読み入っていました!
さすがのブログ力で脱帽です(*゚▽゚*)!
IDUMIさんは、よく本を読まれていますよね。
お忙しい中、読書の時間も確保されていて、見習うことばかりです☆
そして、うんうんと思いながらブログ読んでいました。
先生の為にするのなら、わたしも宿題をしなくて良い!と言える母親になりたいと思いました。
何をどう子どもに伝えたいか。ブレない心って大切ですね。
by *atsumi* 2019/03/23
みい太さんへ

こんにちは!みい太さん(*^^*)
こちらこそ、いつもコメントいただきありがとうございます♡

ついに次男も卒園です。
1日は長く感じても、1年で考えると子どもの成長って本当に早いですね(^^;
子どもの成長は嬉しいけど、自分もおんなじだけ年を取ると思ったらなんか複雑ε-(´∀`; )

以前、テレビか何かで海外のある学校をやってて。
小学校だと思ったけど、子どもによって学習の仕方を変えていて、ある子は通常(こちらでもあるような)な授業を受ける子、またある子はタブレット学習。同じ教室にいても、それぞれ自分にあった学び方を選択できるみたいなことを言っていました。

それぞれの特性にあったやり方が用意されていて、斬新だな〜と。日本は集団意識がすごく強くて、それがいいことでもあるんだけど輪を大切にするがあまり、個を押さえ込まなくてはいけない風潮もありますよね。

これも、時代と共に変わっていくんでしょうかね〜
ただ、私達は"今"を生きてますから、未来ばかりみても仕方がない(^^;
これから、たくさんの選択肢が増えていくといいですね♪

ちなみに、私もぐしゃぐしゃ経験者です(笑)
by IDUMI 2019/03/22
こんにちは(^^)ブロガーのみい太です♪
IZUMIさんコメントごぶさたして申し訳ないです〜っ

まずは次男くん卒園なんですね(^^)おめでとうございます〜!

そしてそして、激しく共感いたしました〜!
まあ我が家の子どもは特殊例かもですが(笑)

漢字練習ひとつにしても、なん十回も書いても覚えられない子にとっては苦痛でしかない(涙)でも、書き取りじゃない方法なら覚えられる子もいて‥
 
ひとりひとり勉強法はちがって当たり前なのに、おなじを求められる小学生の宿題は、ホント大変‥

しかも、「書く」ことをさせたがるよな〜と思います‥
漢字なんて、覚える字だけ書けばいいのに文章で何回も書かせたり‥
算数だって、式を全部書き写すだけでうちの子疲れちゃう(涙)最初から書いといてくれればいいのに〜


ちなみに、私も「そんなにイヤならやらんでもいいっ」が決め台詞でしたよ〜
ただ私の場合、ブチキレてプリントぐしゃぐしゃにするとゆー鬼母っぷりでしたが(笑)
by みい太 2019/03/21